地鎮水晶、土地の浄化法

開運環境 風水研究所
担当者:岡部
お問合せ・申込み
   
繁栄する家
繁栄する家
地鎮水晶の見本
各種 地鎮用水晶
水晶パワーの効果
水晶パワーの効果
地鎮祭
地鎮祭
手に水晶
地鎮水晶は、一生に一度の機会!
  運気の上がる土地にしたい!
健康、家族繁栄の土地にしたい!

 ・地鎮水晶の選び方
 ・水晶の埋め方、進め方  
 ・水晶の配置の仕方
 ・水晶を埋めるタイミング
失敗しない 地鎮水晶注意点!
新築住宅

地鎮水晶五個セット 地鎮水晶の埋め方
 地鎮水晶30㎜×4個、40㎜×1個、

土地の浄化方法 地鎮水晶

日本では、昔から神社・仏閣では 、床下に水晶や木炭を埋めて、土地の浄化、磁場の改善を行っていたのは、よく知られている。地鎮水晶を埋める「玉埋め」は、一般の家でも行われ、今でも全国各地に風習が残っている。地鎮祭とともに、昔からの土地の浄化方法です。

水晶は 古くは1300年前の都、奈良の「藤原京跡」(694〜710年)の出土品からも見ることができます。地鎮(じちん)水晶は、土地の浄化には最適です。

風水で最も重要なのは「土地の気」(場所)です。[1]
「気の良い場所」に住むと、人は生き生きとし、健康にもプラスに作用し、運気も上昇する。逆に「気が滞っている場所」は疲れやすく、体調もすぐれず、トラブルも多い。

土地の四隅に水晶を埋めることで、「土地の気」を良くすることができます。
土地が浄化され「よい気」で満たされる。このような土地は弥盛地(イヤシロチ)として知られ、「生命力が盛んな地」である。今流に言えばパワースポット的な場所です。[2] →繁栄する家の実現

地鎮水晶「玉埋め」は、建物だけでなく、「土地から浄化」することで、「よりよい風水環境」ができます。家の新築 リフォームの際に取り入れるとよいです

お問い合せ
運気の上がる土地 
繁栄する土地
繁栄する土地、家
水晶玉
水晶パワーの効果
パワースポット
パワースポット

運気アップの秘訣
風水観葉植物
風水と観葉植物
風水インテリア
風水インテリア
 エネルギーの良い場所   エネルギーの悪い場所 ×
 ・健康で家庭円満、
 ・運気上昇、仕事が順調
 ・気力が充実、笑顔が多い
 ・物事が順調に進む
 ・草木が育つ、来客が多い
 ・病気がち、不眠、疲れやすい
 ・イライラ、家庭不和
 ・不運、トラブルが多い
 ・気力が湧かない、来客がない
 ・物事がうまくいかない、悪因縁
  はてなブックマークに追加

お客さま「質問Q&A」(重要)
土地の浄化

地鎮水晶の埋め方・方法

地鎮祭と土地の浄化方法

縄張り
縄張り・遣り方

地鎮祭の土地の浄化
 地鎮祭
土地建物の浄化
水晶の設置
 
  家族繁栄


水晶玉埋めは、基礎工事の際に行います。地鎮祭で土地を祓い清め(浄化)、後日、基礎工事の際に地鎮水晶を埋めます。
地鎮水晶の埋め方、進め方

地鎮祭では土地を祓い清めます(土地の浄化)。土地を「ケガレ」のない状態に整え(気の改善)、そこに地鎮水晶を埋めます。こうして清められた敷地に家を建てます。

水晶の配置の仕方
敷地の四隅と中央、これが基本です。

土地によっては「四隅のみ」です。
→水晶の配置の仕方!

すでに家が建っている場合
敷地の四隅に設置。もう一個は室内に設置します。
マンションの場合は、室内に一個設置します。

四隅に水晶を設置すると、水晶のエネルギーが繋がり、内側は(結界のような)エネルギーの高い領域(パワーゾーン)ができます。エネルギーが高まった場所は、住む人に「安全地帯」のようになり、そこに住む人は守られる。


昔から、家の中に水晶を置くと、光に囲まれて「悪い霊」が寄って来なくなるとか、「家運」がよくなると言われるのは、このような理由があるからです。迷信ではないです。

地鎮水晶の選び方、種類

 
繁栄する家
土地の浄化
マンションの浄化
マンション室内の浄化
地鎮水晶をご購入の方には、土地・建物に合った「配置の仕方」を、親切丁寧にアドバイス致します。また間取図をチェックし、問題があれば、指摘アドバス致します。 manager@peace.email.ne.jp

水晶のパワーは、透明感よりも「石の大きさ」です。
太くしっかり結晶している水晶は、長い年月を経ているだけあって
パワーも大です。地鎮用には、ある程度の大きさの水晶玉が必要です。石が大きいほど、出力する「エネルギー量」も大です
地鎮水晶は、「パワーのある水晶」が必須です。
水晶を手にした時、暖か~いエネルギーを感じたり、指先がピリピリします。一番大事なポイントです
石の全面にインクルージョン(不純物・異物)が入った水晶は、「安かろう、悪かろう」が多く、石の波動に乱れが生じます。地鎮用には不向きです。多少のクラックは“よし”とします。

 お客さま「質問Q&A」(重要)
地鎮水晶



浄化用水晶玉30
四隅用28-29mm


四隅用31-32mm


 ↑拡大写真

四隅用水晶
お問合せ・申込み
お問い合せ

特別に「気入れ」をした水晶玉です。
土地の浄化、敷地の四隅に埋めます

(四隅)地鎮水晶 28-29㎜、四個セット 46,000円 在庫限り
パワーのある地鎮水晶です。四隅に埋める水晶は、必ずしも無色透明の高価な石である必要はありません。僅かに半透明の小さな気泡が入りますが、透明感のある綺麗な石です
以下ブラジル産、送料・税込み価格。

(四隅)地鎮水晶 31-32㎜、四個セット 61,800円 在庫限り
パワーのある地鎮水晶です。僅かに半透明の小さな気泡が入りますが、透明感のある綺麗な水晶です。インクルージョンや曇りはなく、四隅用としては申し分のない大きさです。

特価商品 五点セット
四隅用 28-29㎜ 四個、中央用 40㎜一個、計87,000円
・四隅用 30-33㎜ 四個、中央用 42㎜一個、計94,000円
四隅用はインクルージョンや曇りはなく、浄化用としては申し分のない石です。中央用は、ゴマ粒ほどの半透明の小さな気泡が一点入りますが、透明感のある綺麗な水晶です。


→地鎮水晶の大きさについて
天然の石のため、大きさに±1ミリの差があります。


昨今、水晶の品不足 が続き、入手が困難になってます。産地のブラジルでは、水晶の原石が枯渇し産出が激減。このため値段も上昇してます。必要な方は早めに連絡ください。
水晶丸玉 ←採掘の現場(外部リンク)
↓お届け用の水晶、
家は一生ものです。
水晶は「家の土台」。ある程度のご予算をかけ、しっかりした水晶玉が必要です。石が小さいとパワーも弱く、効果も半減します。四隅の石は30㎜前後から、中央用は40㎜からが理想。
手上水晶1
お届けの水晶玉は、すべて「浄化済み」です。
すぐそのままご利用いただけます波動調整済み。浄化用セージ、天然粗塩、太陽光で念入りに浄化してあります。
 地鎮水晶





AAA38mm


AAA 41-42mm


 ↑拡大写真


(台座セット付き)
中央用水晶
お問合せ・申込み
お問い合せ

特別に「気入れ」をした水晶玉です。
敷地の中央、もしくは「家の中」に配置。


中央用の石は、パワーを高めるために、ある程度の大きさが必要で、透明感のある綺麗な石を使用します。四隅用より一回り大きなもの、40㎜前後からの石を使用します。

(中央用)地鎮水晶 38㎜、45,000円 売れ切れ
小さな半透明のクラックが一点あり(効果に影響ナシ)。透明度も高く、曇りもなく綺麗な水晶玉です。土地・建物の中央に置くには、申し分のない水晶玉です。


(中央用)地鎮水晶40㎜、51,000円 在庫限り
(中央用)地鎮水晶42㎜、56,000円
小さな半透明のクラックが一点あり(効果に影響ナシ)。透明度も高く、曇りもない綺麗な水晶玉です。土地・建物の中央に置くには、申し分のない水晶玉です。


(中央用)地鎮水晶 44-45㎜、72,000円
透明度の高い、高品質の地鎮水晶です。曇りやインクルージョンはなく、地鎮用には申し分のないサイズです。40㎜以上の石は採掘量が激減し、貴重品になっています。


マンションなど、室内設置 
必ずしも建物の中央とは限らず、「気の流れ」を見て、玄関や寝室、リビング等に設置します。


※天然の石のため、大きさに±1ミリ前後の差があります。
水晶玉の効果は、必ずしも記載したような効果を保証するものではありません。

最高級地鎮水晶

お問い合せ
高品質水晶1 高品質水晶2
   桐箱入り水晶玉


中央用
(敷地、室内用)

高品質水晶
★35mm×4個、
45mm×1個



★40mm×4個、
50mm×1個



★45mm

★50mm
特別に「気入れ」をした最高級の地鎮水晶です。
(置物、観賞用の水晶とは異なります)。

水晶を設置すると、気が循環し、滞っていた気が よみがえります。水晶を置いとくだけでも「家の雰囲気」が変わってきます。居心地のよい空間が実現します。⇒水晶パワーの効果

価格は一個のお値段です。

・31-32mm 22,000円 在庫限り
・41-42mm 62,000円
在庫限り
・44-45mm 77,000円
47-48mm 95,000円


・50mm 147,000円 特価、一点物
50mm 198,000円 売却済
・60mm 290,000円 特価、一点物
63mm 320,000円 売却済
65mm 350,000円 売却済
・75mm 792,000円(お取り寄せ、鑑別書付)一点物
・77mm 820,000円(お取り寄せ、鑑別書付)一点物
・86mm 1330,000円(お取り寄せ、鑑別書付)一点物

特別に祈願・祈祷!
あなたの願いを水晶に込めます。無料!


大玉水晶(大サイズ)は、「玄関や床の間、神棚」に置いて、お家の「御守り」として設置できます。

地鎮水晶は「天然の水晶」であることが必須です。
お届けの水晶玉は、すべて「浄化済み」です

水晶玉を置いてある家は…
光に囲まれて「悪い霊」が寄って来なくなる、「家運がよくなる」と言われる。室内に 暖かな「良いエネルギー」が流れ、争いごともなく、家族円満、離婚も少ないと言われる。こうしたことも水晶の人気に繋がっています。
 ★床の間、神棚、家の御守り、→画像拡大写真
大玉水晶 大玉水晶2
桐箱の見本
贈答用の場合、桐箱をご用意

鑑定書付き

  水晶玉の「真偽」の見分け方

.

水晶の取扱い方

水晶は「感応力」が高く、手が触れただけで、その人のエネルギーが水晶に付着します。それが「心ある人」であれば幸いですが、性格の悪い人が触れると、そのエネルギーも付着する。また売れればよいの「利益目的」だけでの業者であれば、マイナス・エネルギーとなって付着してしまう。水晶ではなく、それを取り扱う「人の問題」です。。 注意!水晶を埋めるまでの間、他人が触れないようにご注意ください。

地鎮水晶の埋め方は、取り扱う「お店や風水師」によって異なる。埋める順番に決まりはなく、実際はそれぞれの「流儀・考え」で行われています。分からない事があれば、水晶の購入先に相談なさるのが一番です!

 

深さは30cm前後

地鎮水晶の埋め方・進め方

敷地の四隅に四個、中央に一個を埋めます、これが「基本的な埋め方」です。埋める深さは30cm前後。土地建物によっては、敷地の中央ではなく、室内(玄関やリビング等)に設置します

水晶玉の埋め方
別途、「書面」に記したものをご用意してます。
ご欄になれば、難なくできます。
地鎮祭・上棟、吉日カレンダー

地鎮祭

 祭壇
包装用
クッションシート

【地鎮祭】

地鎮祭(じちんさい)は、施工業者に相談すると、段取りを取り揃えてくれます。その土地の「氏神様」がよいです。アルバイトの神主さんは×。地鎮祭では、土地の浄化(お清め)と、工事安全も祈願するので、施工業者も大賛成です。費用は地域によりますが、3万5千円~5万円が相場で、吉日の午前中がよいです。地鎮祭と土地の浄化!

地鎮祭を行ってない場合は
土地の「氏神様」にお参りし、この地に家を建て、住まわせて頂くことを報告します。地鎮祭の代わりに「土地祓い」を行い、その後に水晶を埋める。

【水晶の取り扱い方】
地鎮祭の際、お皿の上に白いタオルを敷いて、そこに地鎮水晶を置きます。祭壇に水晶を「お供え物」として奉げ、地鎮祭が終わると水晶を下げ、後日、改めて埋めます。

水晶発送の際は「クッションシート」に包んでお届けします。水晶は「浄化済み」なので、そのまま埋めることが出来ます。

※(決まりではありませんが)水晶を埋める際、白い布(さらし)や「ハンカチ」で包みます。巾着袋に入れたり、(雨に濡れるのを防ぐために)ビニール袋に入れる人もいる。気持ちの問題です、効果に影響はありません。水晶を思いやる気持ちがあれば、水晶も大いにパワーを発揮するでしょう。



.

整地工事

整地

基礎工事
 
外構工事

コンクリートブロック

地鎮水晶を埋めるタイミング

(地鎮祭の時は水晶を埋めません)。地鎮水晶は「基礎工事」の際に埋めます。基礎工事では深く掘り下げられるので、その前に水晶を埋めると、掘り返されて水晶が行方不明になることがある。注意!

タイミングとしては、基礎工事の下地作業(石や砂利を敷く作業)の時、地鎮水晶を埋めます。コンクリートを流す前です。施工業者に話しておくと、うまく取り計らってくれます。仮に、コンクリートを流した後になった場合でも、掘削機で「穴あけ」ができます(水が溜まらないようにする)

前もって施工業者に話しておくのが一番です。どのタイミングがよいか、アドバイスをくれます。現場の人に声をかけておくのが一番安心です。

家の新築には、水道・ガス管の配置や、塀ブロックなどの「外構工事」が伴います。その際、四隅が掘り返され、地鎮水晶が行方不明になることがある。このような場合、四隅の水晶は外構工事の後に埋めます

敷地が「コンクリート」で覆われている場合、
このような時は「ブロックや鉢植え」を置いて、その中に地鎮水晶を入れます。これで四隅の「気のライン」がつながって、エネルギーの流れができます。


鎮物(しずめもの)

・地鎮祭の時、鎮物を埋めるのですか?

地鎮祭では 何も埋めません。
地鎮祭が終わると、神主さんから「鎮物」(しずめもの)が渡されます。鎮物は「工事の安全と、家の完成後の家族の安泰と幸福」を願ったもので、「基礎工事の際に埋めてください」と言われます。通常は施工業者が「家の中央」に埋めます(中央用の
水晶と同じ場所になることがある)

 
 

地鎮水晶のサイズ、大きさ

●水晶玉の大きさ
地鎮水晶は、透明度よりも「石の大きさ」です。
水晶玉の大きさはパワーに関係し、石が小さいと、どうしても「パワー不足」になる。正直、効果を期待するのは難しいと思います。「土地の広さ」にもよりますが、四隅用は最低でも27-28㎜くらいは必要です

理想的には、四隅の石は30㎜前後から、中央用は40㎜から。
今、原石の枯渇で、水晶の入手が難しくなってますが、家は一生もの、ある程度の予算をかけ、しっかりした水晶玉を使うのがよいです

★例えば、樹木の場合、太く大きな「木」は勢い、樹勢(じゅせい)があり、エネルギーも大です。これに対して、細い木、若木は弱々しく、パワーが劣ります。地鎮水晶でも同じような現象が見られます。

石サイズが大きいと、放出する
「エネルギーの容量」も大です。太くしっかり結晶している水晶は、長い年月を経ているだけあって、パワーも大です。石が小さいと、どうしても「パワー不足」になる

パワーが不足すると、「浄化」が不足となり、土地に「悪気」が溜まったりします。こうなると逆効果です。

住む地域によって異なりますが、敷地面積が45~70坪くらいであれば、四隅用は1寸(30㎜)が理想。敷地が広く「長方形」の場合は、六個くらい必要になります。

「水晶さざれ石」は、水晶玉のような「気の循環」が起きません。
また「さざれ石」は、「形」の異なる石や、「品質」の異なる石が混ざるため、石の波動が不安定になったりします。地鎮用には不向きです。

 

鑑別書付き、水晶丸玉

天然石 検定協議会会長、飯田孝一氏の鑑別機関
『日本彩珠宝石研究所』による鑑別。
ミニ鑑別書セット
鑑定書付きの水晶玉を希望の方はご連絡ください


お客様からのお便り、感想

   
   
拡大写真

四隅用水晶
30-32㎜サイズ
拡大写真

中央用水晶
40-42㎜サイズ
 21/05/25タイトル変更