-
引越し方位に戻る

方位除け対策
引越し方位よけ御札・お守り、五黄殺、暗剣殺


戸建て住宅
-
方位除け御札は、五黄殺、暗剣殺、本命殺などの「方災殺」からくる災難・トラブルを鎮めるための「お札」です。別名、「八方位除災符」とも呼ばれる。大難は小難に、小難は無難に、凶意を鎮め、トラブル回避のために使います。

方災殺(ほうさいさつ)は、凶方位に引越し(移動)した時に生じるとされる「災い」(わざわい)です。凶方位へ移動したとき、大なり小なり、「方災殺」の難を受けることが多いので注意が必要です。

引越しの方位が悪い場合は、(特に暗剣殺や五黄殺など)、少しでも「凶意」を和らげるために、お住まいの土地にある氏神(うじがみ)神社と、引越し先の氏神神社にお参りするのがよいです。



マンション入り口

手書き、方位よけ御札・お守り


縮小画像
手書き御札

「方位除け御札セット」(お守り一個付き)

お値段7,800円(お守り付き)、送料500円。

「非公開」とされるため、サイズが縮小されてます
(実サイズ 縦24.0cm×横6.5cm)

当方の方位除け御札は、ご注文をいただいてから、呪文や氏名を一筆一筆「手書き」で書き入れます。したがって在庫というものはございません。
→お問合せ・申込み


玄関内

通常、観想凝念して、心を込めて符を書けば、神気躍動し、効験を発揮する。但し、御札を大量に謹製したり、単に印刷しただけでは、「符気」が抜けていることが多く、効果も一様ではありません。

「手書き御札」は古来からの作法に則って、一筆一筆と書き入れることで、しっかりした御札ができます。御札には、世帯主のお名前、生年月日(西暦)を書き入れます。この点、印刷ものとは異なります。

また作成は、いつでも作れるわけではなく、「日取り」(旧暦の太陰・太陽日)を選んで作成しますので、10日前後の期間が必要になります。(日取りが合わない場合は、二週間ぐらいになる場合もございます)。このため、余裕をもってご依頼いただけたらと思います。


方位除け御守

ご家族の追加用、一個 2,600円
御守の中に、「お名前、生年月日」(西暦)を書き入れますので、ご注文の際には、お知らせください。



マンション玄関

【御札の設置場所】
特に決まりはありません
・(一般の御札のように)「玄関」に設置することが多いです。
・また、「神棚」に納めてもよいです。
・凶とされる方位の場所や部屋。
・居間、寝室など、設置に当たって場所的によいと思われる所。
・自室の棚や壁、本棚の上に立て掛けてもよいです。


→その他の護符・御札


方位除け・家祓い(やばらい)


引越し方位が悪いと言われれば、気になるのは仕方がありません。
しかし過度に気にすると、悪いことに「波長」が合ってしまい、凶のエネルギーを引き寄せてしまうことがある(引き寄せの法則です)。人の及ぼす「意識作用」、こちらの方が要注意です。。

不安や心配がつのると、マインドが低下します。陰気は陰気を呼ぶので、やがては「運気」も落ちてきます。そうした時に「悪い事」が起きます。

まずは、家の中に争いを持ち込まない。家族仲よく、家の中は明るく元気、「笑う門には福来る」です。これが一番。「ポジティブな気持ち」でいることが何よりも大事です。凶方位作用は、決まったことではありません。

どうしても気になるのであれば、家祓い(やばらい)を行うとよいでしょう。
やり方は「地鎮祭」とほぼ同じですが、建物内に「祭壇」を設け、家内安全を祈願し、厄を祓います。気になる場所は、「神主さん」に念入りに祓ってもらうとよいです。気持ち的にラクになります。

家祓いの儀は、中古住宅、賃貸マンションへの入居の際にも行なわれます。また不運が続くような場合も行なわれます(厄落としです)。土地建物の浄化の場合、地鎮水晶も効果があります。





→引越し・方位に戻る
手彫り守護本尊

守護本尊はあなたの生涯を守る守護仏です!

原材料、ヒノキ
原産国、中国製
サイズ、100×100×230mm 重量225g
19,800円(税込)