神籬(ひもろぎ)
→地鎮水晶に戻る
(風水研究所)
地鎮祭
古来、日本では、土地にはその土地の「神」が宿ると考え、家を建てる際は、地の神に伺い、土地利用の許可を得ていました。そのために地鎮祭(じちんさい)を行い、土地利用の許しと共に、工事の安全、家の繁栄を祈願しました。「じまつり、とこしずめの まつり」とも呼ばれる。

注文住宅の地鎮祭はどうするの?(外部リンク)

ラテン語に「ゲニウスロキ」(地霊)という言葉がある。土地には、その土地を司る神、地霊(精霊)がおり、その声を無視して建物を建ててはならないという考えです。土地利用に際し、「母なる大地の許し」を得るというのは、世界共通の「自然の理」。

「神道」では、神主さんが祝詞(のりと)を捧げ、土地を祓い浄め、工事の安全、土地建物の安全・堅固、家の繁栄を祈願します。「掛(かけ)まくも 畏(かしこ)き 産土大神(うぶすなのおほかみ)大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)‥ 祓い給え 清め給え‥‥」
「youtube動画」 →地鎮祭のシーン

「仏教」の地鎮祭は「神道」と似ており、僧侶が護摩(ごま)を焚き、災いなく、工事が無事に円成できるようにとお経を唱え、参列者が焼香をします。仏教の考えでは、こうして家を建てられるのも、さまざまな人々の「お陰」であり、そのような「ご縁」に感謝し、家の新築に取り組むことを仏前に誓います。→天に祈りて地に懺悔

「キリスト教」では「起工式」と言い、神父さんが家を建てられる事を神に感謝し、工事の安全、住む人の健やかな生活を祈ります。「愛と幸せに満ちた 住まいになりますように…」と、分かりやすい言葉で語られます。そして「聖書」を朗読し、皆で「賛美歌」を歌います。

それぞれの宗教の、形式に違いはありますが、
今日この日を迎えられることに感謝し、事故がないように、
良い家が建つように、家族の幸せと繁栄を願う気持ちは、みな同じです。

昨今、自分たちで「地鎮祭」を行う人もいます。
形式的なことよりも、「心がこもっていること」が何よりも大事なことです。「この度、この地に家を建てさせて頂くことになりました。ここに住まわせてください、宜しくお願い申し上げます」、と大地に願い、感謝を捧げ、酒とお塩で大地を清めます。『自分で行う地鎮祭』などのキーワードで検索してみてください。http://www.mitasu.com/contents/2015/04/post-21.php

水晶の埋設
「この度、この地に家を建てさせて頂くことになりました。ここに住まわせてください、宜しくお願い申し上げます」、と大地に願い、感謝を捧げ、水晶を埋設します。心の中で祈るです。 形式的なことよりも、「心がこもっていること」が何よりも大事なことです。水晶の埋設は、できれば午前中の時間帯がよいです。

「母なる大地」の許しを得る、これが地鎮祭の本来の目的です
住む人が直接、大地に感謝を捧げるのが一番よい方法です。

地鎮祭を行うのが理想ですが、それができない場合は、基礎工事を行う前に、土地の「氏神神社」にお参りしてご挨拶する。この地に家を建てさせて頂くことを報告し、感謝を捧げます。工事着工の際に、隣近所に「挨拶」に回るのが普通ですが、同様に、お世話になる土地の「氏神様」にもご挨拶するのは、自然なことでしょう。また入居の際は家祓い(やばらい)の儀を行なうとよいです。




氏神
(うじがみ)
は、現在住んでいる土地を守っている神社。産土神(うぶすながみ)は、自分が生まれた所にある神社。「七五三やお宮参り」のときは、「産土神」にお参りします。 (近年では、氏神と産土神が同一視されるようになってきている)。

引越し、神社お参り

引越し・転居は、新しい「ご縁」のはじまり。その土地・人との関わりが生まれます。家を建てれば、終(つい)の住み処(すみか)となって、新たなご縁・絆が生まれます。これを期に、氏神(うじがみ)様にお参りしましょう。(年末の年越しの夜、地元の神社にお参りに行きますが、そこが「氏神様」の場合が多いです)

土地には、その土地を守ってくださる「氏神」(うじがみ)様が存在します。あなたが住む土地の氏神神社こそ、実は真っ先にご挨拶に行かなければならないところです。引越しの際は、まずは、今までお世話になった氏神様にご挨拶に伺い、「これまでの御礼と、引越し先・住所」を報告します。

その後に、新しい土地の氏神様にお参りし、この土地に住まわせて頂くことを報告し、ご挨拶を申し上げます。「自分を名乗り(氏名・住所)、〇月〇日に引越して参りました、ご縁をいただき有難うございます。今後とも宜しくお願いします」、とご挨拶を申し上げます。

こうすることで、あなた様もご家族も、その地の氏神様に守られ、心穏やかに新しいスタートとなる。引越し先とは縁で結ばれ、ご縁があって、その土地に住まわせていただくのです。

神社でご祈願するときは、
自分だけの幸せではなく、回り人の幸せも願うこと。
「我よく、人もよく」という願いにする!
(例えば、この地から争いがなくなり、みんなが平和に暮らせますようになど・・・そうすることで、願いは届きやすくなります)


 地鎮水晶、
取扱い注意!




水晶の特徴は、「エネルギーの浄化と、増幅作用」です
浄化力があればあるほど、逆に「よい気も、悪い気も」吸収してしまうのが水晶の特徴です。表面がつるつるした丸玉は、エネルギーを吸収する性質が強いので、石の浄化は必須です。

土地に問題があったり、風水的によくない場所であれば、そこに悪気や邪気が溜まっていることがある。「地鎮祭」を行うことで、祓い清められますが、地鎮祭を行わないで水晶玉を埋設すると、そこに悪気・邪気が集まることがある、注意。

地鎮際では、「土地を祓い清め」、悪気・邪気を鎮めます。
四方祓
(しほう はらい)で、敷地を祓い清め(浄化)土地を「ケガレ」のない状態に整えます(気の改善)。こうして浄化され、整えられた敷地に水晶玉を埋設することで、土地のエネルギーが高まります。これが弥盛地(イヤシロチ)と呼ばれる土地です。

注意点!地鎮水晶は、充分に浄化された水晶玉であること。
取扱い業者が信頼できるお店であること。水晶は「感応力」が高く、手が触れただけで、その人のエネルギーが石に伝わります。それが「心ある人」であれば幸いですが、逆に、売れればよいの「利益目的」だけでの販売業者であれば、マイナス・エネルギーとなってしまう。水晶ではなく、それを取り扱う「人の問題」です

【地鎮祭の目的】
下記HPでは、「地鎮祭」について、大変よいことが書かれております。是非ご蘭ください。→「天に祈りて地に懺悔」(外部リンク)



家を建てるということは・・・
今まで太陽の光に燦々と照らされて、生き物を育んできた土地が、家を建てる事によって、上から蓋をされ、太陽が当たらなくなるのです。命を育めない状態にして、その上に、私達人間が住む事になるのです。・・・・・(上記から引用)



昨日まで営業していた店が突然、閉店になっていることがある。
人通りも多く、立地条件に問題がなく、商売の内容が悪いわけでもないのに、ビルのテナントが頻繁に入れ替わることがある。またお店が新規オープンしても、ほどなくして、閉店になっていることがある。何が原因なのでしょうか?不幸を呼ぶ店舗(外部リンク)

昔からある、お地蔵さん、お稲荷さん、祠(ほこら)を勝手に動かしたり、自然霊が宿る大木を伐採したりすると、災い・トラブルが発生したりする。土地の「障(さわ)り」です。また新しく引越してきたのであれば、昔その土地がどういう場所だったのか、知るよしもありません。時として争いや恨みなどの感情が、残留想念となって土地に残っていることがある。

このような土地に家を建てる場合、地鎮祭を行なうのはもちろんですが、土地の浄化、エネルギーの改善のために、水晶を埋設するのがよいです。最も効果的な方法です。

地鎮祭では、祝詞(のりと)が奏上されると、(地面の)どこからともなく半透明の「オーブ」 のようなものが沸き上がってきて、「寄り代」(よりしろ)の回りに漂うと言われる。大地に宿る地霊(精霊)、自然霊です。

「普請祟り」(ふしん たたり)という言葉がある。家の新築後に起こるトラブル、災いです。このような場合は、新居への入居に際して、家祓い(やばらい)を行うとよいです。マンションの場合も同じです。「中古物件」も同じ。

世界一の高さの電波塔 『東京スカイツリー』。
最高の技術の粋を集めた建築物ですが、工事着工の際には、厳かに「地鎮祭」が執り行われ、また完成の際には、「竣工式 神事」が執り行われました。どんなに時代が進んでも、科学技術が発達しても、このような祭事は必要とされます。


玉ぐし

塩・水

お酒
→地鎮水晶に戻る