風水旗竿地の改善法、袋小路の対策

風水旗竿地の改善法

旗竿地、袋小路の対策
旗竿地・みゆう設計室 SUMIKA・旗竿地
風水的改善法
 
敷地が「旗竿地」になってます。
風水 改善策があるでしょうか?

旗竿地(はたざおち)は「入口はあるけど、出口がない」のが特徴です。
「行き止まりの土地」
であるため、そこで「気の流れ」が止まり、悪気が溜(た)まってしまう「欠点」がある。風水的にはよくないです。

風水では、道路は「気が流れる道」と見ます。
大きな道路も、人が一人やっと通れるような「狭い通路」も、気が流れる道です。旗竿地の場合、通路が狭いため「気の流入」が不足し、気の循環が低下します。これが風水上の欠点です。

旗竿地
旗竿地、イラスト
  ※4個〜6個の水晶を使用

旗竿地 風水改善法

風水的に見ると、旗竿地は竿の部分が細長いため、風水の気(エネルギー)が入りにくく、気の欠乏になる。

人間の体で言えば、血管が細く、血液の流れが滞りがちになり、血行不良です。旗竿地に住む人は体調が悪かったり、運気が低下することが多い。

改善策は、水晶を使って「良い気」を取り入れ、敷地の「気の循環」を高める方法です。最も効果的な方法です。これまで多数の事例があり(100件)、好結果となってます。敷地に木炭を埋める方法もありますが、水晶が最良でした。

【事例】旗竿地
   
 
     
 日当たり、通気の不足
 
旗竿地は通路の奥に位置し、回りが隣家に囲まれるため、どうしても「日当たり、通風」が悪くなる。こうした場所は「湿りがち」になり、陰の気が溜まり、悪気・マイナスエネルギーが集まりやすくなる。

住みよい家」には、日当たり、通気は必須条件です。これが難しい場合は、せめて…土地・建物の「気の流れ」をよくすることです。気の循環です。これだけでも違ってきますデメリットの改善です。


水晶の波紋
水晶パワーの効果


 室内用40oサイズ

水晶の効果

敷地に水晶を埋めると「気の循環」が起きます。
土地のエネルギーが変化し、「気の流れ」が良くなります。また室内に水晶を設置すると、室内の「気の流れ」がよくなる。
問題は水晶の原石が枯渇し、パワーのある水晶の確保が難しくなっていること。

旗竿地の風水改善は、「気の流れ」をよくすることがポイント。ある程度の敷地面積があり、
土地の気質に問題がなければ、風水的な処理を施すことで、安心して住めるようになります。⇒繁栄する家・土地

・血液の流れが悪いと、人は病気になります。
・澄み切った水も、たまると腐ってきます。
・お金の流れも停滞すると、不景気になります。
気の流れが滞ると
悪気に変わります。
・すべては循環です。

袋小路
袋小路、イラスト
 
袋小路は「行き止まりになっている路地」です。風水的には旗竿地と同様な欠点があり、「気の循環」が滞りがちになる。体調が悪くなったり、物事が停滞します。

袋小路には出口がないため、道路から流れてきた気は、突き当たりの奥で行き止まる。気の流れが滞ると、そこに「悪気」が溜まります。対策としては、土地建物の「気の循環」を高めることです。


不動産物件には「掘り出し物はナシ」と言われます。
高ければそれなりに価値があり、安ければそれなりの理由があるのが普通。格安のよい物件というのはありません。旗竿地も同じで、後で費用が発生することが多い。
  風水研究所に戻る  

お問い合せ
風水 鑑定の現場
土地の浄化
地鎮、土地の浄化

変形土地・欠け

繁栄する土地
繁栄する土地 家

水晶玉

水晶パワーの効果


パワースポット
パワースポット
風水観葉植物
風水と観葉植物
財運の方位

財運の方位(財方)





→地鎮水晶
旗竿地の風水改善、当ページに関するご質問等は、
担当者の岡部までお問合せください



manager@peace.email.ne.jp
 →お問合せ先

 10/21日op