ホームページ管理人の独り言…
 
風水研究所

1.水の効用・効果

(日本ではあまり重視されませんが)、古来より、風水で大事なのが「水」です。
風水では「水=財」とされ、方位や間取りも大事ですが、水の活用も大事なことです。風水の本場中国では、水は「金運アップのツール」として利用されている。

「水」はあらゆる物質の中で、最もエネルギーを吸収しやすい物質で、
場のエネルギー(気)を容易に取り込む性質がある。


中国晋代の風水書の『葬経』には、次のような言葉がある。
「気は風に乗って運ばれ、水に接すると止まる」。

これは、水と気の親和性で、「水」は気を吸収する。
水には「気を集める」性質がある

このため、昔の中国では、玄関「水」を張った陶器の甕(かめ)を置いて、気を集める風習がありました。昔の人はこうして「水の性質」をうまく利用しました。今日でも、中国大陸に行くと、一般の家庭でも、まるで「約束ごと」のように、玄関に「水槽や噴水」が置かれ、それが当たり前のように見られる。

サンティック富の大風水 企業になると、これが「噴水や池」になる。
香港や台湾では、ホテルや銀行では、玄関の前に「噴水や池」を設置していることが多い。シンガポールのサンティック・シティモールの「富の大噴水」は世界的に有名で、パワースポットの一つとして、シンガポールツァーの観光地になっている。



日本でも、玄関に水を張った家を見かけることがある。
昔風のお屋敷や、料亭や旅館では、玄関に水の流れを作った「ミニ噴水や水槽」を設置したり、手水鉢(ちょうずばち)を置いたりします。(風水的には、このような意味があってのことです)。 噴水と風水の関係(外部サイト)

日本の「和の世界」では、柔らかな空間演出を兼ねて・・・お気に入りの「花器」に水を張り、花びらを浮かべる。
玄関やリビングに置くと、水が不用なエネルギーを吸収してくれます。

水は、(よい気だけではなく)、悲しみや怒り、ストレスなどの「マイナスエネルギー」も吸収する。例えば、家族の間で「言い争い」や問題が起きたりすると、気まずい雰囲気になる。そのようなときは、容器に「水」を張って部屋の片隅に置くと、水が「不調和なエネルギー」を吸収してくれます。これで部屋の雰囲気も和らいできます。

注意: 注意すべ気では、水は「よい気」だけではなく、「悪い気」も吸収します。このため、容器の水は毎日、取り替えること。「水の取り替え」さえしっかり行えば、誰でもできる手軽な浄化法ですが、水の管理が悪いと、悪気が溜まって、悪気の発生源になる。注意!



水の効果・効用と言えば・・・
昨今、「水」を凍らせて、その結晶を写真に撮った写真集が注目を浴びている。テレビや雑誌などでも紹介されて、多くの人の関心を集めるようになりました。

例えば、「愛や感謝」などの言葉を紙に書いて、それを水を入れた瓶に貼り、その水を凍らせて写真を撮ると、「水の結晶」が現れます。水に、よい言葉や文字を見せたり、音楽を聴かせると、そのエネルギーが水に「転写」して、水の結晶は美しく変化します。

「水からの伝言」 (水の結晶写真集)江本勝

水を凍らせると、このような写真が撮れるようです。不思議です。
ありがとうの結晶 愛・感謝の結晶

昔から、日本には言霊(ことだま)という言葉があり、「言葉には魂が宿っている」と言われ、言葉を大切にしてきました。「水」は、回りのエネルギーを吸収しやすい物質ですが、「言葉のエネルギー」も蓄積するようです。(上の画像を参照)

水は「情報を蓄積する」能力があり、見えないエネルギーを映す性質があるようです。人間の体の70%以上は「水分」です。もし水が回りの影響を受けやすいのであれば、「体の水分」も回りの影響を受けてしまうことになる。

もし言葉にエネルギーがあれば・・・
「愛、感謝、ありがとう」などの文字を紙に書いて、水槽や水容器が貼る。そうすれば、言葉のエネルギーが水に「転写」して、水からよいエネルギーが発生するかも。またその言葉を紙に書いて、壁やボードに貼れば、部屋は愛と感謝のエネルギーに満ちた部屋になるでしょう。これこそ「最高の風水」かもしれない。そうなりますように。





水槽、水鉢(信楽焼き)

ソーラー・
ファウンテン
ソーラーバード・バス


2.人によって異なる風水

風水というのは、山や川、土地・建物だけをいうのではありません。人もその中に加わって「風水環境」を作り出しているので、も考慮した風水を考えなければならない。

例えば、このような経験があるでしょう・・・
人の集まりの中で、誰かが加わったことで、その場の雰囲気が「急に明るくなった」、
雰囲気が「がらっと変わった…」
、という経験があるでしょう。。

これが 「人がもたらす(空気)の変化」=人の気=人間風水です。

したがって、住む人を考慮した風水が必要になる。たとえ「同じマンションの同じ階」に住んでいても、風水は同じではありません。住む人それぞれの「性格・個性」が異なるので、人の気(風水)も異なってきます。(ましてや、部屋の状況が異なれば、なおさらのこと)

日本の「家相」には、次のような言い伝えがある。
「地宅と人気(ジンキ)の両吉互いによって 幸いを招かすものなり」(家相秘伝集)
「陰気満つる家は衰え、陽気満つる家は栄える也」(地相家相大全)


「地宅と人の気」、この二つが「吉」になることで、「幸い」が到来する。家相上、たとえ完璧な家に住んだとしても、住んでいる「人」に問題があったり、考えに無理があればうまくいかず、衰退に向かう。要は、そこに住む人が大事で、住む人の「あり様しだい」で、吉にも凶にもなる、という教えです。ごもっともです。

昨今、書籍やインターネットで、様々な情報を容易に得られるようになりましたが、「不特定多数の人が見るため」、より多くの人に当てはまるべく、「一般論」で書かれています。このためすべての人に、同じように当てはまるわけではなく、セオリー通りには、いかなくなったりします。「本」やインターネットの情報を参考にして、自分でやってみたが、なかなか思うようにいかない、何故?となったりする。

風水理論が万人に当てはまるのは、基本的な事柄で、それ以外はケースバイケースになることが多い。極端に言えば、十人いれば、十通りの風水になる。風水には、最初から答えがあって、それを「紋切り型」に当てはめていけばよい、というものではなく、これが風水の難しいところです。

さらに言えば、ある場所(土地)の気は、ある人には反応しても、他の人には反応しないことがある。一般的には凶とされる場所でも、例えば「鬼門の玄関に欠け」があっても、何ら問題なく暮らしている人もいます。当然のことですが、例外も存在します。

自分に合った風水
例えば、「気持ちが落ち着く部屋、いつまでも居たくなる場所」。
人が
「心地よく感じる」、これは体の自然な反応であり、風水の良し悪しを「体が感知」していることを示している。自分が「心地よい」と感ずる場所に物を配置する。これが最も確実な風水であり、これほど確かな風水はないでしょう。ペンジュラムでも調べることができます。

3.鏡の効用



記載内容にご質問などがありましたら、HP管理人までお問合せください。
manager@peace.email.ne.jp