風水研究所
     分譲、新築マンションの選び方 

 風水、マンションの選び方、間取り 

風水で選ぶマンション!


マンションを選ぶポイントは、「立地条件、日当たり・方位、間取り」です。せっかくなら、「吉日に吉方位に、吉相の部屋」に住み替えたいものです。契約・購入の際は、「年回り」も大事です。自分にとって良い時期です。。

マンションの場合、「南や東向き」と言うときは、玄関ではなくバルコニー(ベランダ)を指します。バルコニーは「南、東南、東」が吉となる。日本では「日当り」を重視し、「南向き」の部屋に根強い人気があり、このため、できるだけ「南向き」に設計されます。

マンションは、条件のよい部屋から売れます。
これは「日当たりのよさ」もさることながら、風水的にも良いからです。


マンションを選ぶなら「東南」、次に「南」!

バルコニーが東南ならリビングも東南で、玄関は西北に位置し、「家相」では吉になりやすい配置パターン。角部屋の「東側」なら、ダイニングは東南、リビングは東南から南に広がり、吉相になりやすい間取りです。マンション全体の中心から見た部屋の方位、これも「東南」であれば文句なし。避けたいのは「北東、北、西」向きの部屋→more もっと見る




「南向き」の部屋の場合、マンションの構造上、どうしても玄関やトイレ、浴室が北東(鬼門)や北に位置する場合が多い。(家相の鬼門が気になる人は注意です!)。

風水の点からマンションを選ぶ場合、日当たりに注意すること。(中国伝来の風水は、「日当たり」を考慮しません)。家相の点からマンションを選ぶのであれば、鬼門ラインにかからない部屋を選ぶこと。これらは最低限必要なこと

マンションを選ぶポイント!
★年回り
不動産運」とでも言いましょうか、マンションの購入も、その人の「運気の流れ」が関係してきます。「終の棲家」(ついのすみか)となるマイホームは、”一生一度”の大きな買い物。。縁あってその物件にめぐり会うのでしょう。それが不動産運です。

それゆえ、購入の時期とか方位というのが大事になる。
「悪い時期」に、「悪い方位」にある物件を購入してしまうと、トラブルが続いたりします。なぜか体調が優れず、落ち目になったり、物事がうまくいかなくなったりする。逆に、よい物件に出会い、そこに住むと、健康はもちろん仕事や私生活もスムーズに進むようになる。これが年回りです。

運勢的な「時期やタイミング」も大事です。シンクロニシティです。
場合によっては、筮竹(ぜいちく)を使った「易占い」で「卦」(け)を読みます。
 間取りチェック。

  1. ベランダ、玄関の位置
  2. リビング
  3. 台所・ダイニング
  4. 浴室
  5. トイレ、洗面所
  6. 寝室
  7. 子供部屋

 各部屋の方位、位置関係の確認

 マンションの鑑定は、次のような手順で見ます。

 @第一は、マンションが建つ場所の「地相」、周辺環境です。
 A次に、庭を含んだ「建物全体の外観」を見ます

 Bエントランスから内側のエリアの状態。
 C部屋の間取り、方位。


 ● 風水、マンションの選び方 (土地、建物、周辺の環境)


 「マンションの設計構造」から言って、完璧な風水は無理に近いのが現状です。
 次の「最低限のポイント」は抑えておきたい。(自分で選択できる部分です)

 
@ 敷地や建物に「変形」がないこと(長方形が理想)
 A 土地の履歴がしっかりしていること。
 B 日当たりがよいこと。


  逆に、次のようなマンションは避けてください。

 ・道路の行き止まり(袋小路)の建物は×
 ・T字路の突き当たりの建物は×
 ・カーブになっている道路の外側の建物は×
 ・周囲を高い建物に囲まれている×
 ・隣り合わせに、大きな建物の「角」が向いている×
  詳しくは・・・→more もっと見る


これに該当してませんか?
「形殺」の事例集
(外部リンク)


● 風水のマンション選び方は、「建物の形」も大事です。

1.マンションはどのような形がよいか?

風水では、理想の建物の形は、「長方形や正方形」と言われる。
この形ですと、陰と陽の気がうまく循環します。L形やコ形の場合、気の循環がうまく回らず、バランスが崩れてしまいます。コ形の場合は、両袖の部分に陽の気が集まり、欠けの部分に陰の気が集まり、「気の循環」が滞ってしまいます。

また、L形や児コ形は、建築学的にも、構造強度的に不安定であり、マイナス要因になる。建物の四方から対角線を引いても、中心が建物にかからないので、安定感に欠け、精神的に落ち着かなくなる人もいます。(強度が万全であれば、問題はありませんが)。

2.理想的な敷地の形は?
東西に長い「長方形」が理想。あるいは南北に長い長方形か、正方形。
いずれも、土地の一部に大きな「欠け」がないのが条件です。
三角形の敷地に、三角形の建物は、風水では「大凶」になる。

3.何階に住むのがよいか?
「大地のエネルギー」は地表の近くを流れるので、マンションの高層階には届きません。
部屋は、 「地の気」が届く高さ、「7階まで」の部屋がよいでしょう。(特に子供のいる世帯は)。高層のタワーマンションは、「地の気」がまったく無いため、疲れがとれなかったり、体調不良になる人もいるようです。

大地のエネルギーは、「生命を育むエネルギー」です。
「成長期の子供」には大切なエネルギーです。高層のタワーマンションに住む場合、できるだけ子供を外に連れ出し、地上で遊ばせて、大地のエネルギーに触れ合うようにしてください。そうすれば、イキイキとした活動力、行動力が具わってきます。。
 ● 風水・家相で選ぶ「マンション」

1.「伝統風水」で選ぶマンション。

マンションを選ぶ際に、自分の運気、生まれた年の「本命卦」(ほんめいか)に合わせて選ぶ方法がある。これが伝統風水です。この本命卦は、個人の生まれた年によって「吉凶方位」が異なる。→moreもっと見る


2.「家相」で選ぶマンション。

日本では、「日当りを重視」で、「南、東南向き」の部屋に根強い人気がある。
しかし、南向きの部屋であれば、玄関は北や北東に位置し、あるいはトイレや風呂場が北東に位置したりします。いわゆる「鬼門」です。マンションの構造から言って、どうしても鬼門にかかるような間取りになりがちです。→moreもっと見る

マンションの場合、(戸建て住宅のように)間取りが自由に取れないため、どうしても限界がある。このため、「凶の無い物件」を探すことが困難で、吉相のマンションはそれくらい数少ないのが現状であり、総合的に見て「7割OK」を目指していきたいものです。

見落としがちな点は、「方位や間取り」ばかりに目が行って、「自分のエネルギー」(運気)に注意を払わないことです。この点を考慮しないと、いくら風水がよくても、物事はうまく回りません。契約日、引越し日などにも注意が必要です。

→「マンションの選び方」 (よい部屋の選び方!)

東京、横浜・神奈川、千葉、埼玉、首都圏分譲マンション情報、タワーマンション

天才棋士の「羽生善治」名人も推薦!
ノーベル賞クラスの「天才脳の開発法」が公開!


天才脳開発
パーフェクトブレイン【東大医師監修】