お祓い・除霊・相談


 マンションお祓い、中古住宅の除霊
 中古住宅のお祓い除霊、事故物件、うつ病


引越しは「開運」のチャンスですが・・・
中古住宅やマンションの場合、前に住んでいた人の
「思い、念」これが「残留想念」となって部屋に残ることがある。そして、次に住む人に影響を与えます。「残留エネルギー」と呼ばれるものです。

このため、引越した後に・・・
トラブルや異変が起きたり、体調が悪くなったりすることがある。亡くなった人がいれば(事故物件)、なおさらのことです。中古住宅やマンションの場合は、お祓い除霊が必要です。


パソコンで言えば「リセット」(初期設定)です。
お祓い除霊‥‥自分でやるのもよいですが、一歩間違えると、逆効果になるので、安易な気持ちでやらないこと。事故物件も要注意。


例えば、賃貸マンションで、
「前の住人」が大きなトラブル、問題を抱えていた場合、次に住む人は、引越してから、仕事や私生活で「トラブル」が続き、何をやってもうまくいかないことがある。前の住人の「残留エネルギー」の影響です。中古住宅の場合も同じ。

また、度々「夫婦喧嘩や言い争い」が起こると・・・
そのエネルギーが 部屋の壁に張り付いて残ります。その結果、次に住む人は、「頭痛、イライラ、眠れない」などの不調が続くことがある。

子供は、エネルギーに敏感なので、注意が必要です。
ペットも反応し、猫は最も霊的な動物です

引越した後に起きるトラブルなので、「引越しの方位が悪い」と勘違いする人もいます。方位ではありません。悪気がある場所は、薄暗く、黒っぽく見えます。エネルギーの転換が必要です。いずれにして中古住宅、マンションの場合、お祓い除霊。事故物件なども。

 簡単な「霊のチェック法」
一般に、霊は磁気に反応しやすく、霊エネルギーがある場所は、「磁場も狂いやすい」です。「方位磁石」を持って、玄関、風呂、トイレなど、方位を確認するとよいです。部屋ごとに方位がズレたり、方位磁石の「針」がクルクルと回るような場合は、要注意!

また霊は、「湿気や水」がある所に集まりやすいので、トイレや風呂などの「水回り」は、常に掃除をして、清潔にしておくこと。



マンションや住宅などで、病死(孤独死)や自死に関わる問題(事故物件)の場合は、霊現象を伴うことがある。その場に亡くなった人の「思い、念」が残るので、「お祓い・除霊の儀」が必要になる。

@ 亡くなった故人の霊、魂を祓い、
天上(霊界)に上げる。
A 部屋を祓い清め、残留エネルギー(思いや念)を浄化する。
御霊(みたま)と部屋、この二つを祓うことで、霊現象は収まります。

故人の苦しみが長く続いた場合、そのエネルギーが部屋の中に溜まり、部屋自体が重苦しくなる。霊体も過度に重くなり、上にあげるのが困難なことがある。そのようなとき、「天上界」から助けが入ることがある。合掌!


事故物件のような場合は、お祓いの後、「水晶玉」を設置するのがよいです。部屋の「気が循環」し、エネルギーが高まります。重苦しく、暗く淀んでいた場所が明るくなり、部屋の雰囲気が変わってきます。

新築マンションであれ、中古住宅であれ、部屋の浄化が必要で、事故物件の場合は、何をどこまで行うかによって、費用・料金は異なります。

→ お祓い・除霊の注意、料金相場!


中古住宅、マンションお祓い、事故物件


霊障・お祓いの事例 (お客様からのメール)

----- Original Message -----
From: <××××@docomo.ne.jp>
Sent: Sunday, may 29, 2016 2:54 PM・


はじめまして。三浦と申します。
「除霊・お祓い」で検索し、ホームページにたどり着きました。

現在、家の購入を考えており、物件を探しているところ、以前から注目していたマンションに間取り・広さに希望に近い中古の物件が出ました。相場よりかなり安く、「告知事項あり」という物件でしたが、価格が魅力的でしたので、あまり深く考えずに、家族三人で内覧に行きました。

内覧の時、告知事項の内容を確認したところ、このお部屋で所有者の方が「自殺」されたとのことでした(事故物件)。すぐに購入できない旨を伝え、帰宅しました。途中、塩を購入し、お清めしてから家に入りました。

内覧したマンションの部屋は、まだリフォームされていませんでしたが、「お祓いは済んでいる」とのことでしたが、部屋に入る前にとても「寂しい」感じがした以外は、何も気になることはありませんでした。

しかしその晩、息子がよじ上った机の上から落ちて頭部を強打し(今は問題はありません)、主人は金縛りにあい(めったにないので驚きました)、私は頭痛と倦怠感に見舞われました。それ以降は何もなかったのですが、私が昨晩、寝付けず、やっとうとうとした時、呼吸がまったくできなくなるという体験をしました。

何ともいえない、とても嫌な気分が残っています。これらのことがあり、主人と相談し、一度見ていただいて、お祓い・除霊をしていただくのが良いのではないか、ということになり、今回ご相談させていただきました。

このメールを書いている間も、背中がぞくぞくしたり、どきどきします。ただの思い込みなのかもしれないのですが、先生のお力をお借りしたいと思っております。

このようなこと(事故物件)を、どちらに相談したらよいか分からなく、先生のホームページにたどり着いた時、とても安心感を覚えました。
よろしくお願いいたします。

★ 中古マンション、その後

その節は急なお願いにも関わらず、貴重なお時間を割いて相談にのって下さり、本当にありがとうございました。あれから2週間が経ちますが、先生にお会いして帰宅した時から、住まいがすっきりしたような感じがし、現在何事もなく生活できております。ありがとうございます。。

主人と「先生に相談することができて本当に良かった」と話しております。今回の件で、家やマンションを探す上で、注意しなければならないことがある…ことを知ることができました、事故物件です。今後、また先生にご相談にあがることがあるかと思いますが、その時はよろしくお願い致します。

<追補>
「告知物件」で、「お祓い済み」となっていても、安心はできません、
この場合、神主さんが行なう「一般的なお祓い」ではなく、霊能者の「除霊を目的にしたお祓い」が必要。料金は告知の内容によって異なります。中古住宅、マンションの「事故物件」の場合、お祓い除霊は必須の儀式です。

→お祓い除霊に戻る

(お問合せ)


No
Image

当方は、特定の宗教や団体とは一切、関係ございません。ご安心くだい!










風水研究所

お祓い除霊

お祓い除霊
料金相場


お問合せ


マンションお祓い除霊


精神病、うつ病に伴う自死、供養の仕方


昨今、多いのが精神病、うつ病による自死。
うつ病になると、先行きを悲観し、「自殺願望」が湧き、時には事故が起きます。WHO(世界保健機関)の「精神疾患と自殺との関係調査」によると、自殺者のうち、約3割がうつ病に該当すると言われる。「自殺は、うつ病の症状の一つ」とも考えることができ、それほど多いのです。

こうして亡くなられた方は、自分を責めてしまい、なかなか上にあがれなく、この世を彷徨(さまよ)うことが多いようです。その結果、そこに浮遊霊として留まり、時にはトラブルの原因になることがある。

自殺された方は、自分で自分を殺したように、死後も自分を罰することが多い。これを救うのは、縁ある人からの感謝です。(ご家族など)縁ある人が感謝の思いを伝えることで、魂に光が灯ります。合掌!

自責の念に縛られている故人に、「私たちが生きているのは、あなたがいたお陰」と、感謝の思いを伝える、「ありがとう!」と。これはどんなお祓い・除霊よりも効果があります。一番大事なのは、亡くなられた方への感謝の思いです。合掌

故人が住んでいたいた部屋には、鬱病のときの「苦しい思い」が残ったままになることが多く、それが、故人を「落ち着きなく」させます。これゆえ、お部屋の浄化が必要です。



邪気・邪霊よけ「水晶玉」


水晶は「浄化力」が最も強いクリスタルです。
霊的作用に大きな効果があり、「ラップ現象」が起るような所に水晶を置くと、ピタリと収まることがある。

但し、市販の観賞用の水晶玉ではなく、霊除け用にパワーが込められた「霊除け水晶」です。必須条件。


安心!中古住宅のお祓い・マンション、
引越したらお祓い除霊が必要。
事故物件の料金。

 5月26日タイトル変更