風水研究所

鬼門の間取り
家相、鬼門間取り対策、玄関・トイレ・風呂

家を建てるとき、昔かたぎ大工の棟梁は、できるだけ「鬼門」を避けて建てました。それが普通でした。それなりの理由もありました。しかし狭い敷地では、どうしても間取りは限定されますし、鬼門・裏鬼門に玄関や風呂、トイレ…過度に気にしていたら、住む家がなくなるのが今の住宅事情です。

「鬼門」だからと言って、家を建て替えるのは非現実的な話であり、マンションであれば、なおさらのことです。対策は限られますが、まずは悪気が溜まらないように掃除をし、清潔に保つことが何よりも大事鬼門の水回り対処

(1) 風水の化殺(かさつ)法

鬼門を重視するのが「日本の家相」ですが、問題は、家相には固有の対策がないこと。風水の化殺(かさつ)を代用するしかなく、例えば青龍や麒麟の置物は「鎮」(チン)の作用が強く、凶作用を抑えると言われる。難点は、一般の人には「なじみ」がなく、しっくり来ないのが難点。この点、水晶パワーの効果は確かで、悪気・邪気を浄化し、空間を整える効果がある。

(2) 鬼門除け御札(おふだ)

家相の鬼門に対応するのが「鬼門除け御札」です。
鬼門・裏鬼門からくる災難を「御札」で封じる方法です。これは平安時代の陰陽道の頃から用いられ、「方位除災符」とも呼ばれる。陰陽師の「安倍晴明」(あべの せいめい)は、その代表的な人物です。

(3) 鬼門の対処法
鬼門は清浄に保つべき所。鬼門に当たる場所は整理整頓し、綺麗に掃除して清潔に保つことで、凶意が和らいできます。これが一番大事なことです。また鬼門のライン上には、ゴチャゴチャと物を置かない、気が流れが滞る原因になる。

鬼門の場所に「柊」(ヒイラギ)を植える。トゲのある「ヒイラギ」は、古くから魔除けとして用いられ、邪鬼の侵入を防ぐと言われる。「榊(さかき)や松」もよいです。二階であれば、窓辺に「鉢植え」を吊すのもよいです。トゲの先から「鋭い気」が放出し、風水の鬼角(きかく)殺と同じ

(4) 鬼門の間取り
鬼門に当たる北東は「物置」にするのがよく、部屋にするなら「和室」です。また北東の角隅は、窓や入口を設けなく、「壁」にするのがよいです。窓がある場合は、空けたままにしないこと。
和室の場合、窓に「障子」を付けるとよいです。

一番気をつけるのは鬼門(北東)の玄関です。
また、できるだけ「風呂、トイレ、階段、窓」が位置しないようにする。子供部屋や仕事場が位置すると、集中力や仕事の効率が落ちることがある。鬼門は、「建物の角隅」に位置してなければ、大きな問題はないと言われる。裏鬼門は、「さほど悪くあらじ」で、過度に気にする必要はなし。。

鬼門の間取りに、「欠け」が重なる場合は、対処法も限られる。新築の引越しの場合は、地元の氏神(うじがみ)様に、家祓い(やばらい)を依頼するのがよいです。また鬼門の場所に、水晶玉を配置して「気のバランス」を整える。これが一番のようです。鬼門の欠け







浄化用水晶



オニヒイラギ



シマ ヒイラギ




鬼門の欠け

家相方位盤、鬼門の方位
 


鬼門の方角・方位

鬼門には、諸説があります。「陰」と「陽」の切り替わる地点に当たり、気が乱れやすく、「悪気や邪気」が溜まりやすくなるとも言われる。「鬼門、家相のタブー」

北東の鬼門は「丑〜寅」の範囲
西南の裏鬼門は「申〜未」の範囲です。

鬼門の「北東」は、陰陽道では「丑寅」(うしとら)、八卦では「艮」(ゴン)と呼ぶ。裏鬼門の「南西」は、陰陽道では「未申」( ひつじさる)、八卦では坤(コン)と呼ぶ。

陰陽道では、北と西は「陰」、東と南は「陽」とされ、北東と南西は陰陽の境になるので、気が不安定になると言われる。


      【家相の鬼門の方角】
 

家相の北東(鬼門)は60度の範囲

丑の30度と寅の30度で、計60度の範囲。
西南(裏鬼門)は未の30度と、申の30度
を合わせた計60度の範囲。

家相の鬼門は60度の範囲で、あまりにも
範囲が広く、風水の45度を取る人もいる

一般の方位計で言うと、
北東60度とは、15度〜75度の範囲。
西南60度とは、195度〜255度の範囲。


    【風水で見る鬼門の方角】
  風水の北東は45度の範囲

一般の方位計で言うと、
北東とは、22.5度〜67.5度の範囲。
西南とは、202.5〜247.5度の範囲。

風水と家相では、「鬼門の範囲」が
異なり、また流派によっても、
範囲が異なることがあります。


「鬼門に位置する」と言われれば、気になるのは仕方がありません。
しかし過度に気にすると、悪いことに「波長」が合ってしまい、「凶」のエネルギーを引き寄せてしまうことがある。人の及ぼす「意識作用」、こちらの方が要注意です



日本には古くから鬼門思想があり、多くの説がありますが、どれも明確な根拠はなく、説得力に欠けるのは否めない。風水の本場、中国では、鬼門はほとんど考慮されません。鬼門思想は日本独自の説と言えます。

鬼門のエネルギー!

波動感性の高い人は、地面に「東・西・南・北」の柱を建て、それを縄で張ると、北東の鬼門にあたる部分の「波動が異なる」のが分かると言う。また鬼門に当たる部屋いると、「気のうねり」のようなものを感じ、ジーッと鳴るような「振動音」がすると言う。
鬼門のエネルギーは、いろんな条件が重なって現われます

鬼門説を地磁気(ちじき)と関連して捉える考え方もある。
地球は巨大な「電磁石」みたいなもので、 南北の「磁場」がある。
南から北に向かって「地磁気」が流れ、これが大地の大きなエネルギーになっている。


地磁気図(全磁力)、地磁気の変化(1970年−2015年)
気象庁:地磁気観測所

風水家相研究所