→風水研究所

願いが叶う 引き寄せの法則



−願いを叶える、引き寄せの法則−


・「思考は現実化する」。
・「物事は外から起こるのではなく、自分を通してやって来る」。
・「自分から出たものは、自分に返ってくる」。


願望実現、簡単に考えれば、こうなるでしょう。
私たちが何かを思えば、そこにはエネルギーが生まれる。何かに怒れば、怒りのエネルギーが放出されます。人が何かを考えたり、イメージをすれば、そこにエネルギーが集まり、状況(形)を形成していく。これが創造の原理であり、思いは実現するという願望実現の「基」(もと)になるものである。

あらゆる思考がエネルギー的波動を生み出します。何かを思えば、エネルギー的波動として送信されます。思いは、文字通り、自分の心から飛び立って、自分が考えるものに繋がっていくのです。何げなく発した言葉の一言にも、たくさんのエネルギーが詰まっています。言葉を発する人の心のあり方が、一つのエネルギーとなって、よい言葉であれ悪い言葉であれ、空間へと流れ出てしまうのである。

「思考は現実化する」。この頃は科学者の中にも、(まだ少数ですが)この現実世界は自分の「意識の延長上にある」と言う科学者もいます。「観察者」(人の意識)が物事に影響を与える。これは量子力学の「二重スリット実験」で示されたものですが、どうやら人間の意識というものは、物事に影響を与えるらしい。(この実験は何度やっても同じ結果になるが、なぜそうなるのかは不明で、その解明は科学の進歩に期待するしかない)。


もし、これが事実だとすれば、感激です。人間はすばらしい能力の持ち主です。なぜなら人間には考えたり、想像する能力があり、しかも、考え想像することで、それが「現実化」に向かうわけですから。この能力は人間として生まれた”特権”です。問題は現実化の”スピード”ということになる。


● 思考は現実化する


・思考は純粋なエネルギーである。
・人が抱く思い、一つひとつがエネルギーを持ち、形になって現れてきます。
・人が考えたこと、想像したこと、言葉にしたことは、これから起こるべく待機しているのである。

考えること、感じること、願うこと、夢見ること、意図すること。
人間の思考には力があり、どんな考えや思いも、感情も、創造につながってくる。考えることはすべて現実になる。これが『創造の原理』である。 (人間にはそのような能力が備わっており、『人類に隠された最大の秘密』である)。

この法則の下では、それを「求めている/求めていない」は関係ありません。善悪もありません。 ただ、「思考」に反応するだけです。あなたが何かに意識を集中すると、それが何であろうと、現実化に向かうのです。あなたが恐れや不安に意識を向けると、それも現実化に向ってしまう。

恐れ・不安は最大の敵です。人は不安に思うものを引き寄せてしまいます。
創造原理の『第二の法則』と呼ばれるものです。感情は「エネルギー」であり、感情にはものごとを引き寄せる力がある。そして、最も不安に思い、恐れるものを引き寄せてしまう。恐れ・不安のエネ ルギーは何倍も強力で、磁石のように物事を引き寄せてしまいます。(だから不安や心配にエネルギーを注ぐのは厳禁です)。

願うことを「強くイメージする」ことは、現実化の重要な要素です。
心の中にそのシーン、状態をはっきりとした形でイメージし、意識することで、現実化を加速させます。強い感情を伴った観念的イメージは、青写真(基本設計図)の役割を果たし、そのイメージに対応する出来事が”青写真”に沿って物事を動かします。


単なる願いでは、現実化は遅れるでしょう。
成功したいと思えば、成功したがっているあなたが生まれます。
病気を治したいと思えば、治りがっているあなたがいるだけです。
それは単に、「〇〇したい」という期待であり、将来の「希望的観測」になってしまう。

そうではなくて、「今の自分がすでにそうなっている」と捉え、それに沿って行動することで、現実にも変化が起きてくる。「結果」を先にもってくる必要がある。「結果がすでに生じている」と思うこと。「私は実現している」、「私は成功に向かっている」、「健康になっている」。現在完了形である。

そして、何かを願うとき、「私は」という言葉を入れることがポイント。
「私は・・・である」、「私は・・・になっている」という言葉は、最も力強い宣言である。人が何を考え、何を行うにしても、「私」という言葉をきっかけに物事が動きだす。「私」という言葉は、無限の「宇宙の力」につらなり、望む現実を呼び出すのである。声を出して言うと、いっそう強力になる。

願いの実現を確信する、そこに疑いや不安を持ち込まない。そして、「結果がやってくる」と確信すれば、自然に感謝の思いが湧いてきます。「・・・ができてありがとう」、「健康になってありがとう」。願うことに前もって感謝する、これが願望実現のキーワードである

最高の言葉は感謝である。「ありがとう!」と、願うことに前もって「感謝」することができれば、それは現実を創造する「強力な力」になる。プラス思考の最高の形は「感謝」である!

イエス・キリストを初め、古今東西の賢人が起こした奇跡的な出来事は、このことを物語っている。彼らに「心から願うことは必ず現実化する」、それは微塵の疑いもないこと(事実)であった。だからこそ、彼らは願う前に「感謝」をしたのである。(私たちの場合、心のどこかで、「そんなことは不可能だ」という思いがあり、その思いが不可能を現実化してしまう)。

注意しなければならないのは、思考の陰には「もう一つの思考」があるということです。何かを求めたり、願うということは、その背後には「望みが叶っていない」という思いがある。

「お金が欲しい」と願えば、その背後には「お金がない」というメッセージが隠されている。
お金が欲しいと願えば、宇宙はこう言うかもしれません・・・「あなたの願いは分かった。では、お金が<欲しいという状態>を叶えてあげましょう」、と・・・。

なんと、逆説に満ちているのでしょうか。「足らない」と思っている意識が、その状態を引き寄せてしまうのです。人は焦点を当てたものを現実化してしまう。「足らない」に意識の焦点が当たれば、「足らない」ということが現実化する。この結果、求めれば求めるほど、「欠乏の状態」を引き寄せてしまうことになる。逆の意味の「引き寄せの法則」です。

必要なことは、「お金が欲しい、○○が欲しい」という願いではなく、願いは叶うという思いであり、求めたり、すがったりするのではなく、現実に体験したいことを前もって「感謝」すること。

自分の願っていること、思っていることが、すでに実現しているかのように振る舞うことで、願望は引き寄せられ、実現化に向かう。もし、手にしたいものがあれば、それをすでに手にしているように行動することです。何かを持っていることを想像し、行動すれば、それを引き寄せるように なります。あなが発するエネルギーは、あなたと同じエネルギーのものを引き付けるからです。

こうなりたいと思うのであれば、あたかもそうなったように、それを演じることです。イメージしているとき、自分が演じているとき、あなたはその「現実の波動」になります。自分の中に「現実」を創ると、外にもその「現実」が創り出されてきます。スポーツの「イメージトレーニング」と同じです。

望むものを、すでに実現しているかのように振る舞っていると、その願望は物事を強く引き寄せる。「自分は今・・・を持っている」と言葉に出すのもよいです。何かを持っているところを想像すれば、強力にそれを引き寄せるようになり、ずっと早く実現できるようになる。


天才脳機能学者、苫米地英人(とまべち ひでと)の『モチベーションアップ&キープ』特殊音源CD


この事をどれくらい信じられるでしょうか?
願いを叶えて欲しいと思うとき、あなたはどれくらい願いが叶うと信じられるでしょうか?
願っても叶わないと思えば、叶わないあなたが現実化することになる。(あなたの願いは、叶わないということだから)。

「お金持ちになりたい、でも・・・そんなうまい話はない」と思っている人は、その通りになる。それがあなたの信じていることだから。あなたがそのように受け取るから、それが現実としてあなたの前に現れます。

自分はダメだ、できないと思っていると、「ダメなこと」、「できない自分」が現実化してくる。そんなうまい話はないと思っている人は、そのとおりのことが現実化してくる。(それがあなたの信じていることだから)。

心から願うのであれば、その実現を確信すること、必ず実現すると信じることです。そして望みが満たされると絶対的な確信を持てば持つほど、それが現れるのも速くなる。

人が考えたこと、決めたこと、選んだことはすべて、現実を作り上げていく。しかし、考えたことが現実化するには時間がかかります。結果が現れるまで、早い/遅いの「時間のずれ」が生じる。忘れた頃にやってくるかもしれません。

このため、人は自分が現実を創造している、自分自身が物事の「原因」であることを忘れてしまう。そして、物事は自分が引き起こしたのではなく、外からやってくる、自分の身に降りかかったと思い、「被害者」のように考えてしまう。

『ものごとは、外からやってくるのではなく、自分を通してやってくる』。これが真実である。
自分の回りに起こる出来事は、私たちと関係なく起きるのではなく、自分を通してやってきます。だから、何かを変えるためには、まずは「自分」を変えなければなりません。その第一歩は、思考の転換、考え方の切り替えです。。



● 「自分の与えるものが、自分に戻ってくる」

この宇宙には一つの法則があります。大宇宙の法則です。
『自分が与えるものを、自分が受け取る』という法則です。
言い換えれば、「自分から出たものは、自分に戻ってくる」ということであり、
「人は、自分が創造したものを体験する」ということです。

人がネガティブな意識を発したとき、ネガティブなエネルギーが返ってきます。”優しさ、思いやり”というポジティブな思いを発していれば、結果として、嬉しかったり、楽しかったりという現実を引き寄せます。逆に、憎しみ、怒りなどのネガティブな思いは、そのような現実を引き寄せてしまいます。波動(エネルギー)は、「同質のもの」を引き寄せるというのが基本だからです。

そして、思い(意識)の強さ、パワーの強さ、そのすべてが付加されて、まるで、「鏡」のように反射されて自分に戻ってきます。自分が創ったものは、必ず自分の現実のどこかに反映されます。よい事であれ、悪い事であれ、それは自分に戻ってきて、受け取ることになります。(そこに違いがあるとすれば、 「速いか/遅いか」だけです)

これは自然の法則、宇宙の法則です。そこには「善悪」の判断はありません。ただあなたの思考に反応するだけです。あなたの思いを受信して、それを送り返すだけです。送ったものはすべて、自分に送り返されてきます。

それゆえ、送ったもの(自分の思い)をコントロールすることができれば、自分の受け取るものもコントロールすることができることになる。自分で現実を作り出しているのであれば、自分の望む現実も選ぶことができることになる。

このことは、「対人関係」でも言えます。例えば、心の奥に怒りの感情がたまっていると、その怒りが出てくるような出来事が自分の前に現われることがある。人を疑いの目で見てしまう人は、疑りたくなるような人が目の前に現れたりする。そして、余計に疑り深くなってしまいます。

それは、あなたの心の中を反映しているだけです。内にあるものが外に反映しただけです。その出来事は、あなたの心の中にあるものを見せるために、わざわざ、あなたの目の前に現れたのかもしれません。問題はそれに”早く気づく”かどうかです。それに気づかないと、気づくまで、同じことが何度も何度も、繰り返して起きてきます。

スピリチュアルな世界では、次のような言葉をよく聞きます。
・自分の与えたものが、自分に返ってくる。
・与えないものは、返ってこない。
・返ってきたものは、自分が与えたものである。


この原則は、お金についても同じことが言える。「与えることは、受け取ること」と同じ。
「お金がほしい!」と思ったら、まずは「先に、与えること」。これは宇宙の法則です。
→お金をもたらす「ごえんの法則」


● 自分の現実を変える方法

人は、自分の中で一番強くこうだと信じているものが現実化されます。 自分の中にある一番強い信念が実現するような状況を、意識的に、あるいは”無意識”のうち に現実化していきます。もし、自分の期待していたことと逆のことが起きたときは、「自分は何を 信じていたのか」、「自分の何がこの事態を引き起こしてしまったのか」、と自問することです。

人は意識的であれ、無意識にであれ、自分で現実をつくり、それを体験している。見方を変えれば、人は「自分の意識でないもの」は体験しないことになる。たとえ自分が発した思いであっても、何かをキッカケにして変われば、以前の自分は今の自分と異なる。人は気づき、学ぶことで変わる。そして、自分から出たものであっても、自分が変わることで、受け取る現実も変わってくる。

自分の信じていたこと(信念)が変わる→自分の考え方が変わる→
自分の気持ちが変わる→自分から出ている波動(エネルギー)が変わる→
自分の波動が変わると、それを反映する”現実”も変わってきます。
『運命が変わる』ということは、このような事かもしれません。

自分のエネルギーが変わることで、それに引き寄せられる「未来も運命」も変わってきます。
そして、「瞑想や祈り」は高度な形のエネルギーの変更です。

物事を変えるには、まずは「自分が変わること」。他人を変えようと思っても、他人は変えられません。自分を取り巻く現実を変える一番の方法は、まずは自分が変わることです。それなくして変化は困難でしょう。

いずれにしても、人が何をどう思うかによって、現実は大きく変わってきます。
自分は無力、成功しないと思っていると、そうなってしまいます。私達の人生の方向を決めるのは自分の奥底にある信念で、それは思いや行動を通じて、毎日のように外に向かって放出されます。強い思いは、類似のものを引き寄せる電磁的なものを創ってしまいます。そうやって人生の全体像を引き寄せることになります。

すべてはどこに焦点を当てるかにかかっている。そして、焦点を当てるところにエネルギーが流れていく。そして、焦点を当てたものを、まるで磁石のように引き付ける。だから、自分が真に求めることだけを考え、求めることだけ意識し、実現しようとすることだけを言葉にし、行動することです。

しかし、人は起こって欲しくないことを考えたり、口にしてしまう。自分の人生に、起こって欲しいことよりも、起こって欲しくないことについて考えしまう。そして、望まない現実を引き起こしてしまう。(私たち人間の悲しい癖です)


自分は無力、価値がない、自分はダメだ・・・もしそれに焦点を当てれば、最も欲しくないものを自分に引き付けてしまう。ネガティブな思いを発すれば、その思いに「エネルギー」を与えてしまい、その影響を受けるのは自分自身です。何度も繰り返せば、繰り返しその現実を創造していく。

(もし、間違って)欲しくもないことを考えたり、口にしてしまったら、「訂正」が必要です。「キャンセルします!」と、口に出して言うことです。エネルギーの訂正が必要です。(例えば、レストランに行って、間違って違う料理を注文したら訂正します。これと同じです)。

物理法則の定理の一つに、『エネルギー不滅の法則』というのがある。すべてのエネルギーは、消滅させることはできない。できるのは、「形を変える」ことだけ。 エネルギーとは形を変えこそすれ、決して無くなることはないのである。
                        →運気アップの秘訣


★もちろん、この法則がすべての人に、そのまま当てはまるわけではありません。この頃は科学者も、この現実世界は自分の「意識の延長上」にあるものだと言い始めています。このようなことをもっと知りたい人は、『バシャール』(ヴォイス社)という本がお勧めです。

「思考は現実化する」。一番有名なのは古代インドの『ヴェータ哲学』で、「純粋な魂の信念は実現する」という言葉である。ここで気をつけたい点は、「純粋な魂」とあるように、それが個人の単なる”エゴ、欲望”から来た現実化であれば、”問題アリ”ということです。一歩間違えれば、エゴの肥大、欲望の”とりこ”になってしまう恐れがあり、現実化は困難となる。だから注意が必要で




機能 脳科学者
の「コーチング・プログラム」

「苫米地(とまべち)コーチング」を学ぶと・・・
「自分がどのように現実を創り出しているか」、その仕組みが分かってきます、
自信をもって、前に進んでいけるようになります。

苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム』



記載内容についてのご質問等があれば、HP管理人まで、お問合せください。
manager@peace.email.ne.jp