-
 風水研究所
悪魔祓いお祓い除霊 東京

悪魔祓い、悪魔 憑依 除霊、
悪霊退散、呪詛・呪い返し
巫女シャーマン 相談依頼

悪魔祓い 相談依頼・事例    巫女のシャーマン  
他の霊能者で除霊ができなかった人もご相談

悪魔祓い

(まばらい)
魔とは「悪魔、魔物、闇(やみ)、妖怪 、死神、亡霊」等の「魔性」をもつもので、人間わざでない力をもち、人を惑わせ、災難・不幸をもたらす「魔界」の存在です。日本では魔物、西洋では「悪魔」です。

例えば、異常なまでの体調不良、怪奇・霊現象、"死にたい"という希死願望、異常な言動をしてしまう場合、何をやっても効果がない場合は、魔の可能性が考えられる

「霊」ではなく「魔」が居るのであれば「対応の仕方」が全く異なる。必要になるのは「悪魔祓い」。巫女シャーマンの鑑定を受けて、初めて「魔が原因」と分かるお客様も多い。

魔は「霊」を支配下に置いて、霊を手下のように動かすことがある。そうやって魔は「自分の正体」をカモフラージュし、裏で動き、人を支配します。それが魔です。これに惑(まど)わされる霊能者も多い。

魔にも「力の大・小」がある。強力な魔が憑いている場合、大半の霊能者は尻込みし「私にはムリ、対応できません」と言って断る。タロット占いの人は「怖くて これ以上は言えません!」と口をとざす。

魔に対応するには、豊富な経験と能力が問われますが、よく視えてない人ほど、簡単に引き受けます。そして失敗します。注意!

魔は 祝詞(のりと)や祈祷(きとう)を上げたぐらいでは、"ビク"ともしません。それが魔の特徴。魔は別世界の「魔界の住人です。不用意に手を出すと大怪我をして、仕事ができなくなったりする。最悪の場合、廃業です。

西洋では「カトリック教会の総本山」バチカンの「悪魔祓い」(エクソシスト)が有名。悪魔祓いは危険も多く、必ず祓えるとか保証できるものではない。対応するには肉体的な負担も大です。エクソシストを求めて海外に行く人もいます。


アメリカ在住の日本人から「悪魔祓い」の依頼が来ることがある。アメリカ社会では、霊は信じないが「悪魔は信じる」(7割)と言われます。国によって、悪魔の「姿形」も違ってきます。

多くの場合、魔は人間の「怨み、妬み、怒り、邪心、欲望」などの感情に感応して近寄ってきます。「心の隙間」から入り込みます。自分で魔を引き寄せていることが多いです

魔は「元人間」ではなく、霊とは性質が異なる。未浄化霊ではないので、これまでの除霊方法は通用しません一般的なお祓い除霊で、霊界に送ることはできません。半強制的に取り除き、元の場所(魔界)に戻ってもらうしかない。霊能者からすれば、手に負えない厄介な存在です。

魔が憑くというのは、その人の「今世や過去世の行い」が関係し、総じて 理由もなく憑くことはないと言われる(例外もあり)

自分の「願望達成」のために、前世で自分の「魂」を魔に売り渡しているケースもある。魔と契約が成立している場合、打つ手がなく、契約解除は困難を極めます。その難しさを知っている人、経験のある霊能者は、依頼を辞退します。
  悪魔祓い依頼申込

精神科医の悪魔祓い
奴らは、いる――。
「悪魔憑依」に挑むアメリカ人医師が、25年に及ぶ体験を赤裸々に綴った衝撃のドキュメント。
巫女のシャーマン
プロフィール
巫女のシャーマン
新サービス
人形供養、お炊き上げ

自殺、大切な家族
を亡くした人のために



お祓い除霊 料金

神社・お寺・霊能者
お祓い除霊


霊障の各種事例

生霊祓い、念返し

霊除け対策、精神病

動物狐霊、霊道封じ

  ・魔除けペンダント
巫女シャーマンの
悪魔除けのエネルギーを
封じたペンダントです。
在庫切れ

 

「霊視」で視る悪魔は、時には頭に「ツノ」のようなものが生えていたり、「コウモリ」のような形だったり、「心臓のような形」をしていたり、異様な世界・・・

悪魔祓い 相談依頼

悪魔にも個性があり、あらゆる病状、霊障が出てくる人もおります。時には、メールを読んだだけで「めまいや頭痛」が起きたりします。時間が経過し、状況が厳しくなって、"手遅れ"になる人もいます。
早めの対処が大事です

【横浜 K様】からのメールを一部抜粋。
心身不調もそうですが、魔が意図的に霊現象を引き起こしてました。奥様は外国の方で(中近東)、奥様にも悪魔が憑いてました。


症状金縛り、腹、全身
顔面、手足指腕肘肩腰等の不随意運動
背中腰骨盤の激痛(整形外科受診し異常なし)

心臓を掴まれるような痛み、高血圧(循環器科では異常なし)
膀胱前立腺を押させるような痛み
腹筋を締め付けられるような痛み
神経の痛みが1日中続いて
全身の神経が痺れボロボロに疲れた感じ

うつ症状(体がだるい、起きられない、やる気が出ない等)
夜中の1時、2時、3時、4時、5時と日によって目を覚まさせられる。肋骨あばら骨の痛み、胸、腹を圧迫される、頸部の筋緊張痛み

全身の関節がよく鳴る(膝、足首、足指、指、股関節、背骨、あばら骨)。くしゃみ、あくび、げっぷ、咳が多い、しゃっくり、気管を閉じられてひくっとなる。頭痛、胃部不快感、気持ちが悪い(胃薬多数)、胃上部を締め付けられるような感じ。気管拡張、肺拡張、頭部 腹部 胸部 足部 顔面掻痒感。頸部から腰に掛けて全体的に皮膚が紅潮しピリピリ痛む(アレルギーのような症状)

局部(男性器)への異常な刺激感
お腹にガスが溜まったり無くなったりする
お腹のガスが日本語でしゃべるように聞こえる時がある
体の各部を刺激される。部位の名前が語呂になっていて、意味があるように感じられる時がある

車のナンバーが語呂意味があるように感じる時がある
何台も連続して4桁ゾロ目のナンバーを続けて見る時がある
鳥が鳴く回数に意味があるように感じる時がある
光のようなものが見えて動いたり大きくなったりする時がある。

○念写(映像のようなものが瞼の裏に移る)
○過去の思い出を引き出されて念写される
○独り言や考えを盗み取られる
○霊聴、起きている時間ずっと聞かれている
○霊視、起きている時間ずっと見られている・・・

以下、省略・・・。


halloweenハロウィーン、幽霊、悪魔画像。無料使用

上記事例では、悪魔祓いを行い、なんとか取り除くことができましたが、魔と向き合うのは難儀で、「命がけ」の仕事になることが多い。

魔に支配され「意識・魂」が占拠されると、魔の「操り人形」のようになる。負の想念に付かれ、自己中心的、悲観的になることが多い。魔は自分から「正体を名乗る」ことはないです。このため、霊と見誤る霊能者も多く、時間が経過していくほど状態が悪化します。

魔の支配が長期間続くと「脳神経」にダメージを受け、「幻聴や幻視」が現れることがある。「狐憑き」の場合も、このような事が見られる。医学では「脳神経細胞」は再生しないと言われ、一度、脳神経が損傷すると、元に戻りません。脳機能がおかしくなり、意味不明な言動が現れ、精神病・統合失調症のような病状になることがある。

悪魔祓いは一般のお祓いと比べると、数倍~数十倍の難しさがあり、危険度も高く、時には数人がかりで対処します。魔は「元人間」ではないので、「同情心や哀れみ」のような感情は一切ない。人が放つ「マイナス・エネルギー」を栄養源として活動し、近寄って来ます。

また「自分が祓われる」のを阻止するために、様々な「妨害、嫌がらせ、攻撃」をし、メールを送っても届かない事がある注意!



~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞

※ お祓い除霊は医療行為ではありません。
体や肌に直接触れることはないです。なんらかの効果や結果をお約束するものではございません。ご留意ください。

悪魔祓いご相談、依頼申込を希望の方は、まずは「メール」にてお問い合せください。
24/4/25、5/14、6/10、7/8変更
   


五芒星ヒマラヤ水晶・
魔除けペンダント。


巫女シャーマンの
悪魔除けのエネルギーを
封じたペンダントです。
在庫切れ