風水新築リフォーム間取り

風水研究所
 風水、家の新築リフォーム 間取りプランの作成
新築玄関 注文住宅 日本住宅
 家の新築、リフォーム、どのような間取りがよいか!

 ・住宅メーカーの新築プランに、風水を取り入れたい、可能でしょうか?
 ・水回りのリフォームで、風水を取り入れたい。

 ・間取りがほぼ決まった状態ですが、何かよい方法がありますか?

 ★ 新築風水&リフォームの進め方


まずは、風水を取り入れるのか、家相を取り入れるのか、これを決める。
風水と家相は全くの「別物」です。両者は考え方が異なるので、一緒にすると整合性が取れなくなり、必ず混乱に陥ってしまいます注意!風水と家相の違い

風水を重視するか、家相を重視するかで、「吉と凶」がガラリと変わることがある
何を信じるかですが、やはり
「住みやすさ」が一番でないでしょうか。

(1).新築プランで、一番賢明なやり方は、建築設計士に理想的なプラン(ラフ案)をいくつか出してもらうことです。その中から風水的によいものを選び、プランに修正を加えていきます。(風水師は、この修正の段階で入っていきます)。

この修正を三、四回くらい進めていくとプランが固まってきます。最終的な案が出て、風水的にもよく建築業者もOKであれば、ほぼ決まり。リフォームの場合も同じ。

(2).もう一つは、玄関やリビングの位置など、最初から(風水を考慮した)
大まかな希望を伝える方法です。設計士はそれを勘案して、いくつかのモデルプランを出してきます。その中で風水的によいものを選び、修正を加えていきます。この修正を三、四回くらい繰り返すと、プランが固まってきます。

「風水と建築理論」は両立しない部分があり、
「あちらが立てば、こちらが立たず」となることがある。注意!


風水師が最初の段階から入り、細かな部分まで口出しすると、前に進まなくなり、時として風水的には良いが、「使い勝手の悪い家」ができてしまうことがある。風水的に100%完璧は難しく、要所要所を押さえ、全体として7、8割OKであれば「おんの字」でしょう。




新築、リフォームの注意点、

今ある土地に「家を新築」するのであれば、建物だけではなく、「土地から浄化」することで、「よりよい風水環境」ができます。エネルギーの良い土地が実現できます。家の新築やリフォームの際に、お勧めの方法です。⇒繁栄する土地

奥の手、秘策!
「日当たり、住みやすさ」を重視して「間取り」を決めると、それが風水理論と合わなく、凶方位だったりします。そのようなときは、建物内の「気の流れ」をよくし、悪気、凶エネルギーが溜まらないようにします。これで問題が解決されることが多い。
⇒風水の現場…

「L字型の土地・建物」の場合は、黄金比(おうごんひ)を取り入れることで、問題がクリアーされる。「1対 1.618」の長方形の建物を二つ組み合わせると、建築的にも、エネルギー的にも、 最も安定した建物が実現します「黄金比」

注文住宅1 玄関 キッチン
注文住宅 玄関リフォーム ダイニングキッチン


 ★ 新築住宅の間取り、リフォーム


風水の場合、「理想の間取り」はありません。
間取りを考えるとき、自分の「本命卦」(ほんめいか)に合わせる、これが「風水の考え方」。この本命卦に合った部屋の配置が、風水の「最適な間取り」になる。

問題は、本命卦は家族の人の「生まれた年」によって異なり、、ご主人にとって「吉方位でも」、奥様や子供には「凶方位」になることがある。難題です、寝室の場合は悩みます。このため、間取りのとり方が非常に難しくなる。

他方、日本には古来から伝わる家相学があり、「理想の間取り」がある。
但し、家相には
「鬼門」という考えがあり、鬼門に玄関やトイレ、風呂場があると嫌われる。この他に、正中線や四隅線があり、家相理論をそのまま全部取り入れると、家を建てるのが難しくなるという問題がある。一長一短です。

家を新築する場合…
一番条件のよい場所に(日当りの良い場所)、どの部屋を置くか。
逆に、条件の悪い場所に(日当りの悪い場所)、どの部屋を置くかです。
このような点を考えながら、「プラン」を練っていけばよいでしょう。リフォームも同じ。


まずは玄関です。玄関は「道路」との関係で、場所がほぼ決ってきます。
風水の気は、「道路」に沿って流れてくるので、玄関の開口部(ドア)は、道路に面しているのがよいです。気が流入しやすいです。

風水では、玄関は「吉方位」に置くのが原則とされます。
この吉方位は個人の本命卦(ほんめいか)から割り出すことができます。

但し、家族全員が吉方位が同じになることは希です。
この場合、家族の中心となる人(ご主人)の本命卦を優先させます。

玄関の近くに、トイレを置かない。
間取りで一番難しいのがトイレの場所です。
トイレはできるだけ玄関から離れた場所に置く。

風水の「気」は玄関から入り、家の中を巡.ります。
玄関の近くにトイレがあると、玄関から入ってきた「気」が、トイレの悪気と混じって、家の中を巡ることになる。
 気の流れ

家相では「東南の玄関は栄える」と言われる。
「玄関」は、陽のエネルギーが入る「東、東南、南」が理想的です。「吉」とされる方位は「東、東南、南、西、北西」。

北東や南西は避ける、いわゆる「鬼門」です。
一般に、北東の玄関は「日当たり」が悪く、薄暗いため、「印象の悪い玄関」になりがちです。冬は冷たい北風が吹きつけ、湿気が多いなど、「実生活の面」でも問題が残る。

上記の点から言えば、(風水であれ、家相であれ)、暗さ・寒さ・湿気を考慮すれば、できるだけ北や北東の玄関は避けたいものです。

他方、北玄関はメリットもある。南側に、リビングやダイニング、和室を作るることができるため、日当たりはよくなります。多くの時間を過ごす部屋が南側になるので、この点では理想的です。家相では、敷地の西に大道路があると「吉」とされますが、北側に道路がある敷地も、ほぼ同じような利点がある。

設計の関係上、玄関が北向きになったら、できるだけ「明るい玄関」を目指す!
「陽エネルギー」の溢れた玄関です。

道路に面した場所に玄関を設け、凶に位置した場合は、左右に”ずらす”などの工夫をする。方位も大事ですが、住みやすさも大事です。

間取りは道路や隣家との位置関係、家族構成など、さまざまな要素を組み合わせて考慮されるもので、方位の良し悪しだけで決めるものではあない。大事なのは住みやすさ、利便性です。
リフォームの場合も同じ。

玄関内 マンション・リビング 注文住宅・応接間
玄関のリフォーム ダイニング リビング

 ★ リビング、風呂・トイレの水廻り



リビングは「日当たり」がポイント。

リビングは採光を整え、居心地の良い空間であること!
ここは家族が集まる「家の中心」で、日が差し込む明い部屋、家族がいつまでも居たくなる部屋、これがリビングの大事なポイント。隣家との位置関係(日当たり)を充分に検討した上でプランを練る。

玄関とリビング、 ここが決まると、他の部屋の配置は、あまり時間はかからないでしょう。隣の家との位置関係、方位を見ながら、充分にプランを練ってみてください。

風水では、玄関と並んで重視するのが「寝室」です。寝室は「吉方位」に配置します。吉方位は「本命卦」から割り出し、そこに寝室を配置します。

風呂場や台所・キッチンは「風通し」がポイントになる。家の建て替えで家を解体すると、土台や柱が一番腐っているのが風呂場で、次に台所・キッチン。ここは、家の中で「湿気」が一番溜まりやすい場所であり、何よりも「風通し」が大事。リフォームの際は注意が必要!

風水では、トイレや台所、風呂などの水廻りは”凶方位でよい”とされ、これらの場所は、凶方位に位置することで「吉」とされる。これが風水の特徴です。「凶のエネルギーは水に載せて外に出す」、これが風水流の考え方です。

(風水であれ家相であれ)、トイレは基本的に「陰気」のこもる場所であり、家のどこにあっても原則として凶です。このため方位にこだわると、トイレの場所がなくなり、家の建築がストップ状態になることがある。家の真ん中、玄関の真向かいはNG。リフォームの際は注意が必要。→風呂・トイレの位置方角

神棚、仏壇の位置
できるだけ、水場やトイレの側に置かない。神棚や仏壇は神聖なものであり、不浄とされるトイレの近くに置かない。二階建ての場合は、真上にトイレや風呂が来ないようにする。廊下の真下に、神棚や仏壇が位置すると、足で踏みつけるような形になる。

トイレや風呂の水回りは、水が流れるたびにエネルギー(気)も動き、「気の流れ」が不安定になるこがある。このため、水場の近くに「神棚や仏壇」を持ってこないようにする。神棚、仏壇はできるだけ北東向きにしない。鬼門です。
仏壇の場合、宗派によって「向き」が異なります。


→風水間取りに戻る



- マイホームプラン! 
風水新築・リフォーム、一戸建て注文住宅、二世帯住宅の資金計画、太陽光発電、首都圏・全国情報、
水回りのリフォーム、トイレ、風呂・浴室、キッチン、屋根・内装外壁の修理、


,