風水研究所
家の中心の取り方

建物の吉凶を見定めるには、中心を、どこに取るかかが一番大切なポイントになる。
物事すべて、中心が定まらなかったり、中心が間違っていたりすれば、すべてが狂うのと同様に、適切な方法をもって中央を定め、方向を選ぶことは風水、家相の根本である。

まずは家の中心を調べます。(マンションの場合も、自分の部屋全体の中心です)。

その「中心」から見た場合の各部屋の方位、これが風水・家相の「方位」です。正確に測るには、「方位磁石」が必要になります。

中心が分かったら、次に各部屋がどの方位に位置しているかを調べます。玄関の方位、居間の方位など・・・・
 ● 平面図(間取り)を書く際の注意。

★相談の際に、パンフレット等があれば、お持ちください。

◇黒色の鉛筆やペンで、定規を使ってお書きください。手書きOK。
(FAXで送る場合はA4サイズ)
  
◇記入の際に、1階、2階の区別をして記入ください(マンションも同じ)。
「北の方位」
を必ず書き入れてください。

◇室外に池、庭、植木、車庫、ベランダ、物置などがあればこれを記入。
(隣接する建物、近くに大きな建物があれば、これもご記入ください)

◇大きな家具、仏壇、神棚、 電化製品(大きなもの)も記入してください。

◇新築の時期、増改築の時期(リフォーム)、転居・引越しの時期や方位などは、世帯主の生年月日(運勢)との関係から見ていきます。念のため、ご家族全員の生年月日をお書きください。

◇引越しの場合は、方位を調べるために、現住所と移転先の住所が必要になります。