風水アップ 部屋の改善
  ・部屋のエネルギーを高める
悪気や邪気、凶作用を抑える

→風水研究所


プランタ画像
リビング 玄関
アマゾン書籍
四神
風水四神

世界中のお金持ちの家は、なんだかんだで、風水を取り入れているケースが多い。『ユダヤ人大富豪の教え』の著者、「本田 健」氏も風水に興味を持ち、家のインテリアなどは、風水師のアドバイスを仰いでいるそうです。
アメリカの風水、海外トピックス( 外部リンク)

投資家、ベンチャー経営者・・・『SBI ホールディングス』の社長・北尾吉孝。北尾氏は、中国の道教を起源とする「易学や風水」に造詣が深く、自室に「よい運気」を呼ぶために、風水の「四神(しじん)」の置物を置いていると言われる。四神に縁のある京都の神社で祈祷をしてもらい、それを執務室の東・西・南・北に配置しているそうです。きっと効果があるのでしょう。→プレジデント オンライン (成功者が実践!開運グッズ&パワースポット)




<進め方>
@ まずは、自分の家(部屋)が「どの方位」に位置し、「凶方位か、吉方位か」を知ることが大事です。
 

A 「凶」とされる場所は負のエネルギーを抑え、「吉」となる場所は、さらにパワーアップしていく。これが風水の基本です。 

部屋の「吉凶方位」を知るには、個人の生まれもった本命卦(ほんめいか)から出していきます。 


風水はマイナスの気を鎮め、プラスエネルギーの流れを作ることが基本。
「凶方位」の場合、悪い気が入りやすいので、その方位に合った風水アイテムを置き、悪い気の作用を抑える。この凶作用を弱める処方を「化殺」(かさつ)と言う。

良い場所は、よりパワフルにする!
悪い場所は、負のエネルギーを抑える!


水晶丸玉
水晶丸玉

風水クリスタルボール

お部屋の浄化
クリスタルボール
(外部リンク)

●水晶球

水晶は、部屋の浄化、エネルギー調整に使います。
気のよい場所に置くと、よりパワフルになり、
悪い気の場所に置くと、悪気・邪気を浄化します。


なぜ水晶なのか→ 水晶パワーの効果
玄関や寝室が絶命(最大凶)に位置した場合、水晶の活用が最適。
家相の
鬼門対策にも効果があります。

良く眠れない場合は、寝室に水晶を置きます。子供部屋のエネルギーを整えるのに良いです。病気で入院中の人は、病室に水晶を置くとよいです。(病院などには「悪気」が多く、この悪気を浄化し、エネルギーを整えるために使います)。

風水では「風呂、トイレ、キッチン」などの水廻りは、凶方位でもよいとされます。これらの凶方位(絶命・五鬼・六殺・禍害)にも水晶玉を置きます。水廻りは、どうしても「悪気」が溜まりやすくなるためです。

家相の場合も同様で、風呂、トイレ、台所など、不浄とされる場所に、厄除け・浄化のために水晶玉を置きます。(ケースバイケースで)、「水晶さざれ石」で代用する場合もあります。水晶玉は家相の「鬼門除け」にも使えます。




盛塩

●盛塩(もりじお)

塩の結晶には、場を清める作用がある
塩は場を清めるツールとして、昔からお清めの際に使われている。土地を清めたり(地鎮祭)、家を新築するとき(棟上式)、塩は欠けません。また、嫌な人が家に来たときは、帰った後に、玄関に塩をまいたりします。これは、「嫌な人」が撒き散らした「悪気を祓う」ためにです

また、凶方位の浄化にも活用できます
玄関や凶となる場所に設置します。盛り塩は天然の粗塩を用い、半紙や小皿に一掴み(5〜10g程)を乗せます。粗塩は精製される前の塩で、固くなったり水分化したら、取り替えます。1〜2週間くらいが目安になります。使い終わった塩は「ありがとう」の気持ちを込めて流し台で流してください。

(時として、場を清める「盛塩」を行なうことで、それに引き付けられるように、悪気や邪気が集まってくることである。稀なことです)。



風水と観葉植物
観葉植物

●観葉植物、花

植物を置くことで、部屋を「良い気」に変える!
植物の持つ生命力が、部屋のエネルギーを「生気」に変えてくれます。植物は場をイキイキとさせる「生気」も持っているので、植物を置くことで、部屋の中の「よどんだ気」がよみがえります。例えば、部屋の隅、階段の下などは、気が滞りがちで、悪気・邪気がたまる。こういう場所に観葉植物を置くと、気が循環して、気の流れがよくなります。

【室内用】
ポトス、ドラセナ、ユッカ、カラテア、ディフェンバキアなど、特に、サンスベリア(虎の尾)は効果が高く、よいエネルギーに変える力があります。ミリオンバンブー(開運竹)もお勧めです。

「アエロ、サボテン」などのトゲのある植物は、魔よけの効果があり、邪気を跳ね返す力がある。特にサボテンは凶のエネルギーを吸うのでので、「場の浄化」にお勧めです。エネルギーのよい場所にサボテンを置くと、「よい気」まで吸うので、置き場所に注意する。ヒイラギ、榊、松は「鬼門除け」に効果があります。 水槽

●水・水槽(金運・財運)

古来より、風水で大事なのが「水」。風水では「水=財」とされ、風水をよくするには(方位や間取りも大事ですが)、水の活用も大事なことです。「水」はあらゆる物質の中で、最もエネルギーを吸収しやすい物質で、場のエネルギーを容易に取り込む性質がある。
水の効用・効果

風水では、流れる川を「水龍」(すいりゅう)と呼び、水龍は「財運」を運ぶものとされる。水には、「気」を集める働きがあり、古代中国では、家庭に「水龍」を作ると、財運を高めることができると言われる。中国や上海、香港では家や店の「財方」(財運の方位)に「水槽」を置くのが普通で、「財の気」が溜まる場所に水槽を置いて、財運を呼びます。

●掃除、整理整頓

開運を願うなら、まずは清掃や整理整頓です。
風水には「運が悪ければ、水廻りを掃除せよ!」という言葉がある。

部屋の掃除をすると、部屋の「氣」も変わり、運気にも影響を与える。家をピカピカにすることで、そこに「人の思い」が入り、「負の気」を寄せ付けなくなります。運気アップを願うなら、まずは掃除をして、部屋をプラスのエネルギーで満たしましょう。→水廻りの掃除

気分が沈む、なんとなく落ち着かない場合は、荒塩を使った掃除法がある。掃除した後、荒塩を床全体に撒き、しばらく時間を置いてから、掃除機で吸い上げます。これで、場と空間から不要なものが取り除かれ、気持ちがすっきりし、体のけだるさや、モヤモヤしたものが取れることがある。

★鬼門や裏鬼門、凶の場所は、常に清潔に保つことで、邪気の進入を抑えることです。部屋が汚れていたり、乱雑になっていたりすると、ゴミの匂いとか、古い物の匂いが漂い、いわゆる「負のエネルギー」です。このような場所には、プラスのエネルギーは来ません。気は感応するので、「邪気・悪気」が集まってきます。

炎(ローソク・キャンドル)

炎には陽の気のパワーがあり、不要なエネルギーを浄化してくれる。

キャンドルの炎は、小川のせせらぎ、そよ風、星の瞬きや波など、人が心地よく感じる自然界のゆらぎ(1/ f ゆらぎ)のひとつです。キャンドルの炎を見ると心が安らぐのは、そのためです。また、キャンドルに灯をともした際に発生する水分、そこからマイナスイオンが発生し、滝・森林のマイナスイオンに勝るとも劣らないほど発生すると言われる。


色、色彩


色はエネルギーそのものです。。色には固有の”波長”があり、色の違いは「エネルギーの違い」です。色のエネルギーが独自のバイブレーションを発し、このバイブレーションが人間の「心理や生理的作用」に、様々な影響を与えると言われる。色が持つ「プラスの効果」を生活の中に活かしていきましょう。→色の意味効果

寝室は眠るための場所、ダイニングは食事をする場所というように、部屋によって使用目的が違うので、目的に合わせた「色使い」の工夫が必要です。


照明

明るさは「陽のエネルギー」を活発にし、暗さは「陰の気のエネルギー」を強める。
「火」のエネルギーを高めるためには、照明を利用するのが効果的です。特定の場所に照明をあてるということは、その場所に「陽の気」を吹き込んで、気を活性化することにつながる。物事を前向きに考えるエネルギーが、明るさによって引き出されます。

東は「朝日」が入る方位です。東側に「窓」があれば良いですが、東側が「壁」の場合もある。朝日が差さない部屋の場合、赤系のインテリアを配置したり、スポットライトをつけるなどして、「疑似太陽」を作る方法がある。これで自然の姿が再現され、「風水力」も高まってきます。「絵画」でも代用できます。

悪いことが続くときは、電灯を新しく取り替えるなどで、家全体を明るくしてみてください。八方位の欠けた部分に照明を置いて、欠けによる凶作用をカバーすることもできます。また、家全体のパワーアップを図りたい時は、正面から建物をライトアップするとよいでしょう。リビングなどには安定した明るさの照明。静かで落ち着きのある、安らかな気分にひたりたい場所には間接照明が必要。。また、寝室は癒し・安眠を誘う柔らかなLED照明を使いましょう。



音、鈴、ドアチャイム


音は空気を振動させるエネルギーで、部屋の浄化には音も有効です。
音のエネルギーで、部屋を「良い気」で充満させ、音からもパワーをいただいてください。音には気の流れを整える効果がある。言葉や文字にパワーがあるように、音にもパワーがある。これを音霊(おとだま)という。自分が好きな音楽や好きな曲を聴くと、内側からワクワクするような気持ちになったり、鳥肌が立つような感動を覚えることがある。これです。

心地よい音や音楽は、部屋のエネルギーを高めたり、浄化したりする。音によって室内にエネルギーの交流が生まれ、気も活性化してきます。お店の場合は、美しい音色のドアチャイムは欠かすことのできない風水アイテムです

また神社のお参りの際に「パン、パン」と柏手をうったり、太鼓を叩いたり、鈴を鳴らします。音の振動で邪気を吹き飛ばし、場を清めます。音は瞬間的に「気の流れ」を整える効果がある。昔の人はそれに気付いて、「音霊」(おとだま)と名付けたのでしょう。部屋の中で何かちょっと嫌な感じがするとき、柏手をうったり、音楽を流したりしてください。エネルギーの状態が変わります。特に、祈りや心温まる癒しの音楽は、部屋の中を聖なるエネルギーで包んでくれます。


香り・お香

香り・お香も、その場のエネルギーを変える力がある。香も浄化としてかかせないもので、お寺や神社、教会など、香りの効果は古い時代から積極的に利用されている。

良い香りは邪気を寄せ付けず、運気アップにつながる。逆に、いやな臭いは運気を下げます。暗い・汚い・くさい場所には、負のエネルギー、悪い運気が溜まり、そのような所で生活していると、気持ちまで暗くなり、運気も下がってしまいます。逆に明るくきれいな場所には、良い気が満ち溢れ、住む人の心も明るく前向きになってきます。このため、風水では掃除や整理整頓を強調します。

香りのエネルギーは部屋の空気を浄化し、その場にいる人の思考を刺激したり、落ち着かせてくれます。上質なもの・自然素材のもの、できるだけピュアなものを選びましょう。静かにじっと落ち着きたい場所に最適なアイテムです。

●人間風水、運気アップの秘訣

住まいを掃除したら、「心の掃除」もしましょう。
開運のために、「吉方位」を活用する、開運アイテムを置くなどありますが、これだけでは充分ではありません。最も大事なのは「人」の部分で、これが揃うことで開運もやってきます。


風水は土地・建物だけではなく、「人」もその中に加わって風水を作っている。
例えば、人の集まりの中で、誰かが加わったことで、その場の雰囲気が「急に明るくなった」とか、雰囲気が「がらっと変わった」という経験があるでしょう。これが「人がもたらす(空気)の変化」=人の気=人間風水です。

人間の思いや感情は、それに合った現実を引き寄せます。ポジティブな思いは、ポジティブな出来事を引き寄せ、ネガティブな思いは、ネガティブなことを引き寄せます。いくら風水環境を良くしても、住む人のエネルギーが乱れたままでは、結果は現れにくい。謙虚な気持ち、感謝の気持ち、人を思いやる気持ちが必要。→運気を上げる

→部屋の風水に続く・・・
2019年
開運カレンダー

開運NO-1 白蛇財布

売上げNO-1 金唐草

風水四神 財布

最高級品 開運宝づくし

大人の雰囲気が溢れる『ココマイスター』
一目見ただけで
名品と分かりますが、
実は、
日本の熟練職人が作っている財布です!


「好みの色」の財布を作りませんか?
既製品と変わらないお値段で14,800円、「オーダーメイド財布」が作れます。かなりの「お買い得」です。


オーダーメイド財布