気の流れのよい家、間取り よい気が流れる部屋


風水研究所

風水のよい家リビング
建物内の気の流れ  マンションのエネルギー  運気の上がる土地

気の流れの良い家

風水の良い家1 高級住宅

風水の「良い気」は、高い山々で生まれ、尾根を伝わって平地に流れてきます。
この気をうまく「家の中」に取り入れ、開運を図るのが風水です。

玄関から入ってきた「良い気」を、うまく「室内を循環」させるのがポイント。
これがうまくいかないと
NG。建物内に「悪気」が溜(た)まるからです。気は玄関からだけではなく、「窓」からも入ってきます。

建物に必要でもない凸凹が多数あったり、悪気を発生するような「間取り」であったりすると、その「しわ寄せ」がきて、気の状態が余計に悪くなる。せめて「気の流れ」をよくすれぱ、住みやすくなるのですが。

間取りがの場合、建物内の「気の流れ」をよくして、悪気・凶エネルギーが溜まらないようにする。水晶玉」を設置するとよいです、効果的です。室内の「気の循環」が高まり、空間も浄化されます。

マンションは「密封性」が高いので、「気の流れ」が停滞し、悪気が溜(た)まりやすくなる。間取りよりも、こちらの影響がダイレクトに出てきます

見た目は「豪華なマンション」でも、室内が重いエネルギーに覆われて、ストレスがいっぱいの部屋を見ることがある。このような部屋では、疲れも取れなく、物事がうまくいかないでしょう。もったいないです。

「成功している人」の家を訪ねて分かったことです…
共通した「特徴」があり、一言で言えば「よい気」が流れている。室内が明るく綺麗で、整理され、よい香りが漂う空間です。気の流れのよい空間です。。間取りや方位は、あまり関係ないようです。
良い気を集める方法 

稀に、鑑定の際、観葉植物の回りに「妖精」が見えることがある。お客様に伝えると、「初めて人から指摘された」と大喜びでした。本人も気づいていたようです。宝石のトパーズのような薄ブルー色でした。女性は妖精に守られていました。


   
玄関の気の流れ 廊下  玄関・ドア
漏財宅

建物内の気の流れ

漏財宅」(ろうざいたく)という言葉がある。
漏財宅は、玄関が「窓やベランダ」と一直線に結ばれている状態で、ここから「財の気」が漏れると言われる。これを防ぐため、窓の前に「ついたて」などを置いて、気の漏れを防ぎます。

もう一つの漏財宅は「吹き抜けの玄関と、玄関前の階段」です。
吹き抜けの場合、玄関から入ってきた気が、一階をスルーして、(吹き抜けの)上の方に上がっていきます。階段の場合は、一階をスルーして、二階に気が流れていきます。漏財宅と同じで、対策が求められます。


気には「二種類の気」が存在!

気は「無形」であり、視覚では捉えることができません。感じ取るものです(感性です)。ごく稀に、気に敏感な人、波動感性が高い人は「気の流れ」を目撃することがある…

外から「気の塊」(かたまり)のようなものが、玄関に流れてきて、壁があるとそこで止まり、室内の方に流れていきます。もう一つの気は「壁を通り抜けて」、そのまま家の外へ出ていきます

玄関や窓から、室内に入ってくる「波長の長い気」
もう一つの気は、壁や物体を通り抜ける「波長の短い気」

「波長の短い気」は、テレビや携帯電話で使われる電波領域(マイクロ波)のように、物体を通り抜けます。気=空気ではありません

玄関から入ってきた気は、家の中を巡る。この気をどう「うまく循環させるか」が風水です。

気の流れは「右回り」が良し(建物の構造によって、左回りもある)。人間の体にも「気の流れ」があり、右回りです

「気の流れ」が悪いと、そこに「悪気」が溜(た)まる。これが問題です。
気の流れは、人間の体で言えば「血液の循環」と同じです。血液の循環が悪いと「血行不良」となり、「病気」となって現れれる。建物も同じで、「気の循環」が滞ると、それが「悪気」となる

よく、旅行などで数日間、家を空けると、帰ってきた時に部屋の空気が"どんより"し、湿った匂いがすることがある。家の中に溜まった衰気、悪気です。

・血液の流れが悪いと、人は病気になります。
・澄み切った水も、たまると腐ってきます。
・お金の流れも停滞すると、不景気になります。
・気の流れも滞ると
「悪気」になる。
すべては循環です。
 
お問い合せ
良い土地の選び方!
土地の浄化
地鎮、土地の浄化 
変形土地・欠け
繁栄する土地
繁栄する土地、家
水晶玉
水晶パワーの効果
パワースポット
パワースポット
風水観葉植物
風水と観葉植物

風水インテリア

風水インテリア
財運の方位
財運の方位(財方)


幸せを運ぶ
ウィンドーチャイム
水晶クリスタルボール
 
陽の気を運ぶ
宝石質クリスタルボール


クリスタルボール
 


マンション入り口 リビング

マンション残留エネルギー

前の住人の忘れ物?
賃貸マンションの場合、前に住んでいた人の「思い、念」、これが「残留想念」となって、部屋の中に残っていることがある。「怒り、悲しみ」などのネガティブなエネルギーです。

怒りや悲しみなどの「感情エネルギー」は、空間に流れて消えるのではない。壁や床に染み付いて残ります。そこに引越してきた人は、頭痛や不眠など…(原因不明の)トラブルが起きます。

幼い子供はナイーブなので、このようなエネルギーに敏感に反応します。引越してから、急に泣き出したり、不安定になったりします。

これとは逆に、前に住んでいた人が「成功した、出世した人」であれば、その人の「良いエネルギー」が部屋に残ります。そのような部屋に住む人はラッキーです。プロ野球でよく言う「出世部屋」です

高層マンション1 高層マンション2 マンションリビング

最近のケースですが、新築予定の「分譲マンション」がありました。
図面を見たら、「重いエネルギー」が感じられて、なぜ?不思議に思いました。調べると、その土地は、以前は「建材会社」の土地で、敷地には「砂利や残土」がうず高く積み上げられていたとの事でした。

重いエネルギーの原因はこれでした。土地が「整地」されても、エネルギーが残っていました。
「残留エネルギー」です。多分、マンションに住む人は当初は良いですが、しばらくすると、体調が悪くなる人も出てきます。下層階に住む人は要注意、エネルギーの調整が必要。

新しく引越してきた人であれば、昔その土地がどういう場所だったのか、知るよしもありません。時として争いや恨みなどの感情が「残留想念」となって、土地に残っていることがある。

   
 -  ホーム 22/7/7日タイトル変  東京都内・横浜・神奈川