風水研究所

 お祓い 除霊、料金相場と効果

  悪霊、生霊、憑依霊、遠隔除霊で全国対応
お祓い除霊相談  中古住宅・マンションお祓  お問合せ・申込み お祓い除霊、料金 効果

お客様の中には、あちこちの霊能者を訪ね歩き、藁をつかむ思いで、最後に、ここにたどり着く人もいます。お祓い除霊を受ける際は注意!タチの悪い霊が目を覚まし、悪化することがある。

霊障を強調して、必要以上に恐怖心を与え、高い料金を請求する人もいます。除霊をしても、ほとんど「除霊ができてない」所もあるようです。逆に、過度に「安い料金」もご注意です。

タチの悪い霊もいます。幻聴・幻視のように、いろんなものを見せたりする。顔が崩れ、目をそむけたくなる動物霊もいます。お祓い除霊は、このような「低級霊」のエネルギーに繋がるため、危険で疲労も大になる。このため、受けてしまう霊能者もいます。難儀な仕事です。

お客様、除霊の事例・・・


お祓い・除霊料金


昨今、しっかり除霊ができる、信頼できる霊能者が少なくなりました。
「天上界」では、この状況に危機感があり、嘆きの声が聞こえてきます。


お祓い除霊の料金は「千差万別」で、決まったものはありません。
安ければよいというものではなく、高いから効果があるとも言えません。
最終的には「結果で示す」、これのみです。

極端に料金が安い場合は、要注意。
後で料金が倍になったり、一桁増えたりなど…

参考までに、一般の料金相場として、下記のように示すことができます。

・霊障、霊の有無の「霊査」、相談料金、1万〜1万5千円
霊を取り除く「お祓い・除霊」、2〜3万円
生霊鎮(しず)め、生霊(いきりょう)返し、3万円〜5万円
重い霊障、憑依、悪霊、動物霊、霊道封じ、万円〜
自殺、事故物件、怨念、ご先祖の因縁解除、8万円〜
 料金は、憑いている「霊の数」によって異なります。 2/20から料金改定予定

一番の問題は「料金と信頼性」です。
多少料金が高くても、しっかり除霊が行なわれ、霊が取り除かれていれば、問題は片付くのですが…。問題がある所ほど、「除霊ができてない」ことが多く、料金も不明朗。誇大広告にも注意が必要。

生霊(いきりょう)、怨念、ご先祖の因縁解除
先祖の因縁や怨念、生霊(生霊返し)は、恨みや憎しみ、敵意が入ってきます。対応を誤ると自分(霊能者)に返ってきます。生霊返しは、それ相応の経験が必要になります。

魔が入った霊、強い自縛霊、生命に関わるものなど。
強いお狐、妖魔(ようま)、魔物、亡霊。霊の中でも「最凶クラス」で、対応も難しく、相当の力量が求められます。霊能者に向ってくるような霊は、特に危険です。霊能者の「真価」が問われ、霊能者の肉体的な負担も大。料金以前の問題です。

お客様 除霊の事例  中古住宅・マンションお祓   お祓い除霊相談


お問合せ・申込み

お祓い・除霊の効果

強い霊が、長期間に渡って取り憑いた場合、除霊が成功し、霊が完全に離れても、元の状態(体)に戻るのに時間がかかることがある。受けたダメージが大きく、回復に時間がかかってきます。事故やケガの「後遺症」と同じです。

逆に、霊障が一年くらい、軽・中度のものであれば、霊が外れた瞬間に、「体が軽くなった、頭がすっきりした」などと、ビックリする人もいます。感じ方に個人差もあります。


体質的に霊に反応しやすい人もいます(霊媒体質)
当方の場合、ほぼ一回の除霊で済むことが多いですが、霊媒体質の人の場合、霊を取り除いても、後日、別の「霊」が寄り付くことがある。

一度、霊と繋がりを持つと、「通信回路」ができたようになって、繋がりやすくなります。非常に厄介な問題です。また無意識の内に、霊に意識を向け、繋がってしまう人もいます。霊は「後頭部」から入ってきます。

結界(けっかい)
体の回りに霊的バリヤー(結界)を張り、霊が近寄れないようにする方法がある。これが一番効果的ですが、霊媒体質の人の場合、いくら結界を張って体を保護しても、体が反応しやすいため、どうしても限界が出てくることがある。

対策としては、霊の影響を受けないように、ご自身のパワーを高める
エネルギーワークなどで、身体と魂にエネルギーを補給し、体のエネルギーを高め、強くしていく、これが必要です。除霊で、ほとんど失敗したことがないですが、時間がかかるのはこのようなケースです。

生霊とは、生きてる人間が無意識に作り出した想念エネルギーです。やっかいな点は、本人が無意識で行なっていて、「気づいてない」ことが多い。恨み、妬み、憎しみ、そのような念が四六時中、相手に飛んでいきます(片思いのケースもある)。体調が悪くなり…体が重い、不眠、頭痛、原因不明の病気で、仕事が停滞し、「八方塞がり」になることもある。

対処法としては、念を発している相手を特定することですが、これが一番難しい点です。相手を特定できない場合は、憑いている生霊を(半強制的に)引き離します。次に、生霊が再び寄り付かないように、体の回りに霊的バリアー(結界)を張ります。

生霊が強いと、住む部屋にも影響が出ます。悪気が溜まり、部屋のエネルギーが重苦しくなり、心身ともに疲弊します。生霊返しは、一般のお祓いとは異なり、困難な作業で、高度な技量、
熟練が必要とされ、料金も高めになる。


お問合せ・申込み
当ページは「裏メニュー」
のため、トップページには
表示されません



http://simokita.org/sight/osore/
青森:恐山
東日本大震災 追悼碑



北口浅間神社

当方は、特定の宗教や団体とは一切、関係ございません。ご安心くだい!


No
Image


風水研究所

お祓い除霊相談

中古住宅・
マンションお祓


お客様 除霊の事例

お問合せ・申込み

【除霊の事例】
ご先祖様の因縁解除

From: ******@softbank.ne.jp
Sent: Tuesday, January 22, 2019 4:21 AM
To: manager@peace.email.ne.jp

こんにちは、はじめまして。横浜市在住の*****と申します。
よろしくお願います。

身の回りにトラブルの連続で、今までいろいろな霊能者に相談し、除霊もしてもらいました。しかし全く状況は良くなりませんでした。何が原因なのでしょうか。どうしたらよいでしょうか。家族が幸せになれるでしょうか。これで最後にしたいです。
どうかお力をお貸しください。お願い致します。

私の幼い頃は、家族は明るくて仲良く、楽しい家族でしたが、自宅のリフォームの話が出た頃から、突然、兄が金縛りになり、次に私もです。幽霊を嫌と言うほど見ました。それから兄が段々と暗くなり、家族も暗くなり、家族の仲は悪くなり…兄は32才で亡くなりました。代々に渡り、長男は不幸、早死してます。

数年後には、父が脳梗塞で半身麻痺になり亡くなりました。
怖くなって、神主さんにお祓いをしてもらい、神様をお祀りして、ご先祖様の供養をしております。お墓参りは欠かさず、皆で心を込めて行なっています。

父が他界したあと、長年住んでいた土地を売却し、引越しました。
家のあった周辺は、昔は墓地だったようで、何かの工事の際には、「お骨」がよく出できました。家の周辺では、家を新築したり、リフォームすると、突然のように災いが起きました。写真を撮ると、半透明の「オーブ」がいっぱい写ってました。

今住んでいる新築戸建ては、苦労して探しました。占いの人に「地相、家相」などを見てもらいました。しかし最近になって、土地が良くないことが分かり、私にとって最悪の土地でした。何か良くない場所に引き寄せられる感じです。

実は、私の家系は古い家柄で、昔は武家だったそうです。
先祖の誰かが人を苦しめたと聞いてます。お金をもらって、罪もない人を切り殺していた人がいた、と霊能者から聞きました。

ご先祖の悪因縁でしょうか。どうしたらよいでしょうか。
よろしくお願いします。


−お祓い除霊、因縁解除の儀−

土地建物の霊視…
霊視をすると、家のリビングに「男性の霊」がいました。
元々、この土地にいた霊で、ここを住処(すみか)にしていました。霊は自分の家だと思っているので、「出て行け」と言って、怒ってました。

新築の台所の配管からものすごい「異臭」がしたのは、この霊の仕業です。いやがらせです。霊はこの土地の先住者なので、丁寧に祓いお清めをし、敷地から立去っていただきました。合掌。


ご先祖様の霊視…
ご先祖は古くから続く家で、鎌倉時代のご先祖様は「神信仰」でした。
丸いような石が見えます。その石がお墓です。
とても清らかな、恩恵の受ける家系でした。

ご先祖の家は、女性が「お城」にお嫁に行くような、格の高い家柄です。
女性が家を繁栄させる家系です。

江戸時代に入り、一族の方で「人斬(き)り」をした方がおります。
お金を積まれては、人を斬ってました。女や子供まで、容赦なく切り殺してました。後に、このご先祖は酒に溺れ、精神病になり、最後は自害してます。

明治時代の一族の方は、たくさんの「蛇」殺しています。
精神病になり、蛇を殺すと力が得れると思っていました。最後は、心臓の病気で苦しんで亡くなっています。側で、蛇がたくさん動いている映像が見えました。

今まで自害、自殺した方は3人います。今も彷徨(さまよ)い、苦しみもがいてました。成仏してませんでした。お祓い除霊で、この方々の霊魂を全て祓い清め、あの世に送りました。

代々続く「長男の早死」は、一族の方が行なった「悪行」が原因になっていました。大昔の事とは言え、ご先祖様の犯した「悪行」は怨念を生み、それが子孫に引き継がれ、このような事が引き起こされました。

お祓い除霊で、悪因縁は全て断ち切りました。因縁を解除しました。
霊魂を鎮め、因縁を断ち切りました。これからご家族の人生が変わってきます。良い方向に行きます。心配がなくなります。

若くして亡くなられたお兄様を、天界に引き上げました。
お兄様の魂は浄化され、今は天界にいます。ご安心ください。


この件は、難儀なものでしたが・・・
無事、ご先祖様の『因縁解除の儀』を執り行い、因縁を断ち切ることができました。一回のお祓い除霊で終了し、以後、異常ナシということでした。出張も検討しましたが、遠隔除霊で対処できました。
(合掌)


家族に「不幸な事故や災い」が続く家は、原因を探ると、
ご先祖様の因縁や、土地に問題がある事が多いです。


お問合せ・申込み

霊能者を探す場合・・・

除霊能力だけではなく、人柄も考慮すること。仕事柄、個性的な人も多く、人柄や相性も大事です。霊能者自身の人物鑑定が一番難しい点です。

霊能力は「生まれ持った素質」が一番ですが、背後にいる守護霊の霊格によっても差が出ます。守護霊から何の護(まも)りがないまま、除霊を行なう人もいます。危険です。守りがあると何かあった時、「助言、助け」が入ります。

霊能者の「力量」が不足していると、お祓い・除霊を受けても、逆に体調が悪くなることがある。結果的にムダな出費になるので、注意が必要です。料金は 安ければよいというものではなく、高いから効果があるとも言えません。
最終的には「結果で示す」、これのみです。

 女シャーマン

場合によっては、特別な霊能力を持つ「女シャーマン」をご案内します。
眉間の「第三の眼、サードアイ」で霊視をします。
第三の眼は、「縦」に開いてます

霊視の際は、霊がいる次元まで、意識を”ぐ−っと”下げていきます。
そうすると、低層界にいる霊が見えてきます。「第三の眼」に映ります。自分の「波動」を下げるので、肉体的負担も伴います。見たくもない光景が見えたりすると、特にそうです。疲労が蓄積します。このため安易に霊視はできません。

「動物霊」が憑いているようなケースだと、あちこちに「狐火」(きつねび)が飛び交い、異様な顔をした「獣」がうごめき、目をそむけたくなる光景も視えます。

私から霊は見えますが、霊は私が見えないようです。霊の近くまで行っても、せいぜい見えるのは、私の「目の部分」だけのようです。全然気づかない霊もいます。脅すわけではないですが、驚いて逃げていく霊もいる。

ですが、油断をすると、夜眠っている間に体の中に進入しようとする霊もいます。「霊の仕返し、嫌がらせ」です。それ相応の「負担、危険」を伴うのがこの仕事です。




→風水研究所に戻る

お祓い・除霊の料金相場、悪霊・生霊・憑依霊には注意
東京・横浜、遠隔除霊で全国対応。

 10/6タイトル変更