風水トイレの凶対策

風呂浴室2 風水研究所


風呂・トイレの凶対策

風水の基本は掃除、整理整頓。
「悪気」が溜まらないように、こまめに掃除をして清潔に保つ。
これが何よりも大事なことで、これが一番の対処法で、「凶対策の基本」。

鬼門の場合も同じす。清浄に保つことで、悪気の進入を抑えます。
鬼門に当たる場所は整理整頓し、キレイに掃除して清潔に保つことで、凶意が和らいできます。これが一番大事なことです。また鬼門のライン上には、ゴチャゴチャと物を置かない、気の流れが滞る原因になる。

不用、古くなったものは捨て、整理整頓です。
物が多いと、どうしても「気の流れ」が遮(さえぎ)られ、滞ってきます。人間の体で言えば「血行不良」です。また部屋が汚れていたり、乱雑になっていると、ゴミの匂い、古い物の匂いが漂い、負のエネルギーが発生します。(風水以前の問題です)

特に、トイレは「悪気」が溜まらないように注意をする。
なぜかと言うと・・・

風水には、「流れる氣は、水のある所に止る」という言葉がある。
気と水の親和性で、
「水」はあらゆる物質の中で、最もエネルギーを吸収しやすい物質で、よい気も悪い気も吸収する。水の効用・効果

気は水に感応する。「汚れた水」があると、そこに「悪気」が集まりやすくなります。これが問題です。汚れ物をためて置くと、余計に悪気がたまり、負のエネルギーの発生源になる

だからこそ、
水回りは清潔にして、悪気が発生しないようにします。
風水で掃除、整理整頓を重視するのは、このような理由からです。


・トイレは清潔に保つ、
・入浴後のお湯は溜めたままにしない、
・台所の食器の汚れ物をそのままにしない、


風呂場は、体を清める沐浴(もくよく)の場でもある。
家の中で最も「水気」が多い場所で、「感応力」も高い場所です。
それゆえ、最も「汚れ」を嫌う場所でもあり、清潔に保つことが大事です。


風水には、「運が悪ければ、水回りを掃除せよ!」という言葉がある。
「水回り」を清潔にすることは、「個人の運気」にも関係してきます。

運気アップを願うなら、まずは掃除をして、悪気を家の外に出す。
部屋をキレイに掃除をすると、「部屋の気」も変わってきます。

部屋が汚れていると、悪気が溜まります。
体だけではなく、「精神状態」にも悪影響を与えます。掃除ができないときは、窓を開けて空気を入れ替えする。滞った気を外に出し、「新鮮な空気」を家の中に取り入れる。これだけでも効果がある。


・血液の流れが悪いと、人は病気になります。
・澄み切った水も、たまると腐ってきます。
・お金の流れも停滞すると、不景気になります。
・気の流れも滞ると、悪気が溜まります。
すべては循環です。

関連情報


風水、トイレ風呂の場所・方角

玄関の風水

寝室の風水

家相の鬼門・裏鬼門

家相診断、張り欠け

家相の理想の間取り

風水と観葉植物の効果、玄関・リビング



風水科学の「メカニズム」について

異説・中国風水

風水とスピリチュアル

風水コラム


運気を上げる方法・

日本パワースポット





トイレは、なくてはならない場所ですが、昔から置き場所には苦労したようです。現在はどこの家も「水洗トイレ」になり、換気設備も整い、大凶とされる要因も薄まり、掃除をして清潔に保っていれば、大して問題がないようになりました

特に近年、日本のトイレは大きな進化を遂げ、多機能の「温水洗浄便座」は、評判も高い。消臭はもちろん、芳香剤も香りのよいものが使われ、トイレが「清潔で快適な空間」になってきている。

家の汚れは、「心の状態」を映し出す鏡、
それが最も顕著に現れる場所が「トイレ」。


たとえトイレが鬼門や凶方位に位置していても、こまめに掃除し、「今日もありがとう!と用を足させていただく」、そのような感謝の気持ちが大切です。日本には、トイレにも「神様」がおられます。「厠神」(かわや かみ)です。

たとえ方位が悪くても、家が狭くても、嘆くのは止めましょう。
不平・不満の心でいると、あなた自身が「マイナスエネルギーの発生源」になるからです。住む人がネガティブになると、「家の気」も低下してきます。そしてトラブルを引き寄せ、その結果、余計に「住み心地」が悪くなってしまう。

それよりも、今住んでいる家に「感謝」することが大事です。
人が「ありがとう!」と感謝を表すとき、体を取り巻く「オーラ」も光り輝く。心から感謝を表すとき、ハートが開き、自分の「波動」も上がってきます。感謝の思いは、精妙な波動を引き起こし、まるで磁石のように多くのものを引き寄せます。


人は感謝しているとき、笑顔しているとき、最高にいいエネルギーが出ます。
そして、人から感謝されたときは、その「最高のエネルギー」を受け取るのです。


たとえ家が古くても、方位が悪くても・・・
毎日キチンと掃除をし、「住まわせていただき、ありがとうございます!」と、
その感謝のエネルギーが「家の波動」を高めます

今流の言葉で言えば、愛と感謝で「上書き」するです
そうした家は、たとえ風水的にはよくなくても、その影響は少ないでしょう。

風水家相…「方位が悪い」と言われれば、気になるのは仕方がありません。しかし過度に気にすると、悪いことに「波長」が合い、凶のエネルギーを引き寄せてしまうことがある。人の及ぼす意識作用、こちらの方が要注意。「ポジティブな気持ち」でいることが何よりも大事

住む人がネガティブになると、家の気(波動)も落ちてきます。
ネガティブにならない、
家の中に争いを持ち込まない、
家の中は明るくにぎやか、
プラスのエネルギーで保っていくことが何よりも大事です

「笑う門には福来る」です。





「好みの色」の財布を作りませんか?
既製品と変わらないお値段で14,800円)、オーダーメイド財布」が作れます。
かなりの「お買い得」です。


オーダーメイド財布


当ページの内容についてのご質問等は、HP管理人 岡部までお問合せください。
お応え申し上げます。