風水研究所
日本の風水パワースポット・神社
今、「大地のエネルギー」がもらえる場所、「パワースポット」が注目を浴びている。そこは大地から湧き出るエネルギーを体感できる場所で、地球に点在する特別な場所である。そこは風水の「気の吹き出し口」の龍穴(りゅうけつ)でもあり、気場とも呼ばれる。

パワースポットでエネルギーを受けると…不思議と心がくつろぎ、心身が浄化され、癒される気分になるという…。そのエネルギーによって元気を取り戻し、「生き方を変えるきっかけ」になる人もいる。
   
そこは、自然や宇宙と「一体感」を感じるスピリチュアルな場所でもある。世界中で聖地とされる場所や、有名な寺院や教会の多くは、こうした場所である。
   
ヨーロッパでは「レイライン」(ley line)と呼ばれるエネルギー・ラインがあり、このレイライン上に古代の遺跡や聖地が多く存在し、「神殿」が建てられていることが多い。

日本にも似たような場所がある。日本列島を分断する大きな「断層」、関東地方から四国、九州を縦断する「大断層」(中央構造線)がある。南北の地層がぶつかり合うこの『中央構造線』上には巨大な大地のエネルギーが発生しているようで、名だたる神社や仏閣、パワースポットが集中している。


出典:「ランドサットから見た中央構造線」
http://bungui.fineup.net/landsat.html

長野県 分杭(ぶんぐい)峠
ゼロポイント

シャスタ山(アメリカ)、レンズ雲






中央構造線には、「鹿島神宮」(茨城県)、「分杭(ぶんぐい)峠」(長野県)「諏訪大社」(長野)、「豊川稲荷」(愛知)、「伊勢神宮」(三重)、「天河神社」(奈良)、「三輪山:みわやま」(奈良)、「高野山」(和歌山)、「石鎚山:いしづちやま」(愛媛)、「幣立神宮:へいたてじんぐう」(熊本)など…有名な神社や仏閣がライン上に並んでいる。

【日本のパワースポット&神社】
   
パワースポットでのエネルギーの感じ方は、人それぞれ異なり、同じ場所でも、エネルギーを感じる、感じられないなど、人によって異なります。いろんな場所を訪れて、気持ちが安らぐ、心地よく感ずる場所を探してみてください。
・富士山   





富士山の「傘雲」
富士山ギャラリー(写真集)

日本のシンボル「富士山」は、古くから信仰の対象とされてきましたが、実は強いエネルギーを発するパワースポット」として、世界的にも有名な山です(この事はあまり知られていませんが)。

富士山を見て感激する人が多いですが、それは単に姿が美しいと言うだけはなく、富士山が放つエネルギーも感じ取っているからです。「富士浅間(せんげん)神社」は、富士山のエネルギーの「入口」とも言われる。(一説には、富士山とシャスタ山は、エネルギーが繋がってると言われる)。


・皇居
皇居二重橋 皇居東御苑 二の丸庭園

皇居は関東最大の「氣」の噴出口です龍穴(りゅうけつ)とも言う。
皇居全体がエネルギーに満ちあふれ、周囲を散策するだけでも、そのエネルギーを受けることができる。皇居は身近に体験できる日本の代表的なパワースポット

皇居は、「風水」の観点からこの場所が選ばれたと言われる。
徳川家康の知恵袋といわれ天台宗の「天海僧正」、易学や風水にも通じていたこの天海僧正の進言で、家康がこの場所に江戸城を置いたと言われる。

・皇居東御苑(ぎょえん)
本来の「旧江戸城」の跡地はこの場所で、天守閣跡などがある。
時間内であれば、誰でも入れます。事前予約の必要はなし。大手門、北桔梗門、平川門の3つから入園が可能。(入るときに入門証を渡され、退出する時に、入門証を返却します)。


・明治神宮(東京)、「清正の井戸」


「清正の井戸」
 
明治神宮は戦国時代の武将「加藤清正」の屋敷跡で、当時からパワーの強さが知られ、争奪戦の末に加藤清正が入手したと言われる場所です。東京都心では数少ないパワースポットです。

(当時はパワフルなエネルギーに満ち溢れた土地でしたが、今は周囲に高層ビルが建ったため、エネルギーの流れが寸断され、以前のような強いパワーが消失したと言われますが・・・)

場所は明治神宮の菖蒲園の中。菖蒲園の”片隅”に「清正の井戸」があり、澄み切った水が沸き出ており、そこが「気の湧き出し口」と言われる。小道に沿ってまっすぐ進むと行き止まりになり、そこが「清正の井戸」です。ここは、有料の「庭園見学コース」になってます。


・九頭龍神社(神奈川・箱根)


昨今、女性が大挙するのが、箱根神社の末社と知られる九頭龍(くずりゅう)神社。休日には、ご利益、「縁結び」を願って大勢の女性が大挙する人気の神社です。もう一つは、金時神社。奥の院の御神体の磐座(いわくら)の前に立つと、何かパワーが充電されてくるような感じがすると言われる。


・日光東照宮(栃木県)
日光東照宮は、この土地のエネルギーと、日光山から来るエネルギーの「たまり場」となっていると言われる。この場所も徳川家康の知恵袋と言われる「天海僧正」によって、風水の観点から選ばれている。日光東照宮の中で一番の強力なパワースポットは、徳川家康の墓所とそこへ向かう山道。。ここは徳川家康のパワーが込められており、風水的にも特異な場所と言えるでしょう。

・分杭(ぶんぐい)峠・ゼロポイント(長野県)


★今、お勧めのパワースポットで、注目を浴びている場所です。
長野県、長谷村「分杭(ぶんぐい)峠」の一角に、世界を代表する「気場」が発見され、村全体をカバーするほどの広大なパワースポットです。地殻の変動によって、N極とS極の磁気が打ち消しあい、地球の磁力を受けない「ゼロポイント」の場所と言われる。ここは日本最大級のパワースポットです。

強い気を感じると評判で、休日には大勢の人が訪れます。
ちょっと敏感な人は、ピリピリと感じるでしょう。このエネルギーを受けて、体調がよくなったり、病気が治る人もいるようです。http://bungui.fineup.net/

・伊勢神宮(三重)


ここは別格です。大自然の霊気が漂い、精霊の棲む神聖な土地です。
一歩足を踏み入れただけで「空気の違い」が感じられ、横幅が数メートルの「巨大な樹木」に圧倒されてしまう。樹齢、数百年の大樹が並び立ち、荘厳なたたずまいの中で、自然のエネルギーが満ち溢れたすばらしい場所です。

日本神道の総本山である伊勢神宮は、古くから知られた「お伊勢さん」と呼ばれ、厚い信仰に支えられてきました。この地は信仰の場所であると共に、エネルギーの高い神聖な場所でもある。

・鞍馬寺(京都)


「ヒーリング」に関心がある人ならご存知の場所。ここはレイキ(霊気)の発祥の地で、鞍馬寺の尊天は、650万年前に金星から降り立ったと魔王とと言われる。博物館の中にある説明書きには、魔王=サナート・クマラと明記されている。またレイキの発祥の地であるため海外から訪れるセラピストも多い。鞍馬山の不思議 (外部リンク)

・熊野古道(和歌山)、世界遺産


ここは自然崇拝、日本の「自然信仰」の原点。
アニメの『もののけ姫』を思わせるような雰囲気のある場所です。深い森、苔むす古道は、今も変わらぬ姿を残し、大自然の霊気が漂う場所です。熊野は今も霊気に満ちたパワースポットです。

・足摺岬の巨石群(高知県)



縄文時代に祭祀の場であったと言われる「ストーンサークル」は、強力なエネルギーを発するパワースポットとしても有名です。この地には古代文明があったという説も浮上して、注目を浴びている。

・天岩戸神社(宮崎県・高千穂)



日本の神話が息づく「高千穂」。
ここは天照大神(あまてらす おおみかみ)がお隠れになった「天岩戸」で有名。日本の神話が今も受け継がれている神聖な場所です。天岩戸(あまのいわと)神社と天安河原(あまのやすかわら)神社をお参りするのがよいです。

<その他、日本のパワースポット>
島根県の「出雲大社」、長野県の「戸隠神社」、広島県の「のうが高原、宮島の弥山(みせん)山頂の巨石」、奈良県の「天河大弁財天社」(てんかわ だいべんざいてんしゃ、天河神社)、奈良県の「三輪山:みわやま」(江原啓之氏 お勧)、静岡・熱海の「来宮神社」(きのみやじんじゃ)、神奈川県横須賀の「走水:はしりみず」神社(江原啓之氏 お勧)。

長野県の「戸隠神社」は、圧倒的なパワーに満ちた聖地のひとつです。その他、宮城県の「松島」、岩手県釜石市近郊の「五葉山」なども上げられる。



【世界の有名パワースポット】

世界のパワースポットと言えば、有名なのがアメリカの「シャスタ山」(マウント・シャスタ)、アメリカの「セドナ」、日本の「富士山」、オーストラリアの「エアーズロック」、ペルーの「マチュピュチ」、イギリスの「ストーンヘンジ」、アイルランドの「ニューグレンジ」(ポイン渓谷遺跡群)、「ハワイ諸島」、現代の聖地といわれるスコットランドの「フィンドホーン」などが上げられる。


・アメリカの「シャスタ山」


写真のようなレンズ雲(傘雲)ができるのは、地球上では「シャスタ山と富士山」だけと言われる。

聖なる山、「マウント・シャスタ」。
シャスタを訪れた人は、そのエネルギーに触れると、人は癒され、不思議な体験に遭遇する人もいます。意識が高まったり、生き方を変える「きっかけ」になったり、その後の人生が大きく変わる人もいる。ネイティブアメリカンの聖地でもあり、精霊の棲む山、天使も訪れる場所(パワースポット)と言われる。


シャスタには、写真のような不思議な「レンズ雲」が現れる。
ここはスピリチュアルなエネルギーに溢れたパワースポットで、一説には古代文明の「レムリア大陸」の跡地と言われる。またシャスタ山は、日本の「富士山」とつながっているとも言われる。



・セドナ(アメリカ)



世界最大級のパワースポットと呼ばれている「セドナ」。
太古の昔から、ネイティブアメリカンの「聖地」とされてきました。そこは地球のエネルギーが渦を巻くように発生する場所(ボルティクス)で、セドナにはそのような場所が数多く点在している。ボルテックスは、大地のエネルギーが湧き出る「地球のツボ」のような場所で、エネルギーポイントにさしかかると、人によっては指先がピリピリ感じたりすると言われる。 
   
セドナのエネルギーには、「男性的エネルギーと女性的エネルギー」とがあり、そのバランスは場所によって微妙に異なる。「心の変容、心身の浄化、エネルギーアップ、エネルギーバランスの調整」など、この地を訪れる人に様々な影響をもたらすと言われる。この地にはニューエイジ関係のお店も多く、ワークショップも盛んに行なわれています。


・フィンドホーン(スコットランド)


現代の聖地「フィンドホーン」。そこに行けば「人生が変わる」と言われる。
美しい植物が咲き乱れるフィンドホーンでは、精霊や妖精と出会ったり、植物たちの声を聞くことができると言う。「愛のエネルギー」が満ち溢れたパワースポットとして世界的に有名です。
   
フィンドホーンは北極圏に程近く、冷たい風が吹き荒れ、しかも土壌が砂地で、農作物を作るのには全く不向きな場所です。しかしここでは、「植物の精霊」との交流によって、18キロもあるキャベツや、27キロもあるブロッコリーができると言う。ここに行けば、植物にも「意識」があることが分かるのかもしれない。
   
また、人間と植物(精霊)との交流によって生まれたのが、フィンドホーンの「フラワーエッセンス」です。フィンドホーンは財団となり、国連からその活動が認められて非政府組織(NGO)として活躍している。


【海外パワースポット巡り】

今は「海外ツアー」もいっぱい企画されています。
専門の旅行会社や、ヒーリングやカウンセリングを主催する団体のツアーもあり、カウンセラーも同行し、解説してくれるようになり、安心・便利になりました。。

人はその時が来たら、行くようです。。
私の知人は、ある日突然、一人でツアーに参加してフィンドホーンに行きました。知人は言う・・・「こういうのは、行こうと思ってもなかなか行けない」。「時期が来たら、何かに引っ張られるようにして行く」と。なるほど、そうかもしれません。人は、その”とき”が来たら行くのでしょう。



世界でひとつだけの オリジナル財布を作りませんか?
オーダーメイドで簡単に創れます↓


オーダーメイド財布 今話題!超コンパクトな財布
「グッドデザイン賞」受賞


小さい財布
風水研究所