風水 土地建物の欠け、三角形の土地

土地の浄化に戻る

 風水や家相では、土地や建物に「欠け」があると、気のバランスが崩れ、欠けている方位の運気が下がり、衰退を招くと言われる。


一般に、土地建物の出っ張りの部分(凸)が一辺の長さの1/3以下であれば、「張り」(吉相)とされる。逆に、出っ張りの部分が一辺長さの1/3を越えたとき、残りの(凹)部分を「欠け」(凶相)と呼ばれ、住んでいる人に影響を与えると言われる

簡単に言えば、小さな出っ張り(凸)は「張り」。「L文字」のような大きな凹みは「欠け」、こう理解してもよいでしょう。問題は、なぜそれが一辺長さの1/3で、それによってなぜ幸不幸が起きるのか? 

敷地の関係で、どうしても「欠け」のある建物になることがある。
建物の欠けは、建築構造的に不安定になり、「氣」の循環が滞り、アンバランスになると言われますが、それで即、病気や災難が降りかかるわけではありません

自由せっけい倶楽部




住宅、張り・欠け







昨今、デザインを重視したデザイン住宅(デザイナーズ住宅)が増えている。
個性的、斬新なデザインであるがゆえに、形が複雑になったり、建物に凸凹ができることが多いですが、今日では凹凸は通風や採光に使ったり、デザインに変化を付けるなどでうまく利用されている。狭小住宅の場合は、敷地が狭いゆえに制約が多く、どうしても建物に凸凹(欠け)ができることが多く、致し方がない面もある。



土地建物の張り・欠け


「張り欠け」には諸説あり、四角や長方形の建物が最上で、「欠け」はどこでも凶とされる。
家相では、北東と西南は「張りも欠けもない」のが吉とされ、
鬼門・裏鬼門の「欠け」は、特に注意が必要とされる。マンションの「欠け」の場合、リフォームは無理であり、対処法は限られてくる。

★家相では、建物や敷地の「どの方向に張り・欠けがあるか」を非常に問題にする。
一冊の家相書の大部分が「張りや欠け」で占められている例も少なくない。どの家相書も、欠けに伴う「災難、災い」は大いに指摘しますが、肝心の対処法を示すことがなく、これが問題である。(早い話、リフォームで欠けを「ふさぐ」か、「引越す」しかないのである)。



三角形の土地建物



Y字道路の槍殺
風水では道路の突き当たりの家を槍殺(そうさつ)と言い、槍(やり)が飛んできて、突き刺すような「殺気」を言う。こうした場所は災難を招く言われる。

二つの道路が「Y字型」に交わる場所は、「三角形」の土地が生まれやすくなる。
三角形の土地

風水では、三角形の土地はとされる。凶意も強く、取れる対策は限られる。さらに三角形の土地に三角形の建物は大凶とされる。

この場合、敷地を「長方形」に区切って使うのが理想。
三角形の角の部分に木を植えたり、花壇にして使う。生活空間として使わないこと。(三角形の細長い敷地に、狭小住宅が建つ場合は、特に注意が必要)。

また、敷地の角に木を植えて凶の気を弱める方法もありますが、木が成長すると邪魔になるので、これも敷地に余裕があることが前提です。

もう一つの方法は、水晶パワーで、「気の流れ」を整える方法です。地鎮水晶で気の循環を高め、「気のよい土地」に変える方法です。敷地が狭い場合、現状ではこの方法が一番と思われる。


「黄金比」の活用!

古代ギリシャで発見された黄金比(おうごんひ)、「1対1.618」というのがある。
縦と横との関係がこの比率になるとき最も安定し、美観的にも美しい比率とされ、建築や美術的要素の一つとされる。この比率を「黄金比」(おうごんひ)と言い、地球上のあらゆるものを最も安定させる比率とされる。。


「風水」への活用も必要で、この黄金比(1対1.618)をうまく取り入れると、エネルギー的にも安定し、住居としては最も安定した建物になる

黄金比はパルテノン神殿やピラミッド、パリの凱旋門などの歴史的建造物や、レオナルド・ダ・ビンチのモナリザ、ミロのビーナス等の美術品に見出すことができる。また植物の葉の並び方や、巻き貝の中にも見ることができる。またテレビやデジタルカメラなどのサイズ、名刺や本の新書版などのサイズも黄金比からできている。黄金比は「フィボナッチ数列」とも関係している。
  

日本には白銀比(はくぎんひ)1:1.414、というのがあり、「大和比」とも呼ばれる。
白銀比は、木造建築の伝統技術に見られ、聖徳太子が建立した法隆寺の伽藍配置や五重塔や金堂、四天王寺の伽藍配置の縦横の比率に見ることができます。また裏面に1.414倍の目盛りを持つ、日本の「曲尺」(さしがね)は、聖徳太子の時代から使われていたと言われる。

日本人好みの「女性の美しさ」も、この白銀比に関係すると言われる。丸顔や胴長の身体プロポーションが、細長い黄金比よりも白銀比に近いことから、親近感を感じるのかもしれませんね。『東京スカイツリー』は偶然でしょうか、第二展望台の2階の高さは450mで、白銀比と言われる。


 L字形の土地

黄金比の建物への活用(1対1.618)

風水では、L字形の土地・建物はよくないと言われるが、この黄金比を使って長方形(建物)を二つ組み合わせると、建築的にも、エネルギー的にも、最も安定した建物になる。またこの黄金比を取り入れることで、欠けの問題はクリアーされる。

黄金比は「間取り」にも応用できます。
(間取りの縦横のサイズを黄金比にします)。
 コの字形の建物


コ字形の建物は「中心」がとれないため、建築構造的に不安定で、バランスが崩れてしまいます。風水では、両袖の部分に陽の気が集まり、欠けの部分に陰の気が集まり、「気の循環」が滞ると言われる。精神的に不安定になりやすいと言われる。


対処法としては、黄金比(1対1.618)を活用し、長方形(建物)を組み合わせることで、安定感のある建物になる。これが難しい場合は、水晶玉を設置して「気のバランス」を整えます。

 多角形の土地




地鎮水晶

水晶玉を活用した「土地の改善法」

多角形の土地の「欠け」も、「氣」が不安定になります。
土地の「形」によって水晶玉の配置は異なりますが、一般的には敷地の各角に水晶玉を埋設します。

複数個の「水晶玉」を配置すると、水晶のエネルギーがつながって、敷地全体にエネルギーが拡がって、結界(けっかい)を張ったような形になる。吉相の土地

水晶埋設のポイントは、単なる水晶ではなく、「気入れ」された、パワーのある水晶玉を使います。効果が高まり、気の循環が促進し、「土地のエネルギー」が変わってきます。「L字形の欠け」にも効果を発揮します。
 車庫などの欠け


狭い敷地に「車庫」を設けると、必ずと言っていいほどできるのが、建物の「L字形の欠け」です。

一番確実なのは、建物の欠けを”ふさぐ”方法ですが、リフォームとなると、そうは簡単ではない。
欠けの部分に「屋根をかけて」補正するという考えもありますが、建物の回りが覆われていなければ、実質的欠けであり、効果は期待は薄い。

特に問題が発生してなければ、そのままでよいですが、気になる人は四隅に水晶玉を埋設するのがよいでしょう。
 四角形の土地


一番オーソドックスなやり方です。
敷地の四隅と中央に、計五箇所に水晶球を埋設します。


水晶玉を埋設することで、土地を清め(浄化)、気の流れを整え、土地のパワーを高めます。こうした場所には「よい気」が流れ、健康や運気までも上昇します。→地鎮水晶



家相が悪い、建物に「欠け」があると言われれば、気になるのは仕方がありません。しかし時として、それが「不安」をあおるだけの結果になってしまうことがある。残念な話である。

某テレビ番組で、ある「家相家」が破産に追い込まれた女性に対し、「あなたの家の鬼門の方位(北東)が欠けているから、このような災いが起こった」と話すのを聞いたことがある。もしその説が正しいなら、(逆に)欠けのない長方形の家に住んでいる人は、破産することがないことになる。考えてみれば変な話で、現実はそうではありません。破産したのは今日の経済要因に求められる。

また、南西に欠けがあれば、「母親病弱、生活費浪の作用が表われる」とか、「病気や災難を招き、不安定になる」という話もある。しかし、そう言われれば心配になるのが普通で、それが現実化することがある。過度に気にすると、悪いことに「波長」が合ってしまい、「負のエネルギー」を引き寄せてしまうからである。人の及ぼす意識作用、こちらの方が要注意です

悪いことを過度に気にすると、「気持ち」が不安定になります。
不安な気持ちは「陰の気」を呼び、やがては「運気」を落としていきます。そうした時に「悪いこと」が起きます。過度に意識しないことです。言葉に惑わされず、「ポジティブな気持ち」でいることが何よりも大事です





→地鎮水晶
当ページに関するご質問等は、
担当者の岡部までお問合せください。



manager@peace.email.ne.jp
 →お問合せ先
2017/8月更新