風水研究所に戻る

空海秘伝!宿曜占星術
 −自分の吉日を知る、引越し日を知る−
           占断
            せんだん
古代インドで生まれた占星術。
この天文暦学が中国に伝わり、これを日本に持ち帰ったのが「空海」(弘法大師)、これが「宿曜(しゅくよう)占星術」と呼ばれるもの。古代バビロニアが発祥の地と云われ、数千年の歴史を持つ「東洋の占星術」、ホロスコープです。

  宿曜占星術の活用・・・

  引越し、移転、契約日は「いつがよいか?」、
  新築の時期、マンションの購入は「いつがよいか?」


  ・個人の日々の「運勢の流れ」が明らかになります(吉・凶など)。
  ・宿命的な「相性」や恋愛、人間関係も見えてきます。

空海占星術では、人の死ぬ日や社会の大事件、自然現象まで予言できると言われる。そのため、当時の支配者層は政治的手段に用い、長い間、支配階級の一部で秘術として独占してきた。

徳川家康はこの占星術を封印し、他方では、これを独占的に使って、自分と大名の相性や大名間の相性を調べ、これを基にして領地の配置換えを行うなど、260年間に渡って幕藩体制の維持のために使っていたと言われる。
昴 畢 觜 参 井 鬼 柳 星
張 翼 軫 角 亢 氏 房 心
尾 箕 斗 女 虚 危 室 壁
奎 婁 胃
日本最古の宿曜占星術


 本命宿が「昴宿」(ぼうしゅく)の
 人の「ホロスコープ」
 「昴宿」の人の相性


 【昴宿】(ぼうしゅく):日本名「すばる」、
 おうし座 17星付近(プレアデス星団)


 近距離、中距離、遠距離は、二人の
 「縁の深さ」を意味します。近距離は
 縁が深いという意味になります。。

【27の宿】
「昴宿」(ぼうしゅく)、 「畢宿」(ひつしゅく)、 「觜宿」(ししゅく) 、「参宿」(しんしゅく)、 「井宿」(せいしゅく) 「鬼宿」(きしゅく)、 「柳宿」(りゅうしゅく)、 「星宿」(せいしゅく)、 「張宿」(ちょうしゅく)、 「翼宿」(よくしゅく) 「軫宿」(しんしゅく)、「角宿」(かくしゅく)、 「亢宿」(こうしゅく) 、「氏宿」(ていしゃく)、 「房宿」(ぼうしゅく) 「心宿」(しんしゅく)、 「尾宿」(びしゅく) 、「箕宿」(きしゅく)、 「斗宿」(とうしゅく)、 「女宿」(じょしゅく)、 「虚宿」(きょしゅく)、 「危宿」(きしゅく)、 「室宿」(しつしゅく)、「壁宿」(へきしゅく)、 「奎宿」(けいしゅく)、「婁宿」(ろうしゅく)、 「胃宿」(いしゅく)


【十二宮】
「羊宮」(ようきゅう)、 「牛宮」(ぎゅうきゅう)、 「夫妻宮」(ふさいきゅう)、 「蟹宮」(かいきゅう)、 「獅子宮」(ししきゅう)、「女宮」(じょきゅう)、 「秤宮」(ていきゅう)、 「蠍宮」(かつきゅう)、 「弓宮」(きゅうきゅう) 、「麿宮」(まきゅう)、 「瓶宮」(へいきゅう) 、「魚宮」(ぎょきゅう)

 ● 運勢バイオリズム 、引越し日
人には、固有のリズム、「運勢バイオリズム」というのがあります。
これを知ることで、好調日や注意すべき日も分かってきます。
これをうまく活用することで、物事も順調に進んできます。。

運勢バイオリズムの活用。
【例えば】・・・引越し、移転、契約、新しく何かを始める。誰かと会う。
新規開店、入院、手術など、運勢カレンダーを見て行動に移すといいです。
※恋愛の場合は、「気になる人のバイオリズム」を知ることもでます。
運勢バイオリズムを分かりやすいように、一枚の「表」にしたのが「日運カレンダー」。
これで、自分の「吉日と凶日」を把握できます


※ 個人の「吉日・凶日」を表した宿曜表(日運カレンダー)


カレンダーには「◎、○、×」の手書きで印を付け、分かりやすくしてあります。
引越し日は「◎、○」の日が最適で、これを活用すれば、プライベートや仕事に、そのまま使うことができます
                                      
×
危険や破壊を伴う日なので、何事にも注意が必要な日です。物事のスタートには向きません。人との関係を沈静化させたり、悪縁を切るのにはいい日です。結婚、開店・・・物事のスタートには向きません。

×
出生を意味します。自分の「本命宿」の日です。因縁が生じやすく、すべてに慎重に過したい日です。誤解を与えたり、判断ミスからトラブルになることもあります。この日に起きたことは、将来に影響をするような大切な日です。


「カルマ」を意味します。前世での宿で、すべてに積極的に行動してよい日です。重要な仕事にかかわったり、温めていた計画を実行する日にとしても重要です。勇気をもってチャレンジです。


受胎、来世を意味します。「命」と同じく、慎重に過すのがいいでしょう。言動には注意が必要です。過去を振り返る時間を作り、(母親がお腹で胎児を育てるように)、将来に向けてプランを練るには最適です。


「繁栄」を意味します。好調日です、すべてにおいて、積極的に行動しましょう。新しい事に向けてのスタート、仕事や習い事をしたり、相談やプレゼントする日も最適です。結果を得やすい好調の時です。

×
「衰退」を意味します。物事のスタートには向きません。体調を崩しやすいので、旅行や出張には向きません。この日を慎重に過してください。


「安定」を意味します。心身ともに安定した日です。平穏無事に過せるむでしょう。変化を試みても安定しているため、旅行、移転、物事の整理に最適です。

×
「危険、敵対」を意味します。吉凶混合で、危険が伴う日です。旅行には向きません。人が集まるような結婚式、パーティーは早く切り上げましょう


「成功、成就」を意味します。好調日で、成功に導ける日です。物事のスタートには、最適です。この時期に始めたことは実を結ぶ可能性が高いです。勉強、受験など、勉学にかかわることは吉です。


「友人・社交」を意味します。好調日です。人間関係を作るにはよい日、友達には最適で、結婚式やパーティーなどへの参加、新しい人脈づくりにもいい日です。


「親友、親愛」を意味します。好調日です。「友」の日と同じ意味があり、人間関係を作るにはいい日です。友人と親密になりたい、親しい人と会うのには、絶好の日です。友達から恋人へとステップアップ、そんな事には最高の時期です。
 ● 相性・人間関係、 「三・九の秘法」
相手を知れば、生き方が”ラク”になる!

あなたの大切な人との「相性」、あなたを取り巻く「人間関係」、「運勢バイオリズム」。それを解くのが「三・九の秘法」。ホロスコープを使って見ます。 相性は、「安壊・栄親・友衰・危成・業胎・命」の関係に分けられ、自分と相手の「本命宿」によって決まります。

相性・人間関係は相対的なもので、ある人にとっては合わない人、意地悪な人であっても、ある人にとっては気の合う人であったりします。人と人との関係性は、二人の固有のものであり、相対的なものです。宿曜占星術では、そのような相性関係を「三九秘法」で、システマチックに解明していきます。


<安壊の関係 >
(気になる相手ですが)、「壊」は破壊を意味し、相手に苦労させられ、「安」は安定を意味し、相手が苦労する関係にあります。二人の縁が深ければ、最初は強く惹かれる相手ですが、波乱の多い関係です。

<栄親の関係>
「栄」は繁栄、「親」は親愛。お互いにプラスを与え合い、理想的な関係が保たれます。。恋愛、結婚、すべてのシーンで協力しあい、素晴らしい関係を築くでしょう。

<友衰の関係 >
「友」は社交、「衰」は衰退。共通の趣味や考えで、一緒にいて楽しい時間をすごせるでしょう。恋愛では愛情を感じるはずです。縁が深い人は、一気に恋に落ちるでしょう。縁が浅い人は、仲良くなるまでに時間がかかるかもしれません。

<危成の関係>
「危」は危険、「成」は成就。「危」の人から危険を与えられ、成の人から成功に導かれます。性質が違うからこそ、刺激があったり、つきあい続けることで自分の幅が広がる関係です。

<業胎の関係>
「前世・来世」でのつながりのある関係です。前世で出会い、今世で果たすべき役割をもっていたり、来世でも関わりを持つような約束されている縁の深い関係です。

<命の関係>
「同じ本命宿」を持つ関係です。深い縁で結ばれ、出会った時からすぐに仲良くなれるでしょう。お互いに本心がよく見えるので、自分を映し出す「鏡」になります。同性の場合は、距離をとらないと、 犬猿の仲になることがあります。

 ● 注意、大破壊日
これは運勢からくる「破壊運」と、人間関係からくる「破壊人」です最も注意が必要なのは、この二つが重なった「大破壊」です。

破壊運は、生年月日の「本命宿」によって導かれ、危険や災難に遭遇したりします。行動に注意が必要です。破壊運は、日運に顕著に現れると言われ、突発的な出来事に遭遇したりします。月運の破壊は、精神面でのダメージを受けやすいと言われます。

「破壊人」は、相性の【安壊の関係】にある人で、自分に「災い」をもたらす人です。簡単に言えば、自分にとって「疫病神」になってしまう人です。何かのトラブル巻き込まれたら、その人の本命宿を調べてみてください。あなたにとって、破壊人である可能性が大です。

★自分の運勢バイオリズムが分かれば、「注意する日、好調の日」も分かってきます。それによって、「日々をどのように行動すればよいか」も分かってきます。それに気をつければ、災難を最小限に抑え、良い人間関係を築くことができます。

縁を切りたいのであれば、「壊」の日が一番です。この日に話し合うのがいいでしょう。智恵を働かせるならば、その日に、相手にとっての「破壊人」に同席してもらうことです。
 日運カレンダー、「作成料」について

 日運カレンダー(宿曜表)は、対面・電話鑑定に合わせて作成しております。
 希望の方は、あらかじめお申し出ください。作成料 3,000円 (簡易版)
 作成に時間がかかるため、鑑定当日の作成は不可になります。
 場合によっては後日、「郵送」という形になります。
  



                        風水研究所に戻る