運気の上がる土地、下がる土地

  風水研究所

建設予定地
 
 
樹木が育つ 運気の上がる土地 日当たりのよい住宅地

運気の上がる土地…

運気の上がる土地の第一条件は、土地に「良い気」が流れていること。風水では最も大事なことです。たとえ高級住宅地に立地し、どんなに「建物、間取り」がよくても、土地に問題があればトラブルが発生します。

-運気の上がる土地-
「よい気」が流れている土地。
・日当たりの良い土地。
・磁場が安定している土地。
良いオーラが出ている土地。
・土地に「形殺や路殺」がない。
・土地に悪気や霊気がない。
・土地の履歴がしっかりしている。
・樹木旺盛など、他

 理想の住宅地…
土地高燥にして 大気清純なること」「地質良好にして 樹木多きこと」。

これは、NHKの大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、「近代日本経済の父」と言われる「渋沢栄一」が、田園都市構想で、理想の住宅地を探し求めた時の条件でした。東京目黒区の「洗足」(せんぞく)です。落ち着きと風格ある、高級住宅地として人気の高い街です。(皇后 雅子様のご実家の小和田邸があることでも知られている)

日本で「最もよい気」が流れているのは「皇居」です。富士山は世界でも有名なパワースポットで、富士山から流れる「気の吹き出し口」が皇居です。この富士山-皇居のライン、その流れの上に住むと、運気が上がると言われる。(皇居二重橋)


風水は「良い土地」を選ぶところから始まる。
日当たりや周辺環境、土地環境、形殺や路殺などは、目に見えるので、個人でも容易に判断できます。視覚で判断する巒頭(らんとう)法です。

運気の上がる土地、逆に言えば= 風水的にとされる土地は 避(さ)ける。
運気が下がります

・低地や埋立地は ×
・盛土の造成地
・陰の気が強い土地
・お墓や病院の跡地
・刑場や古戦場の跡地
・川や沼地だった場所
・湿気の多い土地
・化学薬品工場の跡地

・日当たりの悪い土地 ×
・丁字路、Y字路の突き当り
・三角形の土地
・行き止まりの土地、旗竿地
・カーブの外側の土地
・三方を建物に囲まれた土地
・高電圧の鉄塔直下の土地
磁場が不安定な土地


日当たりや地形、周辺環境、立地条件が良ければ、一見して、運気の上がる土地のように見えますが、磁場が狂っていたり、土地のエネルギーが合わなかったりします。土地との相性です。[1]

土地の「磁場」が不安定だと、「方位磁石の針」が左右に振れて安定しません。敷地をチェックしましょう。敷地の様々な場所に立ち、磁石の針が安定していれば、ひとまず安心です!

磁石の針が揺れたり、回転する場合は「磁場」が狂っています。
磁場が乱れていると、集中力がなくなり、イライラする、眠れない等の体調不良が起きます。線路のそば、大きな道路、高圧電線の真下も注意。

「地磁気」が異常なときもある→風水科学のメカニズム


お問い合せ

運気の上がる住宅地 運気の上がる高級住宅地

「良い気、良いオーラ」が出ている土地は、概して地価が高く、なぜか人気で、人が集まって繁栄する(表参道や自由が丘、麻布など)。オーラが良くない場所はその逆です。不思議と「土地のオーラと地価区分」が重なっていることがある。

実際、街を歩くと、道路を境にして土地の雰囲気、街並みが変わり、土地の気が「ガラっと」変わることがある。→土地&街のオーラ

埋め立て地は×。地盤が安定していなく、下から湧き上がってくるエネルギーが不足し、土地のエネルギーに「勢い」がないです。地盤が落ち着くまで時間が必要(お台場、晴海などの湾岸エリア)


風水の良い土地、運気の上がる土地‥‥
現実にはそのような土地は、どこにでもある分けではない。


(日本の25倍の)アメリカや中国のような広大な国であれば、
探せば見つかるかもしれませんが。
マイクロソフトの「ビル・ゲイツ」のように!

では、どうするのが一番か?

土地は変えることができませんが、
「土地のエネルギー」は、変えることができます

   ↓
吉相の土地の実現(ブログに続く)

東京都内、横浜・神奈川の宅地

その場所、本当に大丈夫?
土地のエネルギーが運気を暗示

たとえ「高級住宅地」の一角に位置し、どんなに「間取り」がよくても、土地に問題があれば、トラブルが発生します。家族安泰は難しいでしょう。

土地に問題があると、建物にも影響が出ます
一階は「土地の気」がダイレクトに上がってくるので、二階よりも強く出ます

間取りは変えられますが、土地は変える事はできません。土地を購入する前によく検討すること。大都市(東京など)では、土地の値段は数千万円、数億円にもなり、土地が決まってから問題が発覚しても、時すでに遅しです。

(風水が考慮されていない)間取り図が完成し、「風水を見てくださ~い!」というのは、かなり難儀になる。敷地内に「霊道」が走っていれば アウトです。

時として、対処法がない場合もある。トラブルが連続し、家を新築して、わずか数年で「引越し」せざる得ないケースもある。

トラブルの原因は「目に見えない所」にも存在します。

建物が解体されても、住んだ人のエネルギーが「土地」に染み付いて残ることがある。残留エネルギーです。事例(ブログ)

 
ブログを再開
しました!
 
 
お問い合せ
良い土地の選び方!
土地の浄化
地鎮、土地の浄化 
変形土地・欠け
繁栄する土地
繁栄する土地、家

水晶玉

水晶パワーの効果
パワースポット
パワースポット

運気を上げる方法
風水観葉植物
風水と観葉植物
風水インテリア
風水インテリア
財運の方位
財運の方位(財方)

幸せを運ぶ!
ウィンドーチャイム
水晶クリスタルボール

「陽の気」を運ぶ
宝石質クリスタルボール

クリスタルボール
 
 
 
 
お問い合せ ~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞

土地鑑定では「敷地の下」も大事です。

土地に「よい気」が流れ、「気が循環」していること。
× 気の流れが停滞している土地はNG。
× 気が枯れている土地はNG。
× 悪気・邪気が溜(た)まっている土地はNG。

「土地のエネルギー」を読む、今流の言葉で言えば「土地のリーディング」です。これには人間の五感を越えた「知覚力、波動感性」が求められる。クレヤボヤンス(clairvoyance)、透視能力です。

スピリチュアル系の人は「透視」ができますが、この能力を持つ風水師は、ほとんどいない。これがあると「風水鑑定」に威力を発揮します。
敷地の下」まで読み取ることがてきます。



水たまり 戸建て住宅 古井戸
   
 

運気の下がる土地…

問題は「地下」です。目に見えない部分です
敷地の下を流れる「気の流れ」や「土地の気質」(地相)です。「磁場」が乱れていたり、「悪気・邪気」が溜まっていたり、霊が居ることがある。この状態で家を建てるのは大凶です。

地上部に問題がなくても、家が建つ「土台」に問題があれば、トラブルが発生します。ジオパシック・ストレスという「新しい言葉」もある。

  ● ジオパシック・ストレスの事例
土質、地盤、岩盤、地下水脈、断層、レイラインによる「地場の乱れ」


画像借用:https://minouche.jp/?mode=f13

昔から言われている事で‥‥
「大きな”地下水脈”の上に家を建ててはいけない」。 さらにその上を「高電圧の電線」が走っていると最悪です。 精神を病んだり、癌が多発したりする。

「土地を買うときには、雨の日に見てから買え」という言葉もある。
「水はけ」が悪い土地は、滞水ができ、気の循環も悪いです。土地が湿り気を帯びていると、大地から湧き上がってくる「気」がここで遮断され、滞留(たいりゅう)した気は「悪気」に変わる。


↑こういう場所に、邪気や霊気、マイナスエネルギーが溜まる。

余裕のある人は、地盤調査を行い、敷地をボーリング(掘削)して「地下の状態」を調べる人います。土質が悪いと、下から「悪気」が湧き上がってきて、病気がちだけど「何が原因かはっきりしない」などの病状が起こりやすくなる。

運気の上がる土地。地下の「水の流れ」が円滑になると、地上部の「よどみ」も解消され、トラブルが解消されてきます。運気も上がってきます。問題の原因は「目に見えない所」にも存在する。

 悩む女性 土地選び

最初の「土地選び」で失敗しているケースもある。
人が住むべき場所でない所に、家を建てているケースです→事例(ブログ)

悪因縁、いわくつきの土地は 要注意です。交通事故や火災、死亡事故が多発する場所、お寺や墓地、病院、刑務所などの跡地。因縁のある場所に住むと、エネルギーが吸い取られます。逆パワースポットです地鎮祭を行っただけでは不十分です。

新しく引越してきた人であれば、昔その土地がどういう場所だったのか、知るよしもありません。時として争いや恨みなどが「残留エネルギー」となって残っていることがある。土地の因縁です。


祠

昔からある「お地蔵さん、お稲荷さん、祠(ほこら)、塚(つか)を勝手に動かしたり、破棄すると災(わざわ)いが発生します。また自然霊が宿る「大木」を、ことわりもなく伐採すると、ケガをしたり、病気をしたりして、トラブルが続きます。


土地に「災い」が残っていると、そこに住む家族が「病気がち」だったり、幸せになれなかったり、なかなか良い方向に進めなくなったりする。

時として、周辺一帯が「重い気」に包まれ敏感な人は、絶対に住めないような場所がある。とは言っても、現実には、このような場所にも家が建っています。霊に反応しない人は住めるでしょうが、子供がいる家庭は要注意ですNG。
事例、土地の抱える問題

お問い合せ ~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞
気の流れ、地磁気の変化
新築と地鎮祭 地磁気

高い山に登ると、「新鮮な気、すがすがし~い空気」を感じます。
「風水の気」は、高い山々で生まれ、尾根を伝わって平地に流れてきます。この気をうまく「家の中」に取り入れ、開運を図るのが風水です。

土地には山脈から流れてくる「気」の他に、住んでいる場所の「土地固有の気」も存在する。地下の「地盤や岩盤、水脈、地下マグマ」などから発生するエネルギーです。それらが合わさって場所の気ができている。

気の流れは一定ではなく「変化」する。住んだ当時は「良い気」が流れていても、 年月を経ると、気の流れが変わったり、気が衰えたりする。 地下水脈の流れが変わるように、土地の気も自然の摂理で変わる。また土地を造成したり、人為的な環境汚染でも変わります。

中国風水には、「三元九運」という考え方がある。
大地を流れる「気の流れ」(龍脈)は、180年をサイクルに、20年ごとに流れが変わり、地運が変わり、住む人も影響を受けると言われる。これが三元九運です。八運は2004年~2023年、九運は2024年~2043年。あと数年で「地の気」が変わります

「地磁気」も一定ではありません。
現在の「磁北」は西に7°傾いてます。 200年前の江戸時代後期(伊能忠敬が測量をした頃)は、方位磁石は
「真北」を指していました。400年前の「関ヶ原の戦い」の頃は、東に約20°傾いてました。1000年前の平安時代後期は、西に傾いてました。
地磁気も変化します。

詳しくは、国土地理院「地磁気を知る」


÷   
 
  - 
 

風水の仕事をしていると、どうしても関わってくる「問題」がある。避(さ)けられない問題です。
「霊的存在」です。

風水鑑定で、敷地に「霊が居る」のが見えたりします。トラブルの原因が「間取りや方位」ではなく、霊が原因であったりします。「人の念、生霊」が付いてる事もある。

霊が原因の場合、霊を取り除かない限り、いくら風水に手を加えても問題は解決されません。元々そこに住んでいた霊であれば、霊は土地の「先住者」であり、当然のように「出で行け」とばかりに嫌がらせをし、トラブルを引き起こします。

視える人には、はっきり霊が視えますが、風水師でも「霊感」がないと分かりません。このため、多くの場合、見過ごされてしまい、問題は残ったままになります。やっかいな問題です。


ホーム 運気の上がる土地、東京都内、横浜・神奈川県、
埼玉、千葉、茨城。21/9/4日タイトル変