本命卦に戻る
(住宅、マンションの選び方)


住む家(部屋)を選ぶ方法として、本命卦(ほんめいけ)と宅卦(たくけ)の一致がある。人の本命卦に吉凶があるように、建物にも吉凶がある。本命卦は個人の生まれ持った吉凶方位を表し、宅卦建物自体の吉凶方位を表す

この本命卦と宅卦の関係は、「住む人と、家との適合性」を表し、
両者の「吉方位」が重なっていれば、住む人にとって「良い家、よい部屋」になります

本命卦は、 吉方位が東側(北、東、南東、南)に位置する東四命(とうしめい)と、吉方位が西側(北東、南西、西、北西)に位置する「西四命」(せいしめい)に分けられる。
(東四命とは・・・本命卦が「震命、巽命、離命、坎命」の人)。
(西四命とは・・・本命卦が「坤命、兌命、乾命、艮命」の人)。

「宅卦」も同じように、吉方位と凶方位の位置によって、「東四宅と西四宅」に分けられる。
東四宅とは・・・震宅、巽宅、離宅、坎宅、
西四宅とは・・・坤宅、兌宅、乾宅、艮宅、

見るポイントは、本命卦と宅卦の「吉方位」が、(どの程度)重なっているかです。

結論・・・・

・本命卦が震、巽、離、坎の東四命の人は、東四宅に住むのが「吉」、
・本命卦が坤、兌、乾、艮の西四命の人は、西四宅に住むのが「吉」、

以上のことから、命卦と宅卦の関係は・・・
東四命の人が東四宅に住み、西四命の人が西四宅に住むと、本命卦と宅卦の吉方位が重なる。逆に東四命の人が西四命宅に住み、西四命の人が東四宅に住むと、本命卦と宅卦の吉方位と凶方位が「相反」することになる。住む人と建物の「不適合」です

事例 @、本命卦が坎(かん)の人の方位の配置。
南東 南西

本命卦が「坎」の人は、吉方位が東側に並び、
東四命グループになります。

※ 中国占術では東・西、南・北が
逆になります。

生気 延年 絶命
天医 渦害
五鬼 伏位 六殺
西
北東 北西

事例 A、宅卦が艮宅(ごんたく)の人の方位の配置
南東 南西

宅卦が「艮」の人は、吉方位が西側に並び、
西四宅グループになります。


絶命 渦害 生気
六殺 艮宅 延年
伏位 五鬼 天医
西
北東 北西

上記の表から分るように、本命卦が「坎」の人(事例@)が、「艮宅」(事例A)の建物に住むと、吉凶方位が一致しません。不適合です。(ピンクの文字と、黒い文字の位置が逆で、重なりません)。住む人には「よい家、よい部屋」とはなりません。吉方位が一致するには、東四命の「坎」人は、東四宅に住むと「吉」が重なる。

本命卦が東四命、宅卦が東四宅の人。 本命卦が西四命、宅卦が西四宅の人。
両者は吉方位(ピンク色)が重なる。

両者は吉方位(ピンク色)が重なる。


本命卦と宅卦の「吉方位」が重なるのを、宅命相配(たくめい そうはい)と言い、「上吉」とされます。これが風水を活用した住む家(部屋)の選び方です。但し、マンションの部屋選びの際は、「日当たり」なども考慮する必要がある。

吉方位の一致。しかし、現実には簡単にいかないことが多く、ましてや家族で一緒に住む場合は全員が一致するのは非常にまれです。この場合に、次善の方法として「屋命相配」(やめい そうはい)と、「床命相配」(しょうめい そうはい)がある。

「屋命相配」は、本命卦を優先し、本命卦の吉方位の部屋を使用する方法で、「中吉」とされます。屋命相配も難しい場合は、部屋の小太極(中心)を取り、本命卦の吉方位に合わせ、「吉方位」にベットを配置します。これを床命相配と言い、「小吉」とされます。

家族で暮らしていると、当然のように本命卦が異なってきます。その場合、家族の中心になる人、主導権を握っている人の本命卦を優先して見ます。一般的には夫や父親になります。但し、妻の収入が圧倒的に多いとか、家の中の事はすべて母親が決めているなどの場合は、ケースバイケースです。

本命卦は、自分の部屋のインテリアの配置にも使います。個別の室内でのインテリアの配置は、各部屋ごとの中心から見ます。宅卦と本命卦がどちらも吉方位に当たれば、良い部屋です。

逆に、どうしても凶方位になってしまい、部屋の折り合いがつかない場合がある。そのようなときは、トラブル・災難を除けるための御札(おふだ)や鎮宅霊符を、大凶とされる部屋に貼付するのがよいでしょう。浄化用の「水晶さざれ石」を置くのもよいです。


宅卦と玄関の向き

玄関の向き   宅 卦 グループ
北向き 離宅(りたく) 東四宅
北東向き 坤宅(こんたく) 西四宅
東向き 兌宅(だたく) 西四宅
南東向き 乾宅(けんたく) 西四宅
南向き 坎宅(かんたく) 東四宅
南西向き 艮宅(ごんたく) 四西宅
西向き 震宅(しんたく) 東四宅
北西向き 巽宅(そんたく) 東四宅
  
宅卦は「玄関の向き」であり、簡単に言えば、(外へ出て)玄関のドアを背にして立ったときの顔の「向き」のことです。あなたの「顔」がどの方位に向いているかです。(したがって、家の中心から測ったときの方位ではありません)注意!

例えば、玄関に立って背にしている方向が北(座)で、正面を向いている方向(向)が南であれば、住宅の宅卦は「座北向南」で、東グループの「坎(かん)宅」になる。


宅卦の吉凶

この宅卦を用いた吉凶は、ほぼ命卦のものと同じです。

宅卦 東北 東南 西南 西 西北
坎(かん) 伏位 五鬼 天医 生気 延年 絶命 禍害 六殺
離(り) 延年 禍害 生気 天医 伏位 六殺 五鬼 絶命
震(しん) 天医 六殺 伏位 延年 生気 禍害 絶命 五鬼
巽(そん) 生気 絶命 延年 伏位 天医 五鬼 六殺 禍害
乾(けん) 六殺 天医 五鬼 禍害 絶命 延年 生気 伏位
兌(だ) 禍害 延年 絶命 六殺 五鬼 天医 伏位 生気
艮(ごん) 五鬼 伏位 六殺 絶命 禍害 生気 延年 天医
坤(こん) 絶命 生気 禍害 五鬼 六殺 伏位 天医 延年
                    本命卦に戻る