−風水改善のご提案
風水研究所に戻る

運気が高まる風水をご提案!

時として
、「家の様子」が脳裏に浮かぶことがあります(霊視)。直感、インスピレーションを交えてお答えしていきます。

(時間があれば)、希望者には住む人のエネルギー(運気)の鑑定も可能です。筮竹(ぜいちく)を使った本格的な「易占い」で、卦(け)を読みます。



「四つの鑑定法」を駆使し、総合的に判断!

風水鑑定の方法には、「理氣(りき)法」と「巒頭(らんとう)法」があり、どちらか「一つのみ」で鑑定する風水師もおられますが、当方では@「理氣法」とA「巒頭法」の両方から見ます。

また、古くから日本に伝わるB「家相学」の点からも診断します。必要に応じて、C直感、第六感を駆使して「場のエネルギー」も見ます。


No
Image

プロフィール紹介


羅盤(らばん)

 ● 風水鑑定、気になるポイント

 
       屋 内       屋 外

  @ 門、玄関の位置
  A 家の形状(張り・欠け)
  B 各室の間取り・方位
  C 台所の位置(水廻り)
  D 浴室・風呂・トイレの位置
  D 階段の位置
  F 寝室・子供部屋
  G 鬼門・裏鬼門、その他。

 


  H 敷地の形状(張り・欠け)
  I 敷地と道路の関係
  J 隣接する建物の影響
  K 駐車場、物置の位置
  L 庭・池・井戸 
  M その他、
  形殺の事例集(外部リンク)
 



間取り図

→お問合せ先
 ■ 対面鑑定(一時休止)

現在お住まいの家、マンションの鑑定
・部屋の間取りの状況、吉凶方位の診断、
・問題点の改善、アドバイス。

・引越しの時期、方位の鑑定。

・「賃貸物件」の鑑定、
(物件の良否、アドバイス)

・マンションや物件の「選び方」のアドバイス。
(風水・家相の「注意点」)
   
時間に限りがあるので、ご相談の際は、優先順位をつけて、ご相談いただけたらと思います。

さまざまな視点から、アドバイスさせていただきます。図面・間取り図、パンフレットを忘れずにお持ちください。

1万5千円/1時間

電話・FAXを介した相談の場合、口頭説明に時間がかかるので、時間が長くなることが多いです。

マンションの購入に関する相談
パンフレットや間取り図を見て、複数の中から、一番条件の良い物件を選びます。

マンションの間取り・方位、家相、周辺状況、購入の可否の鑑定、契約日、引越し・移転の時期なども、ご提案・アドバイス。

2万円/1時間
(再鑑定の場合、1万5千円)


(マンション購入等の場合、現場の鑑定がポイントになります。図面上だけでの鑑定は、一定の限界があるので、ご了承願います)。


新築 間取り、リフォーム等に関する相談
・土地の購入、売却に関する相談。
・建売住宅、中古住宅の購入相談。


図面を見ながら、土地宅地、建物の鑑定。住宅の間取りの状況、方位方角、家相診断。購入の可否の鑑定。契約日、移転、引越しの時期など、ご提案・アドバイス。 (土地建物の売却も同じ)。

2万円/1時間
(再鑑定の場合、1万5千円)

    
(現場に立って、土地建物を診ることがポイントになります。図面上だけでの鑑定は、一定の限界があるので、ご了承願います)。


新築・リフォームのプランニング(ゼロからの立案)の場合は、別料金になります。


引越し・移転の時期、新築・リフォームの時期、戸建て住宅・マンション購入は、いつでもよいという訳ではなく、「個人の運気」に合わせます。 これは世帯主の生年月日(運勢)との関係から判断し、「宿曜占星術や四柱推命」から割り出します。

・対面鑑定の場合、「間取り図」を指で示して説明したり、あるいは「手書き」を加えて補足説明していきますので、比較的理解しやすくなります。電話鑑定の場合は口頭の説明のみになるため、意図したことが伝わりにくく、また誤って受け取られることもあります。このため、できるだけ対面鑑定をお勧めします。

・鑑定は、総床面積150uまでを基準とします。床面積が大きくなると、鑑定時間が長くなり、料金も異なってきます。マンションの場合は、5LDKから別料金になります。

土地・住宅、マンションの購入・売却相談
建物や間取りなどに問題があって、一回の鑑定で決まらないことがあります。
このため、再度お越しになる人は(再鑑定)、1万5千円になります。

不動産運
「不動産運」とでも言いましょうか、マイホームの購入も「運気」が関係してくる。「終の棲家」(ついのすみか)」となるマイホームは、”一生一度”の大きな買い物。何かのご縁があってその物件に出会うのでしょう。それが不動産運です。それゆえ自分の運気(購入の時期、方位など)が大事になる。

悪い時期に、悪い方位にある物件を購入してしまうと、以後、トラブルが続いたり、物事がうまくいかなかったりするので注意が必要です。

注意
物件を見に行くときは、「方位磁石」を持って行くこと。少し移動するだけで、「針」が違う方向を指すことがある。磁場の狂いです。こういう物件は、価格が「安くなり勝ち」ですが、不動産取引では「お買い得はナシ」と言われ、安い物件は、どこかに不都合があることが多いです。


吉・凶の事例
これに該当してませんか?
「形殺」の事例集(外部リンク)


@ 磁場が安定しない土地建物は×
A 何となく気が落ち着かない家×
B 価格が相場よりもかなり安い物件×

水の活用

風水をよくするには、「方位や間取り」だけではなく、(よい)気を集める「水」の活用も大事です。。

流れる川を「水龍」(すいりゅう)と呼び、水龍は「財運」を運ぶとされる。家の中に「水龍」を作ることで、財運を高めることができると言われる→(財方)金運の方位

また風水には「運が悪ければ、水回りを掃除せよ!」という言葉がある。トイレや風呂の「水廻り」を清潔に保つことは「個人の運気」にも関係してくる。このため風水は掃除、整理整頓を重視する。「汚れた水はタブー」、これが風水です。


(一時休止) →お問合せ先 →会社・店舗の風水鑑定
    鑑定項目のポイント
       屋 内       屋 外

 @ 門、玄関の位置
 A 家の形状(張り・欠け)
 B 各室の間取り・方位
 C 台所の位置(水廻り)
 D 浴室・風呂・トイレの位置
 D 階段の位置
 F 寝室、子供部屋
 G 鬼門・裏鬼門、その他

 H敷地の形状(張り・欠け)
 I周辺の環境、  
 J地霊、土地のエネルギー
 K敷地と道路の関係
 L隣接する建物の影響
 M駐車場、物置の位置
 N庭・池・井戸、
 O土地の高低、その他  

  ※現場鑑定の際に調査を実施

  @土地のエネルギーの度合い
  A隣の家との「位置関係」 
  B周辺環境の調査
  C30m周辺の建物の影響
  D土地の高低、その他。

  現場では羅盤(ローパン)
  を使用して実測。


 @マンション鑑定(内覧会立会い・同行チェックも可能)。
 Aマンションの風水家相診断、改善アドバイス。


 周辺環境、立地条件、方位、家相・間取りの診断、購入の可否の判断、
 また、購入時期、契約日、移転の吉日などについて提案アドバイス。


・出張鑑定

 4万円/約2時間


 @住宅の風水診断、改善アドバイス。
 A土地、建売住宅の購入鑑定(内覧会立会い、同行チェックも可能)
 B新築、リフォームの際の風水相談、改善アドバイス

 戸建て住宅、宅地の鑑定、立地条件、方位・間取り、家相診断。
 購入時期、契約日、工事の着工日、移転日など提案・アドバイス。
 風水調整・・・鑑定後、「修正点」、改修すべき点をお伝えします。

・出張鑑定

 5万円〜/約2時間


「場のエネルギー」、その場に立つと、微妙な「氣」を感ずることがある。これは図面だけでの鑑定では分からないことで、現場に立って初めて分かることです。正確な風水鑑定を行うには「現場確認」が必須で、現地に赴き、家だけでなく、周辺の土地環境や、「家主の悩み」までをも勘案に入れて、総合的な判断が必要と考えます。
   
「新築・リフォーム」の際の風水家相を見て欲しい・・・
工事を行う際は、時期を考慮する必要がある。世帯主(ご主人)の年回りによっては、すぐには工事できない場合もあり、早めのプランニングをお勧めします。(鑑定の結果によっては、延期をお勧めすることもあります)。
   
せっかく土地・住宅を購入しても、「地相」(来歴、地形・環境)に問題がある場合がある。

ご相談いただいた土地の方位、周辺環境、エネルギーの度合い、さらには家相、家全体の輪郭などから総合的に判断していきます。また、何よりもそこに住んでいる、ご家族ひとり一人の持つ「運勢的なもの、固有のエネルギー」を把握することで、より的確なアドバイス可能になります。

@地相(自然・周辺環境、場所のエネルギー)、
A家相(方位、家全体の輪郭、間取り)、
Bそこに住む人(家族の運気、エネルギー)、
この三つの観点から複合的にみて、判断していきます。


 ■ 風水家相 総合診断…(土地・建物、周辺環境を含む)
  →お問合せ先

★風水と家相について、細部に渡って綿密に調査・診断します

@ 地相(立地環境、地形の状態、土地のエネルギーの度合い)、
A 家相(建物、家全体の形状、部屋の間取り、方位の状況)、
B 周辺環境、隣接する建物の影響。

隣接する建物に関しては、半径30m周辺のポイントとなる建物、悪影響となる、どのような建物があるかを綿密に調査します。問題点があれば、それへの「対処法」もアドバイスしたします。

(風水家相、調査・診断)




風水総合診断では、地相はもちろん、周辺環境も含め、時間をかけて細密に調査。
個人の住宅であれば、半日〜1日がかりで、倍以上の時間をかけて風水と家相の両方の観点から、総合的に調査、診断していきます

また、鑑定の際に、ご家族ひとり一人の運勢(会社の場合は経営者)、固有のエネルギーを見ることで、より的確な風水アドバイスが可能になります。

 ● 出張鑑定、料金のご案内
・東京都内、神奈川・横浜、基本料金 5万円〜+交通費。(マンションの場合 4万円〜)
・関東近県、基本料金 6万円〜+出張交通費。
・地方出張、基本料金 8〜10万円+出張交通費、(日帰りが難しい地域は宿泊費が加算)


(基本料金は現地までの「往復の拘束時間」によっても異なります)。
また建物の大きさ、構造によって所用時間も異なってきます。

(例えば、大阪出張の場合は、新幹線の往復時間は約5時間+(現地までの往復時間)、
鑑定時間を含めると、場合によっては一日がかりになります)。
基本料金は 8〜10万円+出張交通費。(宿泊が必要な場合は+宿泊費)。

風水では「現場を見る」というのが何よりも大切で、新築の場合は、特に大事なことです。遠方の方は、お住まいの近く(あるいは近県)の風水師に来てもらい、鑑定してもらうのが最善と思われます。

出張鑑定では、周辺環境も見る必要があるため、少なくとも2時間は必要とされます。一戸建住宅の場合は、床面積50坪(150u)までの建物を基準とします。建物規模が大きい場合は、鑑定時間も長くなります。


全国各地、出張鑑定も可能です。
土地・住宅の鑑定はもちろんですが、住宅、マンションなどの「マイホームの物件探し」の同行も可能です。希望者はご相談ください。
新築・リフォーム、内装レイアウト等も、ご相談承ります



 ● 相談事例、不安・心配、こんなことが気になりませんか?

 ・引っ越ししたいのですが、方位、時期を見てほしい。
 ・マンションを探してます。どの物件、どの部屋が一番よいか見てほしい。
 ・占い師に部屋が「凶」と言われ困っています、不安なので見て欲しい。
 ・気に入った建売住宅があるのですが、心配な点があるので見てほしい。
 ・分譲地の購入を考えています。この土地が「問題がないのか」見てほしい。      

 ・ 玄関がどうしても「鬼門」になってしまう。どうしたらいいでしょうか。
 ・ よいマンションがあるのですが、鬼門や欠けが気になっています。
 ・ 「鬼門」に玄関、台所、浴室、トイレがあり不安、怖いので見てほしい。
 ・ 迷信だと思いますが、北玄関は不幸になると言われ、困っています。
 ・ 間取りが悪いと言われて不安です。心配なので見てほしい。


 ・ 受験期の子供部屋の場所は、どの部屋にしたらよいでしょうか。
 ・ 子供が勉強しやすい部屋をアドバイスしてほしい、机の配置やベッドの配置なども。
 ・ リフォームしたいのですが、どのようにリフォームしたらいいか、アドバイスがほしい。
 ・ 建物に「欠け」があり、心配なので見てほしい、何か対処法がありますか。
 ・ 何をやってもうまくいきません。部屋に問題があるのか?相談にのってほしい。。       


【平面図に記入する内容】

★より正確に判断するためには、平面図が必要になります。
平面図には、方位と間取り、周囲の状況をご記入ください。一戸建ての場合は
土地の影響も大きいので、敷地の輪郭、周囲の状況などもご記入ください。


      屋  内        屋 外              間取り(平面図)の事例

 一階  玄関  方位   北の方位
 居間  敷地内  門
 台所  車庫
 トイレ  庭
 浴室  池・井戸
 寝室  周辺環境    周辺の建物
 子供部屋  道路
 ドア・窓  山、河川
 仏間・神棚  その他    土地の高低
 二階  一階と同じ  etc__ 
 ● 平面図(間取り)を書く際の注意。

 ★相談の際に、パンフレット等があれば、お持ちください。


 ◇黒色の鉛筆やペンで、定規を使ってお書きください。
 手書きOK。 (FAXで送る場合はA4サイズ)
  
 ◇記入の際に、1階、2階の区別をして記入ください(マンションも同じ)。
 「北の方位」を必ず書き入れてください。

 ◇室外に池、庭、植木、車庫、ベランダ、物置などがあればこれを記入。
  (隣接する建物、近くに大きな建物があれば、これもご記入ください)

 ◇建物の方位、門、玄関、間取りの配置、寝室、廊下、階段、
  家具(大きなもの)、仏壇、神棚、 電化製品(大きなもの)も記入してください。

 ◇家全体の風水鑑定の場合は、建物の広さ・面積によって異なってきます。
 新築や増改築(リフォーム)などの物件の場合は、別料金になります。

 ◇新築の時期、増改築の時期(リフォーム)、転居・引越しの時期や方位などは、
 世帯主の生年月日(運勢)との関係から見ていきます。

 ◇現住所と世帯主をご記入の上、「生年月日」も明記してください。