リンク情報
「本命卦」の出し方!
部屋の配置と吉方位
住宅、マンションの間取り

→風水研究所

プランタ画像
玄関1 リビング
 「自分の方位」を調べましょう!

 本命卦は、「あなた個人」の方位です!


人それぞれ顔形や個性、運勢が異なるように、個人の「吉凶の方位」 も人によって異なる。これが中国伝来の「風水」の特徴です。

古代中国では、人は「自分の誕生日」を選んで生まれてくると言われる。人間が地上に生まれたとき、「地球の磁場」の影響を受け、自分の体内磁場を作ると言われる。この生まれつき備わった磁気を感応する「気質」のことを本命卦(ほんめいか)と言う。

あなたが生まれた日の地球の磁場の状態です→地磁気データ
(出典:気象庁地磁気観測所、地磁気データより)

風水では、宇宙に存在するすべての事象は、「八卦」と呼ばれる「8タイプのエネルギー」に分類される。私たち人間も、「生まれた年、性別」によって、以下の8つのグループ(本命卦)に分けられる。

「乾(けん)、兌(だ)、離(り)、震(しん)、巽(そん)、坎(かん)、艮(ごん)、坤(こん)」


「本命卦」(ほんめいか)は、生まれた年で決まり、各人の「吉方位、凶方位」も本命卦によって異なる。






  自分の「方位」を調べましょう!

  @ステップ1−自分の出生年から「本命卦」を調べる。

  Aステップ2−本命卦が表す「吉凶方位」を調べる。
   (これがあなた個人の吉、凶方位です)

本命卦
本命卦は、あなた個人の「吉凶」方位です。

本命卦は生年月日を基にして、「数式」で計算して出しますが、見やすいように「簡易版」
として、下記のように表しました。

 【本命卦早見表】
 生まれた年の本命卦(ほんめいか) 男性 女性
 昭和12、21、30、39、48、57、平成3年、12、21 離(り) 乾(けん)
 昭和13、22、31、40、49、58、平成4年、13、22 艮(ごん) 兌(だ)
 昭和14、23、32、41、50、59、平成5年、14、23 兌(だ) 艮(ごん)
 昭和15、24、33、42、51、60、平成6年、15、24 乾(けん) 離(り)
 昭和16、25、34、43、52、61、平成7年、16、25 坤(こん) 坎(かん)
 昭和17、26、35、44、53、62、平成8年、17、26 巽(そん) 坤(こん)
 昭和18、27、36、45、54、63、平成9年、18、27 震(しん) 震(しん)
 昭和19、28、37、46、55、平成元年、10、19、28 坤(こん) 巽(そん)
 昭和20、29、38、47、56、平成2年、11、20、29 坎(かん) 艮(ごん)

本命卦は性別で異なる。年の起点は諸説がありますが、ここでは年の境目を立春(2月4日)にしてます。 このため、1月生まれや、2月の4日前に生まれた方は、前の年の本命卦となる。(例、昭和51年2月1日生まれの女性は、昭和50年生まれとみなし、艮命になる)

日本の家相では、『北東が鬼門』で大凶とされますが、本場の中国風水では、鬼門を重視しません。生まれた年で方位が決るので、人によって北東が吉方位となる場合もある


 本命卦が示す「吉凶方位

風水では、「本命卦」に合わせて、「部屋の配置」を決めます。
下記は、「家の中心」から見た場合の方位です。マンションの間取りの場合も同じ。
(下記は最もポピュラーな「八宅派」の本命卦です)。
●「東四命」(とうしめい)グループ…全体的に、吉方位が東側に位置します

     震(しん)が本命卦の人  


    巽(そん)が本命卦の人


     離(り)が本命卦の人

     坎(かん)が本命卦の人


例えば、本命卦が「坎の人」

例えば、玄関は南東(生気)の最大吉に配置し、家の中に気が入るようする。リビングは延年(中吉)にし、、家族円満になるようにする。

寝室は天医(東)の大吉、台所・ダイニングは北の伏位(小吉)〜北西の六殺(中凶)に配置し、浴室やトイレは禍害の西(小凶)に、納戸などの収納スペースは最大凶の南西に配置。

二階の寝室は南東(生気)の最大吉にし、健康増進の運気を期待。子供部屋は二階の東の大吉にするのもよいです。

★本命卦は、吉方位が東側に位置する「東四命」(とうしめい)と、吉方位が西側に位置する「西四命」(せいしめい)に分けられる。




 生気(せいき)最大吉、活動的で最もよい方位
 天医(てんい)大吉、健康に恵まれる方位
 延年(えんねん)中吉、人間関係がよくなる方位
 伏位(ふくい)小吉、家庭と仕事を円満にする方位

 絶命(ぜつめい)最大凶、大きなダメージを受けやすい方位
 五鬼(ごき)大凶、事故や怪我、人間関係に煩わされる方位
 六殺(ろくさつ)中凶、不安定でミスやトラブルが多くなる方位
 禍害(かがい)小凶、ケガや事故に遭遇しやすい方位

「西四命」(せいしめい)グループ…全体的に、吉方位が西側に位置します

    坤(こん)が本命卦の人


    
兌(だ)が本命卦の人


    
(けん)が本命卦の人

    艮(ごん)が本命卦の人

例えば、本命卦が「艮の人」

玄関は最大吉の南西(生気)に配置し、家の中に気が入ってくるようする。寝室は延年(西)の中吉にすれば、夫婦仲も円満。

台所は北東の伏位(小吉)が落ち着くでしょう。子供部屋は天医の北西がお勧め、集中力が高まります。

台所は東の六殺(中凶)、浴室やトイレなどの水廻りは、南東の絶命(最大凶)か、北の五鬼(大凶)でよいでしょう。凶作用は水と一緒に流すのが風水。禍害に大きな家具や収納スペースに当てれば、運が向上すると言われる。

 部屋の浄化


→盛塩セット



→水晶さざれ石


かの有名なマイクロソフトの「ビル・ゲイツ氏」は、北京オリンピックのとき、超豪華マンションを借りる際に、風水師に見てもらったと言われる。そのとき使ったのが「本命卦」です。ビル・ゲイツ氏は、1955年10月28日生れで、本命卦が「離」(り)

★家族で「本命卦」が異なる場合。
家族で暮らしていると、当然のように本命卦が異なってきます。その場合、家族の中心になる人や、主導権を握っている人の本命卦を優先します。一般的には夫や父親になります。但し、妻の収入が圧倒的に多いとか、家の中の事はすべて母親が決めているなどの場合は、ケースバイケースです。


本命卦は、住宅やマンションを選んだり、部屋を配置する場合に活用できます。 より正確な部屋の配置を考えるなら、本命卦と宅卦(たくか)の吉方位の一致です。これで「住む人と、建物」の相性をみます。→本命卦と宅卦

● 部屋の配置と吉方位


原則として、玄関、居間、寝室、子供部屋などは、「吉方位」に配置します。
方位は、家の中心点(太極:たいきょく)から測ったときの方位です。
→吉方位に配置する部屋


玄関やリビングは、その家に住む人全員に作用します
寝室や子供部屋は、その部屋を使う人にだけに作用します
【吉方位】

○生気(せいき)…最大吉
生命エネルギーが増大し、パワーが増幅される「最強の方位」です。活気に満ち、自信にあふれ、何事に対しても積極的になれる方位です。。生命力、活気、発展、積極性、活発、前進、創造などの意味がある。(ただし、マイナスエネルギーを強めると言われ、病気の人には適しません)。

○天医(てんい)…大吉
健康に不安を抱えている人、体調不良の人はこの方位が大事です。
寝る場所や方位を変えることで、「気の流れが変わり」、体にはプラスになる方位です。健康、学業、仕事、財産などの意味がある。この方位は集中力が高まる方位で、受験や勉強、仕事で成績を上げたい場合は、天医に勉強部屋や書斎を置きます。

延年(えんねん)…中吉
人間関係がよくなる方位です。物事が持続し、調和の方向に働きかける方位です。和合、成婚、協調、中富などの意味があり、恋愛ならこの方位を大事にすること。「延年」は、恋愛運・結婚運を高めると言われる。この方位を整理整頓し、花瓶と花で飾りましょう。眠るときは、この方位で寝るのもよいです。

○伏位(ふくい)…小吉
家庭円満、平穏無事の「小吉」の伏位です。大きな成功は望めませんが、安定できる方位です。力強さはありませんが、物事を安定に向わせる方位です。平和、安定、地道、小富などの意味がある。地道に努力することで、勉強や仕事の成果が着実に上昇。

風水では、恋愛運に関わる方位を「桃花(とうか)方位」と呼びます。
「桃花方位」の出し方には、四つの方法がある。@「本命卦の
延年」、A「宅向の桃花方位」、B「飛星」、C「干支」がある。このうち「本命卦の延年」、「宅向の桜花方位」が代表的です。注意!@〜Cの方位の出し方によって、桃花方位も異なります。自分に合ったやり方を選ぶのがよいです。

インテリアの配置
本命卦は、「インテリアの配置」にも使います。「各部屋ごとの中心点」(小太極)から方位を測ります。パソコンやテレビなどの磁気を発する電気機器は吉方位に、ベットや机も吉方位に配置します。本棚やタンス・ボード類は凶方位に置きます。。



【凶方位】

※トイレや風呂、台所は「凶方位」になってもよい場所です。納戸などの収納スペースも凶方位になってもよい場所です。 凶方位で眠ったり、長く過ごすると、ダメージを受ける言われる。→凶方位に配置する部屋

■絶命(ぜつめい)…最大凶
生命力・活力が減退し、障害も多く、大きな混乱を引き起しやすい 最大凶の方位。。災難、誤解、疑い、孤立に注意。原因不明の病気、思わぬ事故やトラブルに巻き込まれたり、精神的な混乱を招くこともあると言われる。

玄関や寝室は、できるだけ避けてください。重い病気や「うつ状態」の人は、この方位で寝ないこと。絶命の方位の部屋では、あまり長く過ごさないようにしましょう。化殺という方法を取ってください。→風水改善法

■五鬼(ごき)…大凶
突発的なトラブルを招きやすい方位です。ちっとした気の緩みから、突発的な凶作用を引き起こすことがあり、交通事故やケガには注意。精神的な不安に襲われることもあり、気が高ぶり、怒り、いらだち・不満が多くなり、攻撃的になることもある。対人関係、人との争いごとには注意が必要。

■六殺(りくさつ)…中凶
不安定で落ち着かなくなる方位です。無気力・無責任になって失敗しがちな方位です。人との争いごとで不和になったり、自暴自棄に陥ったりするので、注意が必要。賭け事にはまりやすく、借金に注意。男女関係のトラブルが深刻になることもある。

■禍害(かがい)…小凶
些細なトラブルに悩まされる方位です。方位からの影響は大きな影響はありませんが、長期間続くと、自信を失いやすくなる。また疲れやすくなったりしますので、怪我や事故や災難には注意が必要。


家族の本命卦がバラバラです、どうしたらよいでしょうか?

これは結構多い相談内容です。
基本的に、一家の大黒柱(ご主人)を基準にします。例えば、受験の子供がいる場合、その年は子供を中心にして部屋を配置します。また家族の中で、病気の方がいたら「天医」に、運気が低迷している人がいれば、その人の「運気を高める」ために、優先的に部屋の配置を決めます。絶命の方位は、(できるだけ)家族の誰にも当たらないよう、部屋の配置を決めます。


「絶命への対処」
敷地や間取りの関係で、玄関や寝室がどうしても最大凶(絶命)になってしまうことがある。対策は限られますが、災難除けのための御札や鎮宅霊符を部屋に貼る。あるいは浄化効果がある水晶玉や「水晶さざれ石」を設置するなど、何らかの対策が必要です。

「絶命、大凶」と言われれば、気になるのは仕方がありません。しかし過度に気にすると、悪いことに「波長」が合ってしまい、凶エネルギーを引き寄せてしまうことがある。逆の意味の「引き寄せの法則」です。人の及ぼす意識作用、こちらの方が要注意です。「ポジティブな気持ち」でいることが何よりも大事です

→風水研究所
2016年 開運カレンダー

開運NO-1 白蛇財布

売上げNO-1 金唐草

風水四神 財布

京友禅染め財布

幸せのたまる財布