マンションの選び方に戻る
−新築・賃貸マンション、風水・部屋選び−
 風水家相、上手なマンション選び

マンションの場合、一戸建て住宅(注文住宅)のように、間取りが自由に取れないため、どうしても限界がある。このため、「凶の無い部屋」を探すこと自体が困難で、建物のどこかに凶の要素があるのが普通。風水的に完璧というのは「建築構造的」に無理があり、大事なポイントは押さえ、総合的に「七割OK」を目指していきたいものです。


  @マンションの「敷地の形」
  Aマンション全体の向き・方位
  B建物の外観、形(張り欠け)
  C隣接する建物の有無

  D日当たり、向き・方位
  E玄関の位置
  Fトイレ、浴室、洗面所

  Gキッチン・ダイニング
  Hリビング、寝室、他

  ・鬼門・裏鬼門との関係
  ・正中線、四隅線との関係
  ・部屋割り

  ・本命卦から見た適合性
  ・個人の運勢との関係
  ・家族の運勢との関係、


 ※ 各部屋の間取り、方位、


エレベータの近くの部屋、
廊下の突き当たりの部屋は「注意」
 良いマンションを選ぶための「チェックポイント」    
・マンションの向き(日当たり)
マンションの場合、南向きや東向きと言うときは、「ベランダ」を指します。
風水では「東南、南、東」が吉方位になる。方位磁石で、部屋の向きを確認すること。北向きは日当たりの悪さ、冬の寒さが問題、西向きは夏の暑さが問題です。

・マンションを選ぶなら東南がベスト。次に南。
バルコニーが東南なら、リビングも東南で、玄関は西北になり、吉相になりやすい配置パターンです。マンションの全体配置で角部屋配置なら東側を選ぶ。



・外観、建物の形のチェック
土地・建物の形は、中心の取りやすい長方形が一番無難です。凸凹もないこと。何よりも安定感があり、これは「建築強度的」にも言えることです。平成19年6月の「改正建築基準法」に準拠した物件である事。



・家相、鬼門チェック
各部屋がどのような配置になっているか、間取りの確認です。
「家相」が気になる人は、鬼門・裏鬼門(北東−西南ライン)に、どの部屋が位置しているか確認すること。チェックポイントは「玄関、
トイレ、風呂の位置など。


方位記号がないチラシは、ゴミ箱に直行!
間取り図を見るときは、必ず「北の位置」を確認すること。時として、目立たない場所に、「方位記号」が小さく書いてある場合がある。北が北西や北東にずれていて、部屋が「南向き」でないことがある。要注意!→マンション・チラシ


,

次のようなマンションは避けてください。→土地・建物のポイント
・道路の行き止まり(袋小路)の建物は×
・T字路の突き当たりの建物は×
・カーブになっている道路の外側の建物は×
・敷地が三角形は×  
  形殺の事例集(外部リンク)



植物が育ちが悪い場所は「NG」。
マンションを探すとき、敷地内にある植木や、ロビーに置いてある観葉植物を注意して見る。植物が枯れていたり、葉の色合いが悪い場合は、場所や建物の「気」がよくないことを示している。「物件選び」の目安の一つです。

,

・「磁場」のチェック 

方位磁石を手にして室内を回ると、針が揺れ動き、建物の「磁場」が乱れていることがある。磁場が不安定な場所は、落ち着きがなく、不眠になったり、体が不調になったりする。こういうマンションはお勧めできません。

部屋を探すときは必ず「方位磁石」を持参して、「磁場」を調べること。高圧電線、変電所、線路の近くは、磁場が狂いやすい場所です。ドアを開けて、目の前にエレベータがある部屋も要注意です

霊的エネルギーの有無
霊的エネルギーが悪い場所は、磁場も狂いやすい。物件を見学する際は、「方位磁石」を持参して、玄関、風呂、トイレなど、各部屋の方位を確認すること。部屋ごとに方位がズレたり、方位磁石の「針」がクルクルと回るような場合は「NG」です。

帰り際に、スマホで各部屋の「写真」を撮るのもよいです(不動産屋さんに席を外してもらい)。写った画像に「不明なエネルギー」が入ることがある。背中がゾクっとしたり、寒気がしたりするような部屋は「NG」です。

.

間取りを考えるとき、中国伝来の風水は、個人の生まれ持った「本命卦」(ほんめいか)に合わせて配置します。もう一つは、古来から伝わる「日本の家相」です。家相は日本の「気候風土」に合わせて形成されたもので、日当たりや通風など、家の機能を重視し、「住みやすさ」を目的したものである。間取りを「中国風水」で見るか、「日本の家相学」で見るかで、結果も異なってきます。。

マンションの場合、限られたスペースにいかにして必要な要素を詰め込むかという、機能を重視したものであるため、風水的な配慮がされてないのが普通です。また、一戸建て住宅のように、「間取り」が自由に取れないため、どうしても限界がある。このため、「凶のない部屋」を探すこと自体が困難で、建物のどこかしらに凶の要素があるのが普通です。

しかし、風水的な配慮がないマンションでも、よく見れば、問題のない部屋もあり、またかなり「理想に近い部屋」が見つかることがある。マンションの販売会社から「間取り図」を取り寄せ、自分の目で確認することが何よりも大切です。マンションの間取りは、ほんの少しの差でも、部屋の「吉・凶」が劇的に変わることがある。注意が必要。


  ● 「家相」で選ぶマンション

マンションの場合、「日当たり重視」で、できるだけ「南向き」に設計されます。
それゆえ必然的に、ベランダの反対側の北や北東(鬼門)に玄関が位置したり、また玄関の付近にトイレや浴室が位置する場合が多い。いわゆる北東の鬼門です。南向きの場合、マンションの構造から言って、このような間取りになる場合が多い。★→家相診断の事例

マンションの場合、戸建て住宅(注文住宅)のように、間取りが自由に取れないため、どうしても限界が出できます。

鬼門が「気になる人」は、北東−西南のラインに、どの部屋が位置しているか確認すること。(できるだけ、玄関や台所、トイレ、風呂場が鬼門ラインにかからない部屋を選んでください)。★但し、居住者の「生年月日」によって、良 し悪しの判断も異なってきます。
風水で見ても「大凶」に位置したら、パスするのがよいでしょう。

 間取りチェック。

  1. ベランダ、玄関
  2. リビング
  3. 台所・ダイニング
  4. 浴室
  5. トイレ、洗面所
  6. 寝室
  7. 子供部屋
 

 各部屋の方位、位置

家相で選ぶ場合、

少なくとも「鬼門ライン」に玄関がかからないようにすること。 北東と西南に欠けがないこと。特に、北東の玄関に北東の欠けは要注意。



この他に、家相には「正中線」や「四隅線」がある。
「正中線」は東と西、北と南を結んだ「十字」のライン、「四隅線」は北西と南東、北東と南西を結んだ「×字」のラインで、これらの線上に玄関、トイレの便器や風呂の浴槽、台所の流しやコンロの火気などが位置すると、災いが起こると言われる。この他に張りや欠けがある。

★部屋の方位を見ると、必ず「よい方位と悪い方位」がでてきます。
すべてをよい方位にするのは不可能であり、多少悪くともあまり神経質になりすぎないこと。よい方位でなくても、凶を相殺する方法もあり、風呂やトイレが「鬼門」に位置した場合でも、あまり神経質にならず、換気と掃除に心がけ、少しでも脅威を防ぐこと。→風水改善法


 ● 「風水」で選ぶマンション


マンションを選ぶ際に、「鬼門や方位」を当てはめるのではなく、自分の運気、「生まれた年」に合わせて選ぶ方法がある。これが「伝統風水」です。


かの有名なマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏は、北京オリンピックのとき、超豪華マンションを借りる際に、風水師に見てもらったと言われる。ビル・ゲイツ氏は風水理論の正しさを知っていたのでしょう。これが彼のすばらしい感性です。彼は、1955年10月28日生まれ、本命卦が離(り)


伝統風水の場合・・・

自分の生まれ持った「本命卦」(ほんめいか)を割り出し、方位に合わせて、部屋を配置します。

★但し、伝統風水の場合、「日当たり」が考慮されないのが難点。また人によっては、「吉方位」が北や北東になることもある。




・東南、南向き(吉相パターン)

マンションを選ぶなら東南と南がベスト。
バルコニーが東南なら、リビングも東南になり、玄関は西北で、一般に「吉相」になりやすい配置パターンです。また角部屋で「東側」であれば、ダイニングは東南、リビングは東南から南に広がり、吉相になりやすい配置になる

南向きも最高の物件です。マンションであれ、住宅であれ、「南向き」がよいのは、今も昔も変わらぬ建築の大原則です。但し、南向きの場合、玄関やトイレ・浴室などの水廻りが鬼門(北東)に位置する事が多く、家相の「鬼門」が気になる人は注意!

・北向きのマンション

避けたいのは「北、北東」向きの部屋。北や北東に面する建物は、年間を通じて日中も日差しがありません。冬は冷たい北風が吹きつけ、窓側の温度が下がり、部屋を暖めようとしても、なかなか温まりません。北向きの場合、二重窓と「露結対策」が必須。

但し、真北向きの部屋というのは稀で、少しでも室内に日が差すように設計されているのが普通です。そうしないと、たとえ今人気の「高層タワーマンション」であっても北側に位置する部屋は売れなくなります。

・西向きのマンション

西向きは、近年の「温暖化現象」で、酷暑が一段と厳しくなっている(特に最上階は×です)。
コンクリート建物は、昼間に熱を蓄えると、(コンクリートの厚みが増すほど)冷えるのに時間がかかり、夜になっても暑さが続きます。UVカットフイルム、断熱材で「遮光・断熱対策」が取られていることが必須条件です。これがないと夏は大変。このため、西日がまともに入るような西や南西の部屋は「購入するな」と言われるほどです。これは風水以前の問題です。

但し、同じ西向きでも、「北寄りなのか、南寄りなのか」で大きな違いがある。
西日が直接入る部屋でも、上階のバルコニーが大きく張り出ている場合は、それが庇(ひさし)となって西日をさえぎり、室内への影響はそれほど大きくないケースもある。確認が必要です

いずれにしても、夏は酷暑になる「西向き」の部屋、冬が厳しい「北や北東向き」の部屋は注意です。角部屋であれば、その影響はさらに大になります。育ち盛りの子供、お年寄りがいる家庭は注意が必要で、避けるのが無難でしょう。


・東向きのマンション

東向きは朝は気持ち良いです。早朝から日が差し込むので目覚めが良く、夏場は午前中に洗濯物が乾いたりします。強い日差しも差し込みません。その代わり、午後には日差しが入らなくなってしまう。東向きは夏は良いですが、冬は寒いのが特徴。特に、日の昇る時間が遅い冬などは、部屋に日が差す時間も短く、午後は寒くなりがちです。日中は不在の単身世帯や、共働き世帯には良いでしょう。

インドにはvaastu (ワースツ、ヴァ-ストゥ)という風水があり、「朝」の日光を取り入れる点に特徴がある。 朝のエネルギーを取り入れるなら、東向きの部屋もお勧めです。ちなみに、草創期の「マイクロソフト社」は、「ヴァーストゥ」を基に設計されたと言われる。


・日陰図の確認

マンションの建設に当たって、売主は必ず「日当たりの影響」をシミュレーションした「日陰図」を作っています。冬至・夏至・春分などに分けて、時間ごとの日影を出しています。(この存在を知らない人も多い)。「日陰図」は法律に基づいており、建築設計事務所の建築士(一級建築士)の記名、捺印がなされたものです。これが見せられない売主は要注意です。

但し、暑さ・寒さは、人の「体感温度」によって違いがある。暑さに強い人は、西向きの部屋でも大丈夫でしょう。北も同じです。ですが、北側や北東、西や南西の角部屋は、育ち盛りの子供やお年りがいる家庭では、(体力的に負担が大きいので)避けるのが無難と思います。


マンションは建物が完成する前に契約する「青田売り」ですから、購入者は実際の建物を体験することができません。南向きだから、あるいは上層階だから日当たりがよいとは限りません。たとえ南向きでも、隣接地の環境次第では、日が当たらないこともありえます。モデルルームに「日影図」が用意されていれば、見せてもらうこと。→マンションのチラシには要注意


 ・マンションの選び方
(土地・建物の外形、周辺環境)


 「マンションの設計構造」から言って、完璧な風水は無理に近いのが現状です。
 次の「最低限のポイント」は抑えておきたい。(自分で選択できる部分です)

 
@ 敷地や建物に「変形」がないこと(長方形が理想)
 A 土地の履歴がしっかりしていること。
 B 日当たりがよいこと。


  逆に、次のようなマンションは避けてください。

 ・道路の行き止まり(袋小路)の建物は×
 ・T字路の突き当たりの建物は×
 ・カーブになっている道路の外側の建物は×
 ・周囲を高い建物に囲まれている×
 ・隣り合わせに、大きな建物の「角」が向いている×

 詳しくは・・・→more もっと見る


・何階がよいか。

「緑地スペース」があるマンションであれば、(子供のいる世帯は)低層階がよいでしょう。
逆に、コンクリートなどの人工的な敷地で、高層階の方が遠くの緑が見渡せるような場合は、高層階でよいでしょう。理想的には四、五階まで(高くても七階まです)。また、建物の多くは1階にスペースに駐車場、ゴミ置場、老廃気、老湿気が発生する施設が設置されているので、「一階は避ける」のがよいです。最上階は夏の暑さが大変。


 「地の気」

土地を流れる「気」というのがあり、高層階ではとても微弱になる。
部屋の階数は、「地のエネルギー」が届く高さ=「樹木の成長」の高さまでがよいでしょう。理想的には四、五階まで(高くても七階まで)。逆に高層階の場合は、「天の気」は受けやすいとする捉え方もある。

高速道路の路弓(ろきゅう)殺

風水では、道路は「気の通り道」。高速道路が大きくカーブし、その外側に建物が位置していると、刀や鎌で”ばっさり”と切られるような「殺気」が入るケースです。高速道路と「同じ高さの階」に住んでいる人は、不眠症・イライラにみまわれることがある。注意が必要です。またマンションの周りを低い家が取り囲むように建っている場合も、風水では凶になります。

無機質なコンクリートに囲まれるので、どうしても不足がちになるのが「自然の緑」。
子供がいる家庭には、近くに公園や緑地があることも大切なポイントです。

大地のエネルギーは、「生命を育むエネルギー」です。
「成長期の子供」には大切なエネルギーです。高層のタワーマンションに住む場合は、できるだけ子供を外に連れ出し、地上で遊ばせて、大地のエネルギーに触れるようにしてください。そうすればイキイキとした活動力、行動力が具わってきます。



・隣接する建物の外形

先の尖っているものに恐怖を抱く、「先端恐怖症」というのがある。
「形」はそれ自体が独自のエネルギーを持っている。これが風水です。建物の先が「とがっている」、「角張っている」ような形は、そこからマイナスエネルギーが発し、風水では「殺気」と呼ぶ。建物の角が自分の部屋に向かっていないか確認が必要。
鬼角殺の事例

・その他の注意

マンションで問題になるのが、お隣さんから伝わる「騒音」です。洗濯機などから出る振動音は壁を伝わり響いてしまいます。マンションを購入する際は、「台所と寝室」、「洗濯所と寝室」などの相互の位置確認が必要です。隣の部屋の台所や洗面所・トイレが、寝室や子供部屋と隣接していないか、また自分の部屋が隣のどこと接しているか、購入前に確認する必要があります。

防音、騒音のチェック(壁の厚さ)。
分譲マンションであれば、隣戸との境界壁は防音的に180mm〜250mmである筈です。これ以下の壁の厚みの場合は購入は控えて下さい。一番多いのは180mmですが、できれば境界壁は200mm以上あると嬉しいですねぇ。

マンションの選び方に戻る

東京、横浜タワーマンション情報、千葉、埼玉 
   

 モダン「神棚」
 マンションにぴったし!

アニマルメッセージ