運気アップの風水 風水研究所
開運、運気を上げる方法



−運気上げる方法−


仕事、恋愛・結婚・・・人間誰にでも、低迷する時期がある。
時には、何をやってもうまくいかず、落ち込んでしまいます。
不運が続くと、なかなか抜け出せないこともあり、余計に不安になりがちです。

運気とは、簡単に言えば、その人の中から現れ出たもので、これまでの生き方や考え方など、それ相応に反映されたものが現れてくる。運気を上げるために、パワースポットに行ったり、神社にお参りしたり、また吉方位(祐気取り)に行くことで、ある程度の効果は期待できますが、これだけでは十分ではありません。。

運気を上げるには、まずは身の回りの掃除、部屋の「リフレッシュ」です。
部屋が汚れていたり、乱雑になっていると、ゴミの匂いや古い物の匂いが漂い、「悪気」の溜まり場になってしまう。このような状態だと、運気を上げるのは難しいでしょう。特に、寝室の掃除は念入りに行うこと。

部屋を掃除すると、部屋の「気」が変わります。掃除をして「汚れた気」を取ることで、「生気」がよみがえってきます。風水には、「運が悪ければ、水回りを掃除せよ」という言葉があるほどです。水回りを清潔にすることは、「運気を上げる」ことにもつながり、掃除・整理整頓はそれほど大事なことです。→水廻りの掃除

部屋の掃除をしたら、次は「心の掃除」です。
運気アップで大事なのが「人の部分」で、これなくして運気を上げるのは難しいでしょう。運気を上げるには、まずは「運気を下げるような事をしない」。人の嫌がることをしない、人の悪口を言わない、人から嫌われるようなことはしない。

例えば、どこの会社にもいますが、人の悪口を言って喜んでいるような善男善女?。悪口を聞かされる方はうんざりですが、問題は、たとえ相手に合わせて「愛想笑い」をしていても、側にいる人は、間違いなく影響を受けてしまうのです。悪口を言う人が発する悪気(マイナス運)に巻き込まれてしまうからです。

悪口を言うと、言った当人の「波動」が落ちます。スピリチュアルな世界に関心がある人は、「自分の波動を上げる」ことに関心を持ちますが、人の悪口や批判は厳禁です。間違いなく波動(エネルギー)が低下します。

仏教には、『一切、人を評価するな』という教えがある
「人を悪く言わない」、「心の中で悪く思わない」、
これを徹底すると、「魂は飛躍的に進化」すると言われる。逆に、悪口を言ったり、
人を見下したりすると、その人のエネルギーは確実に落ちてきます。

意地悪をしたり、悪口を言うような人は、人から嫌われます。嫌いな人には、”悪くなれ”と思うのが人の心です。その結果、イジワルをする人は、「無言のエネルギー」を浴びることになり、どんどん運気が下がっていきます。

よく見ると・・・「幸せな人」は人の悪口を言いませんね。
人の悪口ばかり言う人は、その逆です。

古来より、日本では「言霊」(ことだま)という言葉があり、「言葉には霊が宿っている」と信じられ、言葉のもつ不思議な力に気づき、大切にしてきました。何げなく発した言葉の一言にも、たくさんのエネルギーが詰まっています。そして「愛、感謝」のようなプラスの言葉を発していると、その人のエネルギーが高まり、運気も上がっていく。悪口はその逆です。




 運気を上げる


風水の世界では、よく言われることですが・・・運気を上げるために、いくら風水をよくしても、「吉方位」に動いても、本人の「器」(うつわ)以上のものは手に入らない、本人の意識レベル以上のものは手に入らない、と言われる。

風水をよくすることで、その人の持っている器(うつわ)いっぱいに、気が流れるようにすることができます。しかし、「器の大きさ」を変えることはできません。器の大きさが同じであれば、せっかく「よい気」がやってきても、器から流れ落ちるでしょう。たとえ効果があっても、一時的で終わってしまいます。

風水や占いは、それによって、その人の運勢を好転させていただくものですが、基盤となるのは、その人の「考え方や生き方」で、それゆえ、受け取る「ご利益」も、その人の器(うつわ)の大きさに左右されることになる。

運気を上げるために、いくら風水アイテムを取り揃えても、それだけでは限界がある。また、いくら方位や間取りが良くても、それだけでは限界がある。たとえ風水的に完璧な家であっても、住んでいる人に問題があれば、考え方に無理があれば、うまくはいきません。

やはりここは、ふだんからの「心がけ」が大切!

自分を磨く、いわゆる「徳」(とく)ということが入ってきます。
というのは、風水はもともと、「どうやって大自然に適応したら、自然の恩恵を受けることができるか」という、古代の人々の知恵から発生した「環境開運学」です。

ここには、風・水・地、衣食住を含めた自然、そして人間も自然の一部であり、人を取り巻く人間関係も含まれます。すなわち、目に見えるもの、見えないもの、生きとし生けるものすべてが含まれています。そしてこの中で、人は生かされています。

私たち人間に「いのち」を分け与えてくれる「食べ物」、しかりです。
さらには、ご先祖さま、両親、兄弟など、 たくさんの「命のつながり」の中で、人は生かされています。ですから、まずは生きていること、生かされていることに感謝です!

 ・自然の恵みに感謝する!
 ・生きていることに感謝する!
 ・両親、家族、隣人に感謝する!
 ・今日一日に感謝する!

自然を大切にする。そこに住む人々を大切にする。
家族、隣人を大切にする。


こうしたことに目を向けることで、心が広がり、器も大くなり、より多くのものを受け取ることがでるようになる。これだけでも変化が訪れます、確実に運気が上がります。仕事も恋愛運もアップするでしょう。運気を上げるには、まずは自分を磨くです。


 最高の笑顔

開運竹(ミリオンバンブー)

あなたの笑顔にありがとう!
人と出会ったとき、やさしい笑顔で挨拶しましょう。
笑顔は、出会った人の心を温かくさせてくれます。

自分の最高の笑顔を向けましょう
そうすれば、自分も周りの人も、みんな楽しくなります。
笑顔はどんどん伝染して、たくさんの笑顔、たくさんの人に繋がっていきます。。
運気を上げるなら、まずは「笑顔」からです。

困っている人、体の不自由な人がいたら、手を貸してあげましょう。
人にしたことは、いつか”自分”に返ってきます。

昔の人は言いました・・・・
『自分の身から出たものは、いずれ自分に返ってくる』と。
また、『己(おのれ)の欲する所を 人にも施せ』と。


『ちょっとした親切、行い・・・』。
あなたが友人にやさしくしてあげると、今度はその友人が誰かにやさしくしてあげます。 そして今度は、その誰かが”別の誰か”に手を差し伸べます。それが「ドミノ倒し」のように続いていきます。そして、最後には振り出しに戻って、「最初のあなた」に戻ってきます。


あなたが何かに困ったとき、きっと誰かが手を差し伸べてくれるでしょう。(それは見知らぬ人かもしれません)。誰かのちょっとした行いで、みんなが幸せになっていく。そんなふうにして感謝の輪が広がり、人と人がつながっていって、みんなが幸せになっていけたらいいと思う。

日本語に「ありがとう」という言葉があります。人が「ありがとう」と感謝を表すとき、その瞬間に私たちの体を取り巻く「オーラ」も光り輝きます。心から感謝を表すとき、ハートが開き、オーラも浄化され、波動も、運気も上がっていきます。

人は感謝しているとき、笑顔しているとき、最高にいい波動(エネルギー)が出ます。そして、人から感謝されたときは、その「最高のエネルギー」を受け取るのです。プラスの運気をいっぱい受け取ることになります。これが最高の運気アップ法で、運気を上げる最善の方法です。

自然な笑顔、温かな言葉、思いやりの心、それがあなたの内面を輝かせ、幸運を運びます。。ですから、ほんとうは運気を上げるために、とりたてて何かをする必要はなく、ふだんの生活の中での「心がけ」で、自然に運勢が高められてくるのです。それは毎日の生活の中にあります。これが開運の一番の近道で、究極の開運法です!

この大宇宙には、目に見えないエネルギーが満ち溢れています。
もし、あなたが受け取る準備ができていれば、その恩恵がいっぱい降り注ぐことになります。そして仕事も恋愛運もアップし、すばらしい幸運が訪れるでしょう。

最後までまで読んでくれて、ありがとう 感謝!
           
あなたへのプレゼント!

→願望実現の法則


天才脳機能学者、苫米地英人
『モチベーションアップ&キープ』特殊音源CD



記載内容にご質問などがありましたら、HP管理人までお問合せください。
manager@peace.email.ne.jp 
風水財布選び方
金運財布の色
財布プレゼント